エアコンの冷房が寒くて困る!冷え性で悩む人向け!会社等での対処法!


職場では、暑い時期には冷房が効いていることが多いことと思います。

しかし、それがかえって寒すぎて辛いと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

いつもいることになる職場なら、何とか対策を取りたいものですよね。

そこで今回は、冷え性に関する男女差についてや、

エアコンによる冷房対策について探っていきます。

女性に多い冷え性は男性には理解されにくい?!

スポンサードリンク

ホルモンバランスの乱れが女性を冷え性にしている可能性も!

冷え性と言うと、女性に多いイメージがあるのではないでしょうか。

不規則な生活などから来る、自律神経の乱れも冷え性の原因になります。

しかし、女性の冷え性は女性ならではの原因も含まれているんです。

ホルモンバランスの乱れが、自律神経失調症を招いてしまうんですね。

冷え性である女性は、ホルモンバランスがよく乱れてしまうという事が多々あるということなんですよ。

ホルモンバランスを崩してしまうのは、過度なダイエットも要因とされています。

男女の脂肪量と筋肉量の差

筋肉

女性は男性に比べて脂肪は多いものの、筋肉が少ないという特徴があります。

体内の熱を作ってくれる筋肉が少ないことから、

男性に比べて冷え性になりやすいという傾向もあるんですね。

体の脂肪は、一度冷えてしまうと温まりにくい性質もあります。

よって、そういった点も女性の冷え性が多い理由と言えるんですよ。

男性は暑がりが多いのは本当!?

スポンサードリンク

男女で同じ部屋にいても感じ方が変わってくる

さて、男性の場合は暑がりの方が多いというのは本当なのでしょうか。

男女が一緒に同じ建物に入った場合は、

建物内が冷房の効き過ぎで寒くて辛い思いをした女性もいます。

しかし、傍らの男性は寒いという素振りもなく平気であるということもあります。

職場においても、冷房を効かせ過ぎということから、

職場にいる女性達はこぞって羽織るものを準備せざるを得ないというケースもあります。

そうした場面でも、男性に至っては快適そのものといった風で仕事をこなしているというわけです。

こうしたことからも、男性は冷房にも耐性があり暑い方が苦手ということがあるということが、

おわかりいただけるのではないでしょうか。

男女では体感温度も異なる!

暑い

さらに、男女で体感温度が異なるということもあります。

同じ温度であっても、女性が温度が低く感じられるのに対し、

男性は温かいと感じることがあるんですね。

男性の場合は、エネルギーの消費が活発であることから、

女性に比べて熱をより溜め込みやすいのだと言えます。

冷え性必見!会社でやるべきエアコンにより冷え対策!

なるべく体を動かそう!

職場の建物内を移動する際にも、あえて階段を使って体を使うことを意識しましょう

エスカレーターやエレベーターなどを、使用しないことを心がけるのですね。

下半身に多くの筋肉があるので、歩いて体を動かすことで熱を作りやすくなるんです。

休憩時間にちょっとしたストレッチなどをすることも有効ですよ。

飲食物で冷え対策!

休憩

オフィスでは飲み物を飲みながらお仕事をされることもあるでしょう。

そういった場合には、白湯やショウガ湯を飲むことをおすすめしますよ。

コーヒーやお茶はカフェインが入っているので、NGなんです。

カフェインには利尿作用があるために、対外に熱まで放出してしまうんですね。

・「体の冷えを改善!!暖まる食べ物飲み物厳選してみた!!」

身に着けるもので寒さ対策!

身に着けるものでしたら、首にスカーフを巻くことも一案ですよ。

また、膝かけを用意することや、ハイソックスを履くこともおおすすめですね。

まとめ

女性の冷え性が多いのは、筋肉や脂肪量も関わっていますし、

ホルモンバランスも関係しているのですね。

また、男性は熱を溜め込みやすい面があるため、より暑く感じるんです。

職場でエアコンの対策をするなら、羽織るものや膝かけを用意することや、

体を動かすようにして温めることも手段の1つですよ。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ