男性は女性よりも貧乏ゆすりが多い理由は?気になる止め方について!


あなたは女性が貧乏ゆすりをしているところを見たことがありますか?

男性が床に振動が伝わるほど貧乏ゆすりをしている事があるのは想像できますが、

女性が貧乏ゆすりをしていることはほとんど見ることは無いでしょう。

一体それはなぜなのでしょうか。

そして、どうしても貧乏ゆすりを止めたい場合、どうすればいいのでしょうか。

今回は「男女の貧乏ゆすりと止め方」についてお話していきます。

男性の貧乏ゆすりが多い原因とは?

スポンサードリンク

嫌2

貧乏ゆすりを想像すると「男性」がイメージに浮かぶと思います。

なぜ男性が思い浮かぶのでしょうか。

それは「男性の貧乏ゆすりが多いから」です。

男性の貧乏ゆすりをしている所は何度も見かけます。

1日に何回も見ることも多いでしょう。

では、何故それだけ見かけることが多いのか。

それは「貧乏ゆすりをする原因」にて書いていますが、「仕事によるストレス」が最もな原因と言えます。

仕事で「難しい事」「ややこしい事」「ミス」「上下関係」「トラブル」などなど、仕事によってストレスが生じ、

そのストレスを解消するためにも「貧乏ゆすり」にて解消を試みていると言う事が言えるのです。

これは女性も同じだという方もいますが、女性にもストレスが溜まることは多いでしょう。

しかし、他の点から見ても男性は女性よりも貧乏ゆすりをする可能性が多いのです。

1つは「昔の狩り」の関係で、いつ襲われるかわからないという極限状態で

いつでも戦えるようにするための準備運動的行動と言われています。

そして2つ目が、男性はテストステロン値(男性ホルモン)が多いことで怒りっぽい(短気)を招いていると言う事です。

そして3つ目が、「周りが気にならない」と言う事です。

女性とは違い、美意識は男性は女性ほどないです。

女性はメイクや除毛、髪の毛などの細部までキッチリと仕上げることが多いですが、

男性は「歯磨き」「寝癖治し」レベルの方が多いといえます。

この「周りを気にしない」という男性が多い結果、女性よりは貧乏ゆすりが多いと言われています。

女性が貧乏ゆすりしないとされているのはなぜ?

座る

女性は貧乏ゆすりをしないと思われています。

それは実際に女性の貧乏ゆすりを見た事が無いからなのです。

しかし、実際には女性も同じく貧乏ゆすりはするのです。

ただ、圧倒的に男性よりも女性の方が貧乏ゆすりはしません。

ではそれはなぜなのでしょうか。

1つ目は美意識が男性よりも高いと言う事です。

これは上記にて説明していますが、男性は最低限の美意識さえあれば通用出来てしまうものです。

しかし、女性は何かと細かい部分も気になる&気にされると言う事もあって、

メイクなどだけでなく、座る姿勢や足の閉じ方などなど、男性よりも遥に気を付けなければいけないところが多いのです。

そういった面があることから、周りから見られる環境がある以上、

無意識レベルの貧乏ゆすりでも「意識的に働きかけて抑制する」という方もいれば、そもそも貧乏ゆすりはしないという方もいるのです。

そして2つ目がテストステロン値が低いと言う事です。

これも上記にて説明していますが、「男性ホルモンが少ない」という理由で女性は貧乏ゆすりをあまりしないとされています。

こう見てみると「男性ホルモン」と「貧乏ゆすり」は何らかの関係があると言えるのかもしれません。

そして3つ目が「周りからの指摘がある」と言う事です。

これは人それぞれかもしれませんが、女性同士の時は男性にはわからないトークや行動を起こしています。

なので、女性同士の時では「ガードが下がっている」とも言える状態でしょう。

なので男性がいるところでは貧乏ゆすりを見ることがほとんどないとされていますが、

それだけじゃなく、女性同士の時にはついうっかり「貧乏ゆすり」をしてしまう方も意外といるとされています。

ただ、そこで女性から女性への「貧乏ゆすりはやめなさい」という指摘がある方もおり、

男性の前ではやらなくなるという事もあるようです。

特に小さいときに母親などから言われており、これが抑制されていると言う事に繋がっているとも言えます。

貧乏ゆすりを止める方法とは?

スポンサードリンク

貧乏ゆすりは「無意識」での行動なので、止めると言う事は非常に難しいと言われています。

ですが、根気強く向き合う事で治ると言える行動ですので、どうしても気になるなどがあればぜひ試してみましょう。

物を食べる

これは精神的に落ち着かない不安定な状態で起きる貧乏ゆすりには欠かせない「膝」の動きを封じ、

「物を食べる」と言う事で「顎(あご)」の動きに変える事で貧乏ゆすりを抑えるという方法です。

1番簡単に食べれるものは「ガム」なので、ガムを推奨している事がほとんどですが、

顎を使う事が出来ればそれだけで多少なりとも効果はあるといえますので、スルメでもいいですしハイチュウでもいいでしょう。

コーヒーを飲む

コーヒーは仕事場では必ずと言っていいほどおいていることがありませんか?

コーヒーにはカフェインが含まれており、このカフェインが「ストレスの緩和」の手助けをしてくれるのです。

そして集中モードを作ることができるので、効果はあるでしょう。

しかし、カフェインは「慢性的ストレス」には効くのですが、「急性的ストレス」にはあまり効果はないといえます。

なので、普段からかかっているストレスである「慢性ストレス」には効果はありますが、

急な「パニック」「イライラ」などのストレスである「急性ストレス」にはあまり効果はないといえます。

ただ、コーヒーは体に悪いというものではないので、普段から摂取していると良いでしょう。

運動する

仕事などがあれば当然出来るものではないですが、休みの日などは少し外に出て運動するように心がけましょう。

普段からのストレス解消ができれば貧乏ゆすりを抑える効果は期待できますし、何より運動をすることで健康的になれます。

その健康こそが血行の良し悪しに繋がり、冷えの対策などにもつながり、結果として貧乏ゆすりを抑えると言えるのです。

なので、少しの時間でもジョギングやランニング、スクワットなどで体の代謝を上げ、血行を良くすると良いといえます。

ストレッチをする

これも運動と同様、家にいるときに出来る事ですが、ストレッチも血行を良くし、冷え性対策などとしても用いられる方法の1つです。

なので、外に出て運動はちょっと・・・という方であればせめても「ストレッチ」は行いましょう。

足を動かす

これは貧乏ゆすりをしましょうと言う事ではなく、「足を組む」「伸ばす」「交差させる」「閉じる」など、

両足の足の裏を地面につけさせないことで貧乏ゆすりを抑えます。

これはどの場面でも行いやすいですから、オススメの方法と言えます。

まとめ

貧乏ゆすりは他人を不快にさせてしまう行動の1つです。

ですが、本人は自覚があって行っていると言う事はほとんどありません。

無意識での行動なので、出来るなら周りにいる方でストレスに感じるのであれば

「足元を見ない」「離れる」などをして振動や視覚から外れる様にすることも大事です。

ですが、それも出来ないという方は「本人に指摘をして改善方法を試みる」と言う事が大事です。

治るとはいいがたいですし、治るまでには時間もかかるでしょうが、やらないで我慢して周りがストレスを受けるなら

行動してストレスを減らす方法をとるのが良いといえます。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ