ゴールデンウィーク明けのイライラややる気が出ない原因は五月病?


ゴールデンウィークが終わってしまうと、

何でかイライラしてしまったり、やる気が出ないということはないですか?

そんな時は、もしかしたら五月病かもしれませんよ。

そこで今回は、ゴールデンウィークに何故やる気が起きないのか、

そして五月病の症状などについて迫ってみたいと思います。

ご自身に当てはまっていないか、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

ゴールデンウィーク明けのイライラややる気が出ない原因!

しんどい

ゴールデンウィークには、普段よりも少しだけ緩めの生活をされる方もいるかもしれません。

きっと生活もいつもとは違う日々になることもあるでしょう。

そんなゴールデンウィークが終わると、またお仕事の再開となりますね。

けれど、会社に行ってもなんだかイライラしたりやる気も出ない・・・ということも起きがちです。

それは、もしかしたら世に言う五月病なのかもしれませんよ。

五月病というのは、正式な病名ではないのです。

『適応障害』というのが、医学的な名称なのだということなんです。

本来なら1年のうちでいつでも起こり得るものなのですが、

4月に新しく社会人になった方などが、環境の変化による様々なストレスを抱え、

ゴールデンウィークに気持ちが少し開放されたところに、

それが明けると、またお仕事をしに会社に行くようになるということで、

連休明けに鬱々とした気分になってしまうのですね。

・「子どもの五月病についてはこちら!!」

五月病の症状一例

五月病の症状というのは、様々あるのでご紹介いたします。

心的なものとしては、気分が沈んでしまい何もやる気が起きない、

抑うつ状態になってしまうことがあります。

また、何らかに対して不安感を抱くこともあるでしょう。

さらに、無気力になってしまったり、イライラしたり焦ってしまうという症状も出ますね。

体の面で言えば、胃が痛くなることがありますし、

めまいや動悸を感じることもありますよ。

そして、息苦しくなったり、食欲がわかないということもあります。

不眠に陥るという危険性もあります

苦しい3

あなたにこの様な症状がないか、振り返ってみてくださいね。

スポンサードリンク

放っておくとどうなる?

五月病は病気というわけでもないからといって、

そのまま時間が過ぎるのを待つと言う人もいるのではないでしょうか。

しかし、五月病は放置すると問題点がありますよ。

五月病は、そのままにしておくと症状が長期化・重症化することがあります

倒れる

より悪くなってしまうというわけなんですね。

ただ、五月病はその時のみである事が多く、

1、2カ月過ぎると、自然と改善されていくことが多いんですよ。

うつ病との関連性は?

五月病が一過性のものであることはお伝えしましたが、

もしかしたら放っておくことで、うつ病に発展することもあるでしょう。

もし2カ月ほど経っても症状が改善しないようであれば、

病院で診てもらうことも大切です。

ちなみに、五月病(適応障害)の場合は、なぜやる気が出ないのかという、

対象がはっきりとしているというのが特徴です。

しかし、うつ病になるとなぜ自分は不安がっているのかなどが、

わからないということもあるのです。

こうした違いも覚えておくとよいでしょう。

まとめ

五月病は、病名というわけではないんですね。

そして、やる気が出ない原因もはっきりしているということも、

おわかりいただけたのではないでしょうか。

また、五月病は放置しておくことで、症状が重くなっていってしまうことがあります。

その延長上でうつ病となってしまうことも考えられるのです。

そういったことのないように、日頃から自身のメンタルに気を付け、

五月病になっていないかセルフチェックすることも大事でしょう。

ゴールデンウィーク明けの鬱々とした気分も、

リラックスをしながら乗り切るようにしていきたいものですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ