女子の学制服のスカート丈の長さの平均は?短くする限界と理由とは!


中学校からほとんどの学校で着ることになる「制服」。

女子の場合は「セーラー服」「ブレザー」があり、セーラー服に憧れを持つ女子が多いようです。

その制服では必ずといえる「スカート」とセットで着用することになります。

北海道だとしても真冬の寒い日にスカートは見ていてもとてもつらそうなものですが、

女子のスカートは校則等で長さも決まっているのにもかかわらず

「短くする」という行為が昔から今でも流行っています。

男子も男子で階段前で待っていたりとどっちもどっちですが、この短くする理由は何なのか。

そして、スカート丈の短さの限界や平均的な長さなどはどれくらいなのかなど、

女子の学生服のスカート丈についてお話ししていきたいと思います。

スポンサードリンク

スカート丈を短くする理由とは

スカート4

中学校に入ると1年生のころは先輩に目をつけられないように制服を着崩すことはほとんど見られないのですが、

2年・3年と学年が上がるとオシャレと共に着崩しが始まります。

上手くオシャレとして着ている人は着こなしとも言えますが、大体は着崩し。

この「スカート丈を短くする」と言う事も同じく着崩しです。

では、短くする理由とはなんなのかというと、元の1980年代にあった「ミニスカブーム」の名残とされています。

私立高校などが定員集めの為に制服などをデザイナーに頼み、

オシャレな制服に加えてスカート丈も短くしたことがきっかけとなり、若者の間では「あの制服カワイイ」と話題が広まり、

どこの高校でもミニスカブームが一気に広まり、今でも「オシャレ」として「スカートを短くする」ことが行われているのです。

なので、「スカート丈を短くする理由」と女子生徒に聞いたところで返ってくる返答は「オシャレ」と返ってくるでしょう。

また、「足を綺麗に見せる」という方も少数ですが、いるようなのです。

女子制服のスカート丈の平均の長さとは?

セーラー服

では、短いスカートが流行っている中で「平均的な長さ」というのはどれくらいなのでしょうか。

校則を含めて、平均的な長さは「膝」を基準として膝ちょっと上又は膝ちょっと下位の長さは平均のようです。

やはり校則上基準は「ヒザ」のようですね。

ですが、当然これを守る人はいますが、守らない人が大半であることは間違いないです。

地域によって違うものの、日本でミニスカ率が多い件での

平均のスカート丈の長さは「膝上18cm」というところもあったようです。

ですが、最近では「清楚志向」の女子が増えてきているせいか、少し前よりはスカートの長さはマシになっているようです。

と言っても「校則」を抜いた実際のスカート丈の平均となると「膝上10cm~15cm」程が平均といえます。

スポンサードリンク

スカート丈の短さの限界とは?

セーラー服2

スカート丈を短くすることで「おしゃれ」「可愛い」「足が綺麗に見える」などの理由で

少しだけ短くする生徒もいれば、圧倒的に短くする生徒までいます。

圧倒的に短くする生徒の中には「誰にも負けたくない」などの理由で

誰よりも短くすることを考えている生徒がいるというのは驚きですが、

スカート丈の短さの限界とはどれくらいなのでしょうか。

その限界の長さとは「総丈28cm」のようです。

28cmとなると履いている感覚がもはやわからないことも多く、少し屈んだだけでアウトのようです。

もちろん階段などすぐにアウトですね。

ですが、中には「見えても良い」という女子までいるので、本当に怖い世の中といえますが、

オシャレとして履くのだったら「28cm」はやりすぎですね。

数字的に総丈30cmとなると全く変わっていないように思えますが、

実際に履いている本人からすると、2cmの違いがかなり大きいと言われています。

ただ、30cmでも相当短いので、世間的な見た目からしても総丈32cmが世間的に見た限界といえます。

正直どの長さにしても「世間からの批判」はあるので、深く考える必要などないですが、

30cmともなると、超ミニスカの部類ですので、そこからは一線引いて実際の平均である

「ひざ上15cm」に近づく程度の長さがオシャレとして1番着こなしやすいでしょう。

ただ、スカートを裏側に折って履いている女子は良いですが、

カットしてしまっている女子は何着か持つのが鉄則といえますね。

下着が見えないように対策をする

セーラー服3

やはり短いスカートとなると気にする部分は「下着」でしょう。

男子生徒となるとこぞって階段の下で待ち伏せしたりしますし、

そのほかのタイミングでもヒヤッとする場面も多いでしょう。

では対策と言っても「階段ではカバンや手で隠す」と言う事は大事ですが、

1番の対策は「インナー(スパッツ)」を履くことが対策として使える方法です。

やはり下着が見えてしまうのはちょっとという女子は少なくないでしょう。

また、超ミニスカの部類になると「見えても良い精神力を持つ」のも方法といえます。

超ミニスカだと「見えることは日常茶飯事」ともいえるので、諦めることも必要と考える女子もいます。

なので、出来るだけ質の良い下着などにするということも対策の1つとされています。

こうならない為にも少しでも平均の長さに近づけるのが1番の対策ともいえますね。

まとめ

制服のスカート丈は「オシャレ」の一環として短くするのが定番ともいえ、周りの女子もそうしているから

半場流されてやっているともいえる状況ですが、あまり短すぎるのも長すぎるのも「ファッション」から考えると

とても良いとは言い難いので、ヒザ上15cmが限界として着用するようにすると

「下着が見えないように対策をする」ということなどもそこまでシビアに考えなくても良くなるので、

オシャレ面から見て「短すぎないようにする」と清潔感もドンドン出てきますし、

印象も全く変わるので、周りが短いとしても「短すぎない程度」に抑えるのが1番いいと思いますよ!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ