赤ちゃんの熱中症予防は母乳で水分補給が良い?熱中症の症状チェック法!


暖かい季節になると、気温も上がりますし紫外線も強くなりますよね。

そうした時には、熱中症に気を付けなければいけません。

それは、赤ちゃんであればなおのことでしょう。

赤ちゃんとお天気の良い日などにお散歩をされることなどもあると思いますが、

どういったことに気を付ければ良いのでしょうか

そこで今回は、赤ちゃんの熱中症にスポットをあててみたいと思います。

ぜひ、赤ちゃんとのおでかけの参考になさってください。

赤ちゃんは大人より熱中症になりやすい?

スポンサードリンク

赤ちゃん

赤ちゃんは、大人に比べると熱中症になりやすいんです。

それは、赤ちゃんが体温の調節が上手にできないからです。

また、赤ちゃんは大人よりも多くの水分がなければいけないので、

一気に水分量が減ると、熱中症になる恐れがあります

なので、暑い場所にずっといたりすることで、熱中症になってしまうことがあるんです。

赤ちゃんは、『喉が渇いた』などといったことを大人にきちんと訴えられないんですね。

そういったことがあるので、お母さんが注意をしてあげなければいけないんです。

赤ちゃんが熱中症になっているかも?診断チェック法!!

赤ちゃん4

では、赤ちゃんの熱中症にはどういった症状があるのでしょうか。

気になる症状について見ていきましょう。

顔に火照りが見える

✔体が全体的に熱い

✔濃い色の尿が出る、もしくは排泄物の量が少ない

✔皮膚の乾燥が見られる

ぐったりしている

✔食欲がなく、ミルクも飲まない

これらが当てはまるようでしたら、熱中症の疑いがありますので、

場合によっては病院に連れていくことをオススメします。

もしも熱中症だとしたらの対処法!!

赤ちゃん3

涼しいところに移す

赤ちゃんが熱中症になっているかも・・・と思った時には、涼しい場所に移ることが大事です。

暑さから逃れることが肝心ですよ。

服を弛める(ゆるめる)

熱中症かな?と思われたなら、服を弛めてあげることもポイントですよ。

きっちりと首元のボタンなどが止まっていたりすると熱も逃げていってくれませんので、

風通しを良くしてあげましょう。

体を冷やす

体を冷やすことも大事です。

手足や全身に水をかけてあげるですとか、うちわで扇ぐことも一案ですよ。

濡れたタオルを脇の下などにあててあげることも処置になりますね。

水分補給をする

スポンサードリンク

熱中症の時に良く言われるのも水分を摂るという方法です。

水分に加えて、塩分を与えることも効果的ですよ。

脱水症状は怖いんです。

熱中症対策は水分補給!!母乳で大丈夫?

赤ちゃん2

水分補給は必ず!

熱中症対策には水分は欠かせません。暑いと赤ちゃんは多くの汗をかきます。

なので、普段よりも多数回授乳をすることも大事です。

それ以外ではベビー麦茶(通常の麦茶を使うならば薄めましょう)、白湯を飲ませることが大事ですよ。

こまめに飲ませてあげるようにするなら、母乳でOKでしょう。

外出するなら服などの選び方も大事

外出をされる時には、帽子を被せてあげることが大事です。

通気性の良いものを選ぶことがポイントですよ。

大人の方よりも1枚薄着にすることも気を付けましょう。

直射日光を避けておでかけをでかけるとしたら、

場所の選択として直射日光を避けることがベストです。

さらに、朝や夕方を選ぶと気温も落ち着いていますので、赤ちゃんも安心ですね。

まとめ

赤ちゃんは、大人に比べて体温調節が上手くできないために、熱中症になってしまうのです。

また、赤ちゃんの体が多くの水分量を必要とするため、

一気に水分が無くなると、熱中症になることがあるでしょう。

熱中症の症状としては、体が火照ることや熱を持ってしまうこともあります。

また、ぐったりとなってしまうでしょう。

もしも熱中症になってしまったようなら、涼しい場所に移り服を弛めてあげるなどの対処が大事です。

対策方法としては、水分をこまめに摂らせることや外出には帽子を被せることなどがあります。

大事な赤ちゃんのために、お母さん達がきちんと注意をしてあげるようにしましょう

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ