海水浴やプールでコンタクトやカラコンは危険?ゴーグルすれば大丈夫?


夏と言えば「海水浴」や「プール」で楽しむ方も多いのではないでしょうか。

これらは水に触れる機会が多く、軽く濡れる方もいれば、潜る方もいるでしょう。

そういった中で「目が悪い」という人や、ファッションとして「カラコン」を使用している人は多いでしょう。

海水浴やプールで困るのが「コンタクト」をどうすればいいのかという疑問ですよね。

そのまま入っても大丈夫なのか、ゴーグルをするから問題ないのか、

外した方が良いのかなどなど色々な考えはあるかと思います。

しかし、実際には「どういった方法が適切でリスクを伴わないのか」という点から、

今回は「海水浴やプールでのコンタクトやカラコンの使用について」を解説していきます!!

海水浴・プールでコンタクトやカラコンは危険?

スポンサードリンク

海

海水浴やプールにてコンタクトを付けている方は多いかと思います。

実際に、無くしたという方もいるでしょう。

コンタクトは「水分」が無ければ外れやすくなるので、

などの影響で目が乾けば外れることもあり得ます。

その風によって舞い上がるなどが目に入ることによってコンタクトに付着し、目に傷を付けてしまう場合もあります。

こういった自然に起こる危険性もあれば、万が一海水やプールの水が目に入った場合、

コンタクトは「親水性」があることから、水分を吸収する作用によって「雑菌」を多く摂り込んでしまうのです。

なので、そのコンタクトにはすでに多くの「ばい菌」が付着していてもおかしく無い状況となるのです。

ということから、何もせずにコンタクトをつけて海水浴・プールに入った場合、

砂や風や水に含まれる雑菌による危険が伴うと言う事が言えます。

もちろんこれはカラコンも同様です。

水に顔をつけなければ大丈夫?

目9

水中に潜ればコンタクトは一瞬で水の中に溶け込むように無くなるでしょう。

ですが、「顔は水につけない」という方もいます。

この場合もコンタクトをしていると危ないのでしょうか。

この場合も多少のリスクが伴うと言えるでしょう。

コンタクトは少量の水が目に入るくらいでは「取れる」といったトラブルに繋がることはあまりありません。

目の表面にも水分があるために、目に吸着する力もあります。

ですが、海水やプールの水に顔を付けなかった場合でも、目に水が入っている可能性はあるでしょう。

入っていないと思っていても、実際には微量でも入っていることが多いのです。

自身が気づいていない場合が多いと言う事です。

これによって、「コンタクト」に雑菌が付く可能性と、ダメージを受けている可能性があります。

雑菌は先ほど挙げた通り、

コンタクトは水分を吸収する親水性があることで雑菌まで吸収すると言う事が原因です。

コンタクトにダメージを受けるとは、

濃度の高すぎる海水や塩分の無いプールの水によってコンタクトが変形する恐れがあり、

この変形によって目に傷を付けてしまうとされています。

というのも、コンタクトにはある程度の塩分が必要で、その理由として

目に含まれる涙(塩分が含まれている)に合わせて作られている為、

コンタクトも同様塩分が必要とされています。

なので、コンタクトに海水やプールの水が付着することは目への影響があると言えるのです。

万が一目に海水やプールの水が付着した場合は速やかに「コンタクトを外す」ようにし、

例えついていないとしてもついている可能性はあることから、すぐに外して専用液にて洗うようにしましょう。

洗った後はそのコンタクトは再度つけないようにしましょう。

・「コンタクトレンズは水厳禁!?目薬もダメ!?」

ゴーグルをしたら大丈夫?

スポンサードリンク

では、コンタクトをしてその上にゴーグルをすることで水からコンタクトを防ぐという方法ですが、

これは効果はあるといえます。

ですが、そのゴーグルのサイズがしっかりと合わせてあり、

中に水が入らない位のレベルであれば問題ないと言えるでしょう。

しかし、少しでも入るといったレベルのゴーグルは意味を成さず、

例え外れてもゴーグルの中に残る場合がありますが、

そのコンタクトは捨てた方が良いといえます。

ほんの少し水が付着する程度では、すぐにコンタクト専用洗浄液にて洗い、

一定時間保存しておくことで再び使用することは可能と言えますが、

ゴーグルに水が入り、明らかに水が目に入った場合は捨てましょう。

すでに雑菌等による目への影響があると考えられます。

なので、ゴーグルで水から防ぐという行動は効果はありますが、

あくまでも「水が目に入らない工夫はすること」が重要です。

どうしてもコンタクトをつけたい場合は?

コンタクト4

ですが、場合によってはどうしてもコンタクトを付けたいという方もいます。

そんな方は「ワンデー」のコンタクトを使用することをオススメします。

ワンデーは「使い捨て」ということです。

つまり、海水・水による損傷や損失からのリスクを最小限に抑えることができるのです。

もちろん、金銭的な問題は出てきますが、1枚当たり何十円のものなので、

そういった時のために「1か月分」くらいの購入をしておくと良いでしょう。

そして無くしたときのために「予備」を持っていくと良いでしょう。

また、海水や水が少量付いたとしても雑菌等関係なく捨てることができるので効果抜群と言えます。

コンタクトじゃなくても良い場合は?

コンタクトではなくても良い場合は、「競泳用度入りゴーグル」を使用するのが良いです。

度入りゴーグルはゴーグルがメガネ替わりになりますから、ゴーグルをつけている間は

視界が保たれるのでオススメです。

ゴーグル2

問題なのは、目的が成されるまでゴーグルをつけておく必要があると言う事でしょう。

それ以外にデメリットは無いので、度入りゴーグルを使用することもオススメします!!

まとめ

コンタクトもカラコンも同じで、涙の成分を考えて作られています。

なので、普通の水や海水では塩分濃度の違いによって「変形」することもあり、危険と言えます。

また、親水性によって「雑菌」なども吸収してしまいますから、目への影響は計り知れません。

最悪は「失明」なんてことも考えられますから、

一度海水浴やプールでのコンタクトの使用は考えてみた方が良いといえます。

何よりも「目」を大事にしましょう!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ