七五三で母親の服装はワンピース!!コサージュと服の色合いは重要!?


お子さんの七五三において、ワンピースを着られるというお母さんもいるでしょう。

しかし、どんなワンピースでも良いというわけではないのですよ。

さらに、合わせる靴やアクセサリーにも注意点があります。

そういったことも覚えておく必要がありますので、

今回は七五三でお母さんがワンピースを着る際のポイントを、

ご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

七五三で母親がワンピースを着る場合の工夫!!

ワンピース

お母さんが七五三でワンピースを着られる場合は、

お子さんの服を決めてからご自身の

ワンピースのカラーなどを、決めるようにすると良いでしょう。

それは、七五三では第一にお子さんが一番格上にならなければならず、

お母さんはそれよりも格を下げる必要があるからですよ。

さて、ワンピースを着る際には外などで寒いことも考えられることもあり、

ジャケットを羽織るとことが重要です。

もしワンピースが地味に感じられるなら、

パールを用いたネックレスやイヤリングなどを用いて、

華やかさを足すことも工夫の一つではないでしょうか。

ワンピースの色であまりオススメできない色と理由

ワンピースを七五三で着られる場合にオススメできないのは、

黒や紺といったダークカラーですね。

ワンピース2

地味過ぎになってしまうからというのが理由ですよ。

ちなみに、グレーでも明るめのタイプであれば大丈夫でしょう。

また、ポイントとなるのは暗くなりすぎることなく、

それでいて派手になり過ぎないということですよ。

この点に配慮しつつワンピースを選びましょう。

さらに、お子さんが洋装ならば、

少しくらいならお母さんも華やかさを持たせても良いですが、

お子さんがワンピースを着るという場合には、

お母さんはそれよりも目立ってしまわないように色には気を付けたいですね。

お子さんと色が被ってしまうワンピースもNGです。

スポンサードリンク

靴はどんな靴がいいの?

七五三でお母さんが履く靴に関しては、

パンプスが適していますね。

パンプス

それも、低いヒールであることがポイントです。

カラーは、あまり光沢のない黒かベージュを選びましょう。

なぜこのカラーかというと、様々な服にマッチするからですね。

ヒールに関しては、高くなるとそれだけフォーマルな感じがなくなってしまい、

カジュアルダウンしてしまいますね。

なので、低い方が良いということがあります。

ちなみに、パンプスを履くときには生足はいけませんよ。

きちんとベージュストッキングを着用するようにしましょう。

さらに、オープントゥーはマナー違反になりますので、避けましょう。

コサージュとワンピースの色合いについて

コサージュは、入学式などに付けて行くもの、

という認識の方もいらっしゃるでしょう。

七五三にはコサージュを付けて行くものではないと考える

お年を召した方もいらっしゃるようですよ。

七五三で着て行くワンピースにコサージュを付けるなら、

派手すぎないものを選ぶことが大事になってきますね。

コサージュ

ポイントとなるのは、ワンピースとコサージュの色合いが調和したものを選ぶということですよ。

そして、七五三という場に似つかわしいものを付けることが大切になります。

例えば、ワンピースの色が多少地味ならば、少し華やかさのある色の、

コサージュを付けると良いですね。

くれぐれも、お子さんよりも目立つ出で立ちにはならないように気を付けましょう。

まとめ

ワンピースを七五三に着て行くなら、パールのアクセサリーを付けると、

エレガントさがあり七五三の場でも適しているでしょう。

靴に関しても、オーソドックスなベージュ等の色のものが合うのです。

さらに、コサージュは適度な華やかさのあるものが良いですね。

七五三に行く際には、以上の点に気を付けて服の準備をすることが大事です。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ