足が臭い!もう嫌!冬ブーツなどに特に多い原因と今から出来る改善方法!


足が臭くて自分が嫌になるなんてことはありませんか?

又は今までそんなに臭くなかったのにかなり臭いがするようになった!なんてことも。

何より冬はブーツによって特に多くなるとされています。

しかし、同じ靴でもなぜブーツに多いのか。

そして足の臭いの原因と改善方法はあるのかについてご紹介していきます。

今すぐできる対策なので必見です!

夏よりも冬の方が足は臭くなる?!

スポンサードリンク

足が臭いと感じたことがある方で、夏よりも冬の方が足が臭いなんて方もいるかと思います。

夏の方が汗をかくことが多いような気もしますが、なぜ夏よりも冬の方が足が臭くなると言われるのか。

それは「ブーツ」などの通気性の問題が生じるからです。

夏はラフなファッションも多く、中にはクロックスやサンダルなどの方も多いため、

足の臭いは実は冬程気にならない時期と言えるのですが、

冬はブーツなどの通気性の悪いがっちりとした靴を履くことが多くなります。

足元は寒さが伝わりやすいですから、どうしてもラフな靴は履きにくくなります。

こういった点から、夏よりも冬の方が足が臭くなるとされているのです。

しかし、いつでも足が臭い方にとっては夏も冬ももはや皆無。

では、なぜ足が臭いのかについてお話していきます。

汗による雑菌の繁殖が最大の原因!?

足の臭い

足の中でも足裏などは汗をかく宝庫なのはご存知でしょうか。

足の汗は実は非常に多く、男性女性問わずに汗をかいています。

しかし、この汗こそが足が臭くなる最大の原因ともいえるのです。

足の汗の原因にはいくつか存在します。

それは「多汗症」「冷え性」「ストレス」「蒸れ」などが言えます。

足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)

足の裏の多汗症とされており、この多汗症によって足の裏が大量の汗をかくことです。

多汗症の原因は、人間の自律神経という呼吸器や消火器となどの活動の調整をするとても重要な神経系で、

緊張状態や集中しているときに優位に働く「交感神経」と、リラックスしているときなどに働く「副交感神経」がありますが、

通常ではちょっとした緊張では大量の汗が出ない機能なのに対し、多汗症の方はこの交感神経が敏感のため、

ちょっとした場面で交感神経が敏感に反応して汗をかくのです。

その大量の汗による結果、蒸れ等による雑菌が繁殖することで臭いの元凶となることがあります。

この多汗症では、夏などの汗をかきやすい時期だけではなく、1年を通して汗をかきやすいこともあり、

悩みは大きくなる一方ですが、相手に見られることの少ない足でもありますから病院で対処するなどをしない方もいます。

冷え性

冷え性は女性に特に多い症状ですが、こちらの冷え性によっても足の臭いの原因といえます。

なぜ冷え性と足の臭いが関係するかというと、冷え性による足の冷えによって、

外の温度との温度差が生じます。

冷えているときは汗をかくことはあまりありませんが、そこに靴下や暖房などの暖かい環境に触れることで

温度調節が上手く出来なくなっている足がすぐに

「温度が上がったから汗をかいて熱を放出しろ」と命令されることによって

冷え性なのにも関わらず汗をかいてしまう事があるのです。

その汗が臭いの元となるのです。

ストレス

ストレス

こちらは先ほどの自律神経との関わりが強いのですが、

日々生きていく中でストレスは常に感じているものです。

緊張や悩みや痛みなどなど、生活していく中で感じることが多いのですが、

これらのストレスによって自律神経の乱れや、敏感な交感神経が働き、

足汗に繋がってしまう事もあるのです。

また、足の汗腺と言われる汗を放出する腺が多いことから、手よりも汗の方が汗の量が多いのです。

仕事中などはリラックスモードである副交感神経よりも、集中・緊張モードの交感神経が優位に働いていますから、

汗は度々放出されているので、足が長時間にわたって蒸れている状態になります。

足の蒸れ

足の蒸れ

まとめて言いますと、足の汗によって靴下が濡れ、靴下又は靴内で高温多湿となり、

雑菌が繁殖して活発化することで臭いを放つと言う事が言えるのです。

なので、冬に履くことが多いとされるブーツを履くのは通気性の悪さといえますし、

仕事から帰ってきたら臭いというのも、仕事中にかく汗によって長時間蒸れていることが臭いの原因となるのです。

今から出来る足の臭いを改善する方法

ストレスフリーな環境を目指す

ストレスフリー

完全なストレスフリーは難しいかと思います。

しかし、今まで感じてきているストレスを減らすことは出来るでしょう。

無駄な時間を自身の出来る楽しみに変えたり、不規則な過ごし方や環境を整えるなどなど、

今から出来ることはあるはずです。

職場などでのストレスの改善は難しいかと思いますが、

職場で感じてしまう足の臭いなどもストレスになるでしょうから、

職場用の靴や靴下を持参し、蒸れないような靴や靴下を履くことをオススメします。

冷え性の改善

末端冷え性などの方や内臓型冷え性などの方も含め、冷え性の改善は必要となります。

冷え性の改善は血行促進を行う事なので、運動やストレッチ、入浴に伴うマッサージなどをして

血流を促すと言う事をすると冷え性を改善することができます。

また、飲酒や喫煙などによっても血流の悪化につながりますので、食生活もしっかりと見直さなければなりません。

内蔵型冷え性の改善に関しては「内蔵型冷え性の改善方法」を、

冷えに効く食べ物飲み物に関しては「冷えに効く食べ物と飲み物」を参照ください。

靴下や靴を通気性の良いものにする

サンダル

先ほども少し触れましたが、やはり原因を作ってしまうのは汗をかいてからの蒸れです。

蒸れることによって雑菌の繁殖が進み、臭いを放ってしまうので、

出来るだけ蒸れることのない環境づくりが必要です。

乾かしては濡れ乾かしては濡れとなっても臭いは発生します。

繰り返しは意味がないので、濡れてしまったら靴下を変えるという方法は行った方が良いでしょう。

靴下を変える前に足は完全乾燥させるようにしてください。

また、会社などでの靴はなるべくラフな靴などにし、出来ないのであれば、

同じ靴を2足か3足購入し、日々ローテーションして使用すると臭いにストレスを感じることのない生活がしやすくなります。

何よりストレスは「緊張」などによる汗の放出に繋がりますから、悪循環となることは排除すべきです。

また、同じ靴を履くにしても、匂い付きの消臭スプレーなどを使用することで余計に臭いが発生する場合があるので、

なるべく使用しない方が良いでしょう。

足湯などで足を温める

足湯などをすることで足の雑菌を落とすことや、

蓄積している角質などをとるなどすることで、足の臭い対策をします。

また、足を温めることによって、毛穴の脂(皮脂)の詰まりなども除去できるので、

足湯又は入浴を怠らないことは大事です。

入浴に関しては「冷え性」にも効果があるので、出来るだけシャワー生活から遠ざけましょう。

1日の最後には必ず細かく洗浄

足の臭い

足湯でも入浴時でもいいのですが、足を細かく洗浄することが非常に大事です。

あまり神経質になってもストレスによって再び汗をかいて臭う原因となるので、

やり過ぎない程度に「指の間」「爪付近(爪の間)」「角質」の部分を重点的に洗いましょう。

洗い終わったら、しっかりと水気をふき取り、乾燥した足となるまで靴下などを履かないようにしましょう。

また、その際に乾燥を防ぐために保湿クリーム等は出来るだけ避けましょう。

足の臭いを抑える薬を塗る

最終はこちらの足の臭いの元となるバクテリアや雑菌を抑える薬を塗るのが良いでしょう。

足の臭いがどうしても気になる方はこちらの「ラビリン フットクリーム」はかなり強力です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラヴィリン(ラビリン)足用クリーム Lavilin
価格:1920円(税込、送料別) (2016/10/7時点)

伸びが良くて臭いの元となる雑菌の繁殖を抑えてくれ、このクリームで改善できた方はかなり多いです。

効果は1週間~2週間持ちますが、場合によっては1週間で2回程しようする必要もあります。

クリーム自体の臭いは少し独特ですが、それよりも嫌な臭いを抑えることができるこのクリームはオススメです。

まとめ

足の臭いは様々な状況で臭いが発生してしまいますが、

基本的には「汗による雑菌」と考えることが大事です。

それを防ぐにはどうすればいいのか。

それは先ほど言いました「ストレス」「冷え性」「多汗症」「洗浄」などの、

日々の向き合い方は非常に大事になってきます。

靴下をこまめに変えるなどは少し面倒かと思いますが、臭いの元を抑えるには必要なことですので、

クリームなどに頼りたくないという方であれば、日々のケアはしっかりとしましょう。

多汗症に関しては病院で診察受けるのが1番良いので、速やかに病院に行きましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ