冷え性で汗かきはあり得るの?体質改善策は新陳代謝を上げる方法が良い!?


夏には良く見かける「汗かき」な人。

誰でも汗はかきますが、滝が流れているかの如く額から汗が滴り落ちる人を多く見かけます。

このような「汗かき」と言われる人の特徴は「スポーツマン」「肥満」等といった方をイメージするでしょう。

確かにそのイメージは正解なのですが、

「冷え性」という「汗かき」とは真逆なのではとも思える方にも「汗かき」が多いと言われています。

なぜ冷え性なのに汗かきなのか想像もつかないと思いますが、しっかりとした理由があるのです。

今回は「冷え症なのに汗かき」についてお話していきます。

冷え性で汗かきの原因とは?

スポンサードリンク

暑い10

冷え性で汗かきという方は多いと言われています。

そもそも冷え性は女性に特に多く、男性ももちろん存在します。

冷え性は「血行不良」によって心臓から遠い部分である「手先」や「足先」などを主として血液の循環が著しく低下し、

「手先」「足先」などの細部が冷たくなってしまい、「冷え性」が生じるといえます。

実は「冷え性なのに汗かき」というのは「当然」と言える人間の働きと言えるのです。

冷え性なのに汗かきの原因は、「水分過多」と「自律神経が乱れている」からくるものと言えます。

水分の代謝が悪い

冷え性2

冷え性なのに汗かきなのは「上半身と下半身の冷え方に違いが表れている」と言えます。

大体の方は「下半身が冷えていて上半身の温度は高い」のです。

冷えているとされる「下半身」は水分の代謝が悪くなり、体内に余っている水分を排出する為に「汗」をかくのです。

これが「冷え性だけど汗をかく」という原因なのです。

上半身の温度が高いのを発汗によって下げることができるという事にもつながります。

また、そもそもこの水分代謝が低いとされる原因は「内蔵の冷え」から来るものとされています。

冷え性の方は一般的な平熱である36.3℃~36.5℃よりも1℃以上低いこともあり、内蔵も冷えるのです。

内蔵の平熱は37℃程度ですが、冷え性の方の平熱は1℃以上低いこともあるため、

内蔵の熱も1℃以上低くなっていることがあるのです。

その為、内蔵の機能は低下し、水分でいえば「腎臓」などに影響を及ぼし、結果的に水分代謝に響くわけです。

自律神経の乱れ

泣く2

自律神経は「交感神経」「副交感神経」の2つが交互に優位に立ち、バランスを保つことで人間は何事もなく生活していられます。

しかし、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることであらゆる人間の機能に障害が起こります。

この機能が正しく出来ない状態となった時に「汗をかく」ことがあるのです。

汗をかくという行動は「交感神経」が関係しており、

この交感神経は「何かに集中している時」や「緊張しているとき」などの場合に働く神経で、

この交感神経が「自律神経の乱れ」によって活発化してしまう事があると言う事なのです。

自律神経の乱れは主に「ストレス」が主な原因です。

「不眠症」「偏食」「人間関係」「仕事」「家庭事情」など様々なことが原因で乱れてしまいますので、

こういったストレスとなるものを排除していかなければ自律神経のバランスを上手く保てないのです。

逆に保つことが出来れば「汗かき」の改善につながるといえます。

女性に多いのは脂肪が多いから

女性3

女性は「冷え性が多い」とされています。

その理由の1つとして「脂肪が多い」からと言えるのです。

脂肪は一見、体を守ってくれるコートみたいなものと想像しがちですが、

脂肪は冷えることで「温まりにくい」という性質を持ちます。

「冷え」がそのまま冷えを招いてしまうと言う事になってしまいますので「冷え性」となることが多いのです。

また、脂肪が多い上に「筋肉量が少ない」ということから、筋肉によって生まれる熱が少ないので冷え性になるとも言えます。

体質改善策について

スポンサードリンク

では、「冷え性なのに汗かき」というものを改善するには

どうすればいいのかというと、体質の改善を試みると言う事が大事です。

難しく思われがちですが、しっかりと取り組むことで改善できると言えるので、是非行ってみると良いでしょう。

そんな改善策とは以下の通りです。

運動・ストレッチ

冷え性のそもそもの原因は「血行が悪い」と言う事ですので、

やはりストレッチをして「体全体に血液を巡らせる」ことをし、そのあとに運動することです。

運動は歩いたり軽く走ったりすることで十分です。

食生活の改善

食事3

食生活の乱れは体の乱れと言えますから、やはり食生活はしっかりと見直し、

「タンパク質」をしっかりと摂りながらバランスの良い食事にすることでストレスの緩和も行えるといえますから、

余りに偏った食事をしないことが大事です。

また、女性では「ダイエット」をする方が非常に多いですが、ダイエットは食の偏りが余りにもひどいですから、

しっかりと栄養を摂り、熱を作り出すことができる体にすることが大事です。

筋肉を作る

運動という事もありますが、少し意識的に筋肉をつけることが大事とも言えます。

筋肉を動かすことで「熱を作り出す」と言えるので、多少なりで良いので筋肉を使う事を意識して生活してみましょう。

出来たらスクワットなどの有酸素運動でなおかつ筋肉を使用する方法が良いといえます。

露出を避ける服装にする

男性も女性も「肌の露出する」と言う事があるでしょう。

男性は夏では裸で過ごす、冬でも薄着といった方、女性では冬でもスカートなどを履いている方もいます。

それでは「冷え性が悪化する」と言う事に繋がりますから、こういったことも「冷え性」なのだとすると控えた方が良いです。

睡眠の妨げを無くす

スマホ4

寝る前にスマホの操作やPCの操作、読書、夜食などなど、本当に様々なことをしてしまう方もいるでしょう。

しかし、これらが「睡眠の邪魔」をしているのです。

不眠症の原因は「寝る前の上記の行動が原因」と言えますから、

より快眠に近づけて「ストレス」から遠ざける生活にすることが大事です。

過度の水分補給はやめる

「冷え性による汗かき」には「過剰な水分補給」は控えた方が良いです。

体内の水分が余分にあまると言う事が言えていますから、それを防ぐにも過剰な水分補給や止めましょう。

入浴する

風呂3

入浴することで「副交感神経」を優位に働かせることができますし、何より体全体からの汗腺から汗が出ることによって

汗腺本来の働き方をしてくれるようになります。

出来れば「ぬるま湯」と言える温度である38℃程のお湯に心臓より下まで浸かることが大事です。

十分汗をかいて上がった後は「クーラー」などの体を冷やすことに繋がる行為はやめましょう。

多少暑くても「じっとしている」または「うちわで仰ぐ」程度にすることで「体温調節機能を高める」ことができます。

まとめ

いかがでしたか?

冷え性でも汗かきと言う事はむしろ当然と言える事もわかり、

それを克服するのはやはり「寒い」「冷たい」という行為を避ける事、そして「ストレスを溜めない」と言う事、

そして何より「運動や筋肉をつける」という「代謝を上げる」と言う事が大事なのです。

冷え性が治ると汗かきも治る可能性が高いですし、汗かきが治った時には冷え性は改善されているともいえるでしょう。

スポンサードリンク

・「冬に汗かきは異常なの?どうすればいいの?」


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ