五月人形のお下がりはマナー違反!?飾る期間はいつからいつまで?


5月5日と言えば「こどもの日」ですよね?

子どもの日には男の子の誕生を祝うと共にこれからの成長を強く祈願するための「節句」が存在する。

5月5日には「五月人形」「鯉のぼり」などが挙げられますが、

今回は「五月人形のお下がり」についてと「飾る期間」についてお話ししていきます。

スポンサードリンク

五月人形を飾る期間はいつからいつまでが望ましい?

五月人形2

五月人形といえば子どもの日に飾ってあるのは良く見かけます。

ですが、当日に飾ろうとしている方を見かけることは少ないでしょう。

では、いつから飾り、いつまで飾るのかと言う事ですが、飾る期間は以下の通りです。

五月人形を飾る日:春分の日(3月20日)前後

五月人形を片付ける日:5月5日以降~梅雨入り前

*基本的に「いつから飾り、いつまでにしまう」という決まりはないようです。

このような期間となっていますが、「*」にも書いているように、

基本的に飾る期間の決まりというのは無いのですが、

場所を取るから出したら片づけたいという家庭であれば

上記のような期間中の好きな時に設置し、片づけを行うのが良いです。

ただ、もちろんですが5月5日が飾っておく大事な日となっているので、

片づける家庭は5月5日を過ぎてから片づけましょう。

また、「兜飾り」などの比較的コンパクトに収まる程度でなおかつ

片づけずにおいておきたいという事であればそのまま置いておくのもありなのです。

年中飾ると言う事でも「マナー違反」などはないですし、

どこに飾っても良いというのが「五月人形(内飾り)」なのです。

もしも春分の日前後で忙しいのなら、4月入ってからでも大丈夫ですので、

時間が空いたときや夫が休みの日などを狙って飾るのもいいでしょう。

片づける日も5月5日以降であれば急いで片づけなくても良いので、夫のいる時間などでも片づけると良いです。

ただ、「梅雨入り」となると「湿気」が付き物となってしまいますので、

しっかりと湿気対策はしてから片づけましょう。

鯉のぼりを飾ったから五月人形は要らない!?

鯉のぼり

5月5日は「こどもの日」。

五月人形と鯉のぼりを飾る、「男の子の成長」を祝う為の大事なイベントでもありますが、

鯉のぼりは飾ったから「五月人形は要らないのでは?」と思う方もいるでしょう。

しかし、この「五月人形」と「鯉のぼり」は異なる意味がありました。

その意味とは以下の通りとなっています。

五月人形を飾る理由

✔将来、たくましく強く無事に成長するように祈願するためのもの

鯉のぼりを飾る理由

✔将来の社会的出世を願う為のもの

これらの異なる意味により、「内飾り」である「五月人形」と、

「外飾り」である「鯉のぼり」の2つを飾る理由が存在しているのです。

このことにより、誕生した男の子の成長をより祈願するには「どちらも飾る」と言う事が大事です。

スポンサードリンク

五月人形のお下がりについて

五月人形

五月人形は「端午の節句」に飾る人形ですが、「男の子の成長を祈願する」いわば守り神的存在なのです。

この守り神ともいえる五月人形を「お下がりとして譲り受ける」と言う事は果たして大丈夫なのでしょうか。

結論として「50%50%」といえます。

なぜ曖昧なのかというと、状況によりけりなのです。

五月人形は何度も言うように「誕生した男の子の成長を祈願する」といった意味から、

万が一「お下がりとして譲ってくれる五月人形所有者側」にて健康やケガや災いなどが過去にあった場合は、

縁起の悪いものとして扱う事が通常です。

なので、「相手側」の成長や災いによって「お下がりでも良い・良くない」といるのです。

お下がりとして譲ってくれる側が特に何もなく、むしろ健康的に育った・ケガ1つしていないなどの事があれば、

それは「非常に縁起の良いもの」として扱う事が出来るでしょう。

「お下がり」だからと言って全て受け入れることも、拒否することも無く

「譲る側に何か問題がなかったかどうか」を聞いて問題が無かったら「お下がりを譲ってもらう」という方法があります。

なので、事実上では「お下がり」は問題ないですが、人によってさまざまだと言えるでしょう。

ただし、そのようなことを聞けない間柄と言う事も考えられます。

その場合は、無理に譲り受けない方が良いでしょう。

通常は「五月人形は1人の子供に1体ずつ」と言う事、

そして「自身の父親」「妻の父親」によって意見を交わしたうえで、

どちらかの祖父によって購入してもらうというのが一般的となっていますが、「値段が高い」と言う事もあり、

親の代から受け継ぐと言う事も多くあります。

その場合でも同様に「縁起の悪い事」が無ければ「親からの受け継ぎ」というお下がりでも良いでしょう。

ただ、何度も言うように「五月人形」というのは「その子の災い等から守る」というもの。

父親のお下がりや誰かのお下がりとしても「すでに誰かを守ってきた」とも言えますので、

本来のや役割はすでに終えていると言えるのです。

マナー違反というものは存在しないといえますが、

どうしても「お下がりが気になる」というのであれば「自身の父」「妻の父」または

「自身で購入」「妻での購入」「夫と妻でお金を出し合って購入」といった購入をすることをオススメします。

まとめ

いかがでしたか?

五月人形のお下がりは「すでに誰かを守ってきた」と言えるので、

縁起物として効果を発揮するかは定かではありませんが、守られてきた方が健康に育っているのであれば

その五月人形は「縁起物として認識できる」という点から、「お下がりでも良い」と言えると言う事です。

逆に「守られてきたのにもかかわらず、過去に災いが起きた経験がある」という方からのお下がりだとすると、

すでに「縁起の良くないもの」として扱われてしまいます。

「お下がり」は基本的には気にする必要はありませんので、「お下がり」でもいいでしょう。

しかし、お下がりだとしても「扱い方」には注意し、子どもの成長を見守ってもらいましょう!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ