片目だけ二重が気になる人必見!原因と治し方を簡単完全攻略!


人間は左右非対称な生き物だと言われています。

そんなあなたは今、「片方だけ二重」で困っていることはありませんか?

いきなり片方だけが一重になったという方や、二重になったという方、

生まれつき片方だけ二重だという方もいるでしょう。

女性は特にメイクの関係で悩める部分でもあるでしょう。しかし、そんな方に必見です!!

この記事では、片方だけ二重になったという人に向けた、原因や解決方法を簡単に紹介していきます。

片方だけ二重は意外とふつう?!

スポンサードリンク

片方だけ二重に悩んでいる方は本当に多いです。

しかし、現実には多くの方が悩んでいるにも関わらず対処せずに普通の生活を送っています。

恐らく、気にすれば気にするほど気になってしまったという方がこのように悩んでしまうものです。

片方だけ二重というのは生まれつきの方もいますし、いきなりなってしまったという方がいます。

「一重」「二重」というのは遺伝するものでもあり、

途中で突然一重になったり二重になったりすることも良くあるのです。

また、現代において、今まで一重だったのが二重になったという方や、

二重になったという方が多いのは当たり前といえば当たり前なのです。

それはどういうことなのか見ていきましょう。

原因は複数ある

遺伝との関係

まず、元から片方だけ二重という方には「遺伝」が考えられます。

遺伝と言っても、あくまで確率論なのでハッキリしたものではありません。

親からの遺伝子を受け継ぐのは当たり前で、良い部分悪い部分があるのは当然です。

それは顔だったり、身長だったり、一重・二重だったりするわけです。

まぶたに関しては、両親が二重同士でも両目二重・片目二重・一重の子供が生まれることもありますし、

片目だけ二重同市の両親でも両目二重・片目二重・一重の子供が生まれる確率はあるのです。

しかし、両親がどちらも一重だった場合のみ一重の子供しか生まれません。

なので、片方だけ二重で生まれてくる確率は決して少なくないことがわかります。

環境によっても変わる

一重でも二重でも関係しているのは「まぶた」です。

このまぶたに関係してくるのが、実は「環境」によっても変化すると言われています。

北海道は日本の中でも寒さが強く、沖縄では逆に年中比較的暖かい気候となっています。

この環境の違いによって、まぶたに変化をもたらすというのです。

例えば寒いと言われる北海道などでは、「魚」のように寒さから身を守るのにまぶたに脂肪がつき、

まぶたが分厚くなりやすくなるために一重となる方が一般と比べて多いと言われています。

逆に、比較的年中暖かい沖縄などでは目に汗が入らないようにするため、

まぶたは環境に応じて変化をもたらすともいえるのです。

目の使い過ぎによるむくみ

目12

現代では特にこの現象が起こりやすいとも言いましたが、まさにこれが原因です。

最近はスマホやPCが当たり前となっているため、朝から夜中まで集中して目を使う事が増えています。

目の使い過ぎによって疲労がどんどんたまります。

これによって目の周りの筋肉が硬くなっていき、血流も次第に悪くなり、結果的に「むくみ」に繋がることがあります。

流行りでもある「ホットアイマスク」などは目の周りを温めることで目の周りにある筋肉をほぐす効果があります。

ドライアイや肩こり、そして頭痛などが起こっていませんか?

これらは目の使い過ぎからも起こる症状です。

肌の乾燥

乾燥肌の方や、乾燥しやすい時期ともなれば、目の周りのまぶたも乾燥しやすくなります。

まぶたの乾燥によってシワができやすくなってしまう事があります。

アイプチやまぶたを開ききることが多い方、仰向けで寝ていて枕などによってまぶたに癖がついてしまう方など、

これらの状況によっても癖がつき、片方だけ二重になることも考えられます。

目の周りにだけ多めの化粧水、美容液、乳液を塗ってみましょう。

すると、目の開き具合なども変わってくるはずです。

治し方について

スポンサードリンク

目の周りを温める

まずはこの方法を試してみましょう。

ホットアイマスクや、蒸しタオルを目に当て、目の周りまで暖まるようにおいてください。

10分~15分程度で問題ないので、毎日続けてみましょう。

使う時間としては、目を使い過ぎた後や、寝る前などが良いです。

まぶたの筋肉の運動

まぶたの筋肉は目の使い過ぎによって固くなってしまい、血流が悪くなってしまうので、

筋肉の運動を行います。

まぶたを大きく開く(5秒間)

    ↓

まぶたを通常に戻す(5秒間)

    ↓

まぶたに力を入れて閉じる(5秒間)

これを毎日5セット程繰り返しましょう。

目を使い過ぎた後などに行うと良いです。

コツはまぶた以外は力を抜くこと、

そして閉じるときは「ホラー映画などで怖いシーンは見たくない!!」

「ジェットコースターで落ちるとき」という感じで閉じると良いです。

癖をつけるようにする

目13

アイプチなどでも言える事ですが、これは日々、

片方の一重をアイプチなどによって二重へと癖づけることも大事です。

実際に、寝ているときに癖がついた結果、片方だけ二重になるなどがあり得るのですから、

起きている時に癖をつけるようにすることで治すことは十分に可能となります。

水分を摂り過ぎない

水分の摂り過ぎによってむくみに繋がることもあることから、

あくまでも、水分はガブガブと飲むものではなく、こまめにちびちびと飲むことをオススメします。

また、夏場であれば塩分も一緒に摂ると「熱中症対策」などに繋がります。

・「熱中症対策に最高な食べ物・飲み物厳選しました!!」

適度な運動を

やはり何事にも「運動」は必要不可欠です。

運動することによって、代謝が良くなります。

血流が良くなるということになりますので、むくみなどの防止だけでなく、

目の使い過ぎの緩和、ストレス解消にもつながり、快眠にもつながります。

ストレッチだけでも血流の悪化を防止できますので、とにかくやってみる事です。

食事のバランス

食べ過ぎによる肥満などであれば、まぶたへの脂肪も多くなることも考えられますから、

当然食べ過ぎは厳禁ですし、バランスの悪い食事なども厳禁です。

脂っこいものばかりでは血液がサラサラの状態からドロドロの状態になることも考えられます。

なので、人間の「雑食」を活かしてなんでも食べるように心がけましょう。

まとめ

目11

片方だけ二重というのは全く問題ある事ではありません。

実際には意外にも多いとも言われています。

しかし、今はアイプチやテープなどといったメイク道具などによってわからないだけとも言えます。

ただ、どうしても気になるという方は上記の原因にしっかりと向き合い、

原因を突き止めたうえで治して行くようにすると良いでしょう。

簡単に治せる方法ばかりですから、ぜひぜひやってみて下さい!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ