子供がダルそうにしてるその症状は五月病?原因と克服対策について!


五月病という言葉は、聞いたことがあるでしょうか。

五月病は、社会人になりたての方などがなるようなイメージもあるかと思います。

しかし、最近ではお子さんも五月病になってしまう事が多いんですよ。

そこで今回は、お子さんが五月病になってしまう原因や、

対処の仕方などについて探っていきたいと思います。

スポンサードリンク

子供がダルそう!もしや五月病!?

子ども2

近頃では、小学生や幼稚園児(保育園児)でもなりやすいんです。

連休も明け、幼稚園児ならば、お母さんと離れるのが淋しいということもあるでしょう。

お子さんもストレスと感じているということですね。

子供のダルさは、五月病だけではありません。

もしかしたら、何か病気が隠れているかもしれませんよ。

鉄分不足等で貧血になっていてもダルくなることがありますし、

疲れやすいといったことや、むくむこともありますし、

息切れといった症状が出ることもあります。

『起立性調節障害』は、立ちくらみなどを起こす可能性もありますよ。

また、腹痛や吐き気なども起きるでしょう。

さらに、お子さんであっても軽くうつになることもあるんです。

朝にやる気が出ないとか、食欲が出ないといったことにもなってしまいますよ。

こういった症状にも、十分注意してあげたいものですね。

子供が五月病になりやすい原因とは?

お子さんは、4月に入園や入学をすることがあるでしょう。

クラスが替わって、新しい仲間との生活をスタートさせることもあります。

そういった時に、お子さんであっても人間関係や、

環境の変化などにストレスを少なからず抱えているものなんですね。

子ども3

4月はそういった中で頑張っていくのですが、

5月のゴールデンウィークでそうしたストレスから解放されます。

その間は良いのですが、ゴールデンウィークが明けると、

また元の生活に戻る事になりますね。

それで気重に感じてしまうのか、五月病になってしまうんですよ。

子供の五月病を克服する方法とは?

まず、お子さんの話しを真剣に聞いてあげましょう

お子さんの気持ちを考えて聞くことが大事ですね。

親御さんの側から、お子さんがその日にあった出来事を、

話しやすい状況を整えてあげることも必要ですよ。

例えば、「今忙しいから後にして」などと言わないことですね。

また、できないことを怒ったりできるまで無理強いしないことです。

子ども4

完璧主義のお子さんもいるのですが、気持ちを解きほぐしてあげることが重要ですね。

きっと楽になれるでしょう。

さらに、特にまだ幼児のお子さんには、

たっぷりと甘えさせてあげることも大事ですよ。

スポンサードリンク

子供が五月病にならないようにする対策とは?

お子さんが五月病にならないようにするためには、

何と言っても日頃から、ストレスを溜めない様にしてあげることが大事ですね。

子ども

そのための1つとしては、お子さんを真っ向から否定をしないことです。

これは駄目だとか、してはいけないなどと言ってしまうことですね。

こうなると、お子さんも自分自身を否定されているように感じるかもしれないのです。

また、こうしなさいと強制するような言い方をするのもいけませんね。

さらに、自分の時はこうしたなどというのも、押し付けのようになるので、やめましょう。

五月病は、食事でも対策をすることができるでしょう。

セロトニンという物質を摂り入れられるものも有効となっていますよ。

例えば、バナナや乳製品、卵黄などとなっていて、お子さんでも食べられるでしょう。

まとめ

今の時代は、お子さんも五月病になりやすいのです。

お子さんの五月病の対策としては、

お子さんの気持ちになって話を聞いてあげることや、

できないことを怒ったりしないことが大事になるでしょう。

また、食事面で五月病を予防するという方法も、

ぜひお子さんの為にもお試しください。

お子さんが五月病にならないように、普段から気を付けてあげることも大事ですし、

ゴールデンウィークが過ぎた辺りから十分に配慮してあげることが重要なのです。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ