七五三のルーツとは!千歳飴はなぜ食べる?その意味の真相に迫る!!


皆さんは、子供の頃に七五三を祝ってもらったことはあるでしょうか。

または、ご自身の子供の七五三を祝ったこともあるでしょうか。

日本人にとってはポピュラーな祝い事である七五三ですが、

どういったルーツがあるのか、また、いつやるんだっけ?などといった、

疑問点もあるのではないでしょうか。

七五三について、どういう過程で生まれたのかなど、

七五三の事について今回は探っていきましょう。

スポンサードリンク

七五三のルーツとは?

七五三2

さて、まずは七五三の由来について迫ってみたいと思います。

七五三が始まったのは、室町時代とされています。

大分古い時代からあったのですね。

室町時代は、子供が亡くなってしまう確率も高かったようですよ。

そういったこともあってか、7歳までは“神の子”とされていたということです。

7歳まで成長することが難しい時代であり、

この世に生命として落ち着いていないとされたということです。

そこで、この先のその子供の健康を祈り、お祝いをするようになったそうですよ。

室町時代には、3歳から4歳辺りで初めて当時の戸籍などに登録されたのです。

元は宮中等での行事だったのが、庶民に定着したのは江戸時代だということですね。

庶民に伝わったのは、呉服屋が宣伝したからなのだそうです。

七五三はいつ行われる? 

七五三は、11月15日に行うのが一般的になっています。

なぜ11月15日なのかと言うと、この日は婚礼を除けばどんな祝い事をするにも、

吉日とされる二十八宿の鬼宿日(きしゅくにち)だからです。

さらに、旧暦での11月は秋の実りを天に感謝する時期であり、

ちょうど15日が満月でもあることから、氏神様に感謝しつつ、

子供の成長の感謝もしたということですね。

また、徳川幕府5代将軍の綱吉公の子供である、

徳松君のお祝いをしたことにも由来しているという説もあるようですよ。

現代では、11月15日だけではなく、

都合によって日をずらすということも問題はないようですね。

スポンサードリンク

七五三は何歳で祝うものなの?

七五三

七五三という行事は、男の子が3歳と5歳、

女の子は3歳と7歳に行うのが通例となっていますよ。

なぜ奇数である3歳、5歳、7歳にお祝いが行われるのかについては、

古くから奇数は縁起が良いとされてきたからです。

さらに、それぞれの年齢には意味があるので、ご紹介しましょう。

3歳は、『髪置』と言い髪を伸ばし始める時期という意味があります。

5歳は『袴着』とされ、男の子が袴を着る時期なのだそうです。

さらに、7歳は女の子が着物を着て帯を締める時期ということで、『帯解』と言われます。

なぜ七五三と千歳飴?

千歳飴

千歳飴の由来は、江戸時代の元禄年間に遡るようです。

七兵衛という、江戸・浅草の飴屋さんが、棒状になっている赤と白の飴を、

袋に入れて『千年飴』として売ったという説もありますし、

平野甚左衛門という大阪の商人が、

江戸において売ることを開始したのだという説などがあります。

千歳飴は、長い棒状にして作るので長生きをして欲しいという、

願いが込められているようですね。

さらに、おめでたいということで色が赤と白に着色されているようです。

千歳飴については、袋にも縁起が良いとされる、

鶴亀や松竹梅といったものが描かれています。

ちなみに、千歳飴を折って食べてはいけないという話もあるようですが、

縁起を皆で分かち合うという意味もあり、折っても問題はないでしょう。

皆で、子供の成長を喜び長寿を願いたいものですね。

まとめ

室町時代には、子供が生きるのも大変だったということですね。

そんな時代に、子供がここまで成長できたことに感謝するということが、

七五三の根底にあるということなのです。

千歳飴についても、縁起物として七五三に食べられているようですね。

未来を担う子供のための行事なのです。

あなたも、子供の成長を願って七五三を祝いましょう!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ