バイク事故の本当の原因は実はこれだった!?バイクは危険では無い!?


バイクは危ない乗り物として挙げられます。

バイクの事故による負傷事故も多いのは事実。

しかし、バイクは本当に危険な乗り物なのでしょうか。

車は二輪の事を軽視すると言う事は本当なのか。

バイク乗りが実際に乗っていて感じる、

バイク事故の本当の原因について解説していきます。

二輪が軽視されるというのは本当か

スポンサードリンク

自動車を運転する人間から見ると、二輪車は軽視しがちという問題。

これは本当というよりも、合っているともいえるし、間違っているとも言えます。

自動車運転者が軽視しがちと言う事に加えて、

バイク運転者が自動車を軽視しがちな問題もあると言う事です。

バイクは「すり抜け」「追い越し」等といった事を簡単にできてしまう反面、

安易な考えで行ってしまう事も多いのです。

特に、車の左側ならそのまままっすぐ走り抜けて追い越してもみたいなことが当たり前になっています。

これはもっとも車を軽視している他無いといえます。

もちろん自動車運転者が二輪の小ささに、まだ距離があるから右折しようなどと考えてしまう事も

非常に安易ではありますので、自動車は二輪車を軽視しがちと言う事は本当ですが、

決して自動車運転者の問題だけでもないことが言えます。

二輪対自動車にて最も多い事故は何か

交差点

バイクに乗っていてやはり多い事故というのは「右直事故」です。

バイクはすり抜けやスピードを出してしまう事が非常に多い一方で、

右折しようとする自動車の方は直進するバイクに気づかないというパターンが多いです。

当然ですが、車の横をすり抜けしてくるバイクを確認することはかなり難しいですが、

それを防ぐのは「一時停止」と「徐行」でしかありません。

バイクの方は「なぜ車が道で止まっているのか」。

こうやって止まっているのは右折しようとしている車がいるから譲るために

道中で止まっているのかなどを瞬時に判断し、徐行または道中止まっている車と同じく、

一時停止をして右折車がいないかを確認することで番多いとされる右直事故を回避することができます。

他に多いのは「巻き込み」ですね。

巻き込みは車の横をすり抜けるバイクが、左折しようとしている車に巻き込まれることです。

これは原付などに多いですが、二輪全般に言えることです。

左折時に車側が後方確認をすることは必要となりますが、

この場合は基本的にバイクが一時停止するのが一般的ですので、

巻き込まれるというケースでは基本はバイクがそのまま仮説を立てずに直進してしまうパターンが多いでしょう。

自損事故も多い

バイクが危険と言われるのは車とぶつかる事故だけではありません。

それは「自損事故」です。管理人である私も自損事故経験者です。

実はバイクはこれによって「危険」と思われているとも言えます。

その中でも「ハプニング」はどうしようも出来ないものです。

例えば、「悪路」や「動物との接触」「障害物との接触」などなど、

こういったものに左右されやすい乗り物である事が危険と言われる部分でもあります。

バイクに乗らない方がいうのは「事故は事故」。

ようは、車とぶつかったことだけではなく、こういった転倒などの自損事故、

行ってしまえば「立ちごけ」なども事故として見てしまうのです。

枯れ葉で滑って転んでケガをしてもバイクは危ないんだよなーとなります。

管理人の場合はただの前方不注意。

これは少しよそ見してバイクを走らせていた時、前方の車との車間は詰まり気味でした。

そして赤信号に代わっているのを見落とし、前方を走るバンが停止したときにはすでに

目の前にバンがいたという感じでそのまま衝突してしまいました。

完全に自身の前方不注意で、相手側の車と運転者、同乗者にも迷惑を掛けてしまったことです。

バイクは楽で気持ちいいのがメリットでもありますが、気持ちが高まって油断してしまう事もあります。

そういった時に事故に繋がり易いです。

特にこういった転倒やハプニングも事故ですので、

車だと大丈夫なことでもバイクだとアウトになることも多いのが「危険」と言われる部分でもあるのです。

バイク事故の本当の原因は気持ちの問題

バイク3

では長々と話してしまいましたが、バイク事故の本当の原因は何なのかと言う事です。

本当の原因とは「気持ちの問題」なのです。

バイクは危険だよ!!という気持ちはわかりますが、ハプニングの場合は本当に「運」としか言いようがありません。

普通に走っているのに小石を踏んで転倒といったことや、いきなりの悪路で転倒などなど。

こういったことで危険と言われるのは仕方がないことですが、

これ以外の対車との事故や、自損事故はほとんどが「気持ち」で防ぐことができます。

徹底した確認作業

スポンサードリンク

バイクに乗る方は最初は気持ちが高まっているのでしっかりと確認しますが、

慣れが生じると人間誰でも手を抜いてしまうときが来ます。

これがアウトと言う事です。

バイクに乗る時点で最初から最後まで気を抜か無いという気持ちの持ち方が必要です。

絶対に行う事として「前方・後方・左右・ギア」です。

前方・後方・左右に関しては当たり前ですが、これをしっかりと行うべきです。

1度行えばいいのではなく、曲がるときなどは確認しながらと言う事が重要です。

神経を使う事がバイクに乗る際に重要なことです。

そして、ギアです。

ギアに関しては「ニュートラルに入っているのに気づかない」と言う事を防ぐ。

低速走行に入る時に安定させようとスロットルを回すものの、

ニュートラルに入っていては発進できず、そのまま安定性を失って転倒に繋がります。

本人は発進しようとしているのにニュートラルに入っていたら加速せずに焦ってしまい、

そのまま加速の無いままにバイクを傾けてしまい転倒するというのは気持ちの問題です。

しっかり確認するのが大事です。

右折しようとする車がいると思う

例え絶対に右折してこないであろう車がいても、「右折してくる」と思う事が大事です。

自身では「来ないだろう」と思っていても、相手からすると「行けるだろう」と思ってしまうものです。

隙あらば行くということも良くありますから、特に交差点では「曲がってくる」と思ってスピードを減速、

そして常に右折車をマークしておくことです。

こういった「行けるだろう・来ないだろう」などという攻めの気持ちは要らないのです。

「来るだろう・スピード落とした方が良いだろう」というように思って運転しなければなりません。

道中で右折する車がいても同じことです。

特に、直進する側の車が道中で止まっている場合は「何かがおかしい」と思って乗ることが大事です。

道中で車が停止しているのは「携帯に夢中になって発進するのを忘れている」か

「お店に入るための入り口部分を空ける為」か「お店に入ろうとする右折車に道を譲るため」なので、

何にしても疑問を持ち、1度停止する又は徐行するなどが大事となります。

バイクだから当たり前という気持ちは捨てるべき

バイクに乗る時点で「バイクが優先」という思い込みは捨てるべきなのです。

ぶつかっても車が悪いなどといった意味の分からない考えや、

すり抜けするのがバイクのメリット等といった「当たり前」な考えは捨てるべきなのです。

本来はすり抜けをしなければ右直事故はかなり防げますし、

交差点の右折車を確認できれば仮説を立てて運転すれば防げることが圧倒的に多いです。

なのにも関わらず、当たり前のようにすり抜けなどを行い、思い切り加速する。

このような気持ちでは事故を防ぐことは難しいでしょう。

原付に関しては常に集中して乗るようにし、普通二輪などに関しては

「自動車」として乗ることで圧倒的に事故を回避できます。

前の車を基準にすることができるからです。

すり抜けなどをしていては自身が先頭を走ることが多くなります。

先の予測を自身で立てていきながら走ることが重要となるのに対して、

車が前にいるだけで、その車を基準として仮説を立てていけばいいだけなので、

気持ち的には少しだけ予測する部分は少なくなります。

しかし、油断こそ1番危ないですから、油断はしないことです。

腕があるという思い込みを捨てる

バイク4

バイクに乗っていると「上達しているな」と感じることが多いです。

実際に上達していることでしょう。

しかし、上達などといったことは公道に出てしまえばあまり関係ありません。

1番関係あるのは腕があるから緊急回避も可能と思っている事。

これは危険なパターンで、誰でも急なイレギュラーには対応することが困難となります。

なので、腕があるから大丈夫等といった気持ちは持たない方が良いのです。

逆に「腕はまだまだだからバイクの性能にかける」という気持ちの持ち方の方が安全です。

自身の腕だけで乗ることができているわけではありません。

まずは、腕はまだまだないという気持ちをもち、無理をしない事が大事なのです。

当たり前のように感じますが、出来ていない人が多いのです。

バイクは危険ではない

バイクは危険では無い。とは言えない部分もあります。

やはり身がむき出しになっている時点で、イレギュラーなことが起こると対応できずに

事故となってしまっては身体の危険が襲ってきますので危険であることも間違ってはいません。

しかし、安全に乗ることは十二分に可能なのです。

それが上記に書いてある「気持ち」をしっかりと持つことです。

「バイクだから~」という安易な考えは捨てることでバイクでも極めて安全に乗ることができます。

1度も事故を起こしたことのないライダーは意外と多いのです。

これは「安全に乗ることができているから」とも言えます。

事故を起こしたときに何があるのかというと、「理由」があるのです。

理由があると言う事はどこかで過ちがあるのです。

例え10:0でバイクが有利でも

「事故を防ぐ方法は無かったのか」を考えると見つかることもあるかもしれません。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ