キーンという高音の耳鳴りの原因は?片耳だけ響くのを治す方法とは?


耳鳴りとは不快なものですよね。

なるべくなら起きて欲しくないものですが、突然起きる可能性もあるんです。

では、キーンと片耳だけに聞こえる耳鳴りは、どういった原因で起きているのでしょうか

今回は、その原因や対処法などについて探っていきたいと思います。

耳鳴りはなぜなるのか

スポンサードリンク

耳5

実際に鳴っていないはずの音が何故聞こえるのかという耳鳴りの原因については、

まだきちんとわかっていないんです。

ただ、外耳から中耳へ、そして内耳や聴神経を通過して脳に伝わる、

その経路のどこかに、何か異常が発生してしまっていることも、考えられるでしょう。

耳鳴りでありがちなのは、『感音系』という内耳から脳までの部分である、

音を認識する部分に異常が発生する、『感音系難聴』が原因となっているものなんですね。

感音系に異常が出て、聴力がなくなってきてしまうと、

脳は電気信号を受けてもっと聞こえるようになるために、聴神経が良く感じられるようにするんです。

そうすることで、通常は不要な電気信号も受け取ります

それが耳鳴りの原因ではないかとも言われているんですよ。

耳鳴りに種類はあるの?

耳2

キーンという高い音

キーンという高い音がする耳鳴りは、加齢も1つの原因です。

加齢によって耳の機能が衰えてきてしまうと聞こえるんです。

高い音が聞こえにくくなることで、高い音の耳鳴りがするんですね。

低いボーという音も聞こえることが!

耳が閉じているように感じられる耳鳴りです。

めまいも引き起こす、メニエール病の場合に起こることもあるでしょう。

低い音が聞こえにくくなる、低音難聴の前兆でもなることがあります。

・「メニエール病って何?」

両耳の耳鳴りについて

両耳の耳鳴りについても、加齢が原因であることが多いですね。

両耳が聞こえにくくなってきますが、自身でも気付きやすいと言えますよ。

なので、処置も早期のうちにできるでしょう。

ただ、長い期間に渡る場合などは、突発性難聴になりかけていることも考えられます。

突発性難聴は、耳の循環に障害が起きることや、

ウイルスに感染していることなども原因としてあげられるでしょう。

片耳だけ耳鳴りがする!なんで!?

スポンサードリンク

片耳のみの耳鳴りは、若い方でもなりますよ。

もう一方の耳には異常がなく、通常通り聞こえるという特徴もあります。

なので、対処が遅れてしまうケースも少なくないんです。

もしかしたら、ストレスが原因となっているかもしれませんよ。

片耳だけ「キーン」という耳鳴りがある時の治し方とは?

片耳だけの耳鳴りには、ストレスを緩和していくことが大事です。

また、肩コリを解消されることや、しっかりと睡眠を取ることも改善方法の1つです。

寝る

とは言え、一番重要なことは、早期に耳鼻咽喉科を受診されることですよ。

そして、両耳なのか片耳なのか、聞こえる耳鳴りの音について、

しっかりと医師に告げるようにしたいものです。

ならないようにする予防法はあるの?

耳4

キノコの一種である冬虫夏草は、血流を増加させて脳を安定させてくれるんです。

なので、耳鳴りにもなりにくくさせてくれるのではないでしょうか。

耳の後ろ辺りを温めてあげることも予防法となりますよ。

適度に運動をすることも、耳鳴りを予防する方法になるでしょう。

また、黒豆を食べることも予防法の1つです。

ミネラルやリノール酸といった成分が含まれていますので、

栄養分を耳の血管まで行き渡らせることができるからなんです。

・「飛行機に乗って耳が痛くなった時の対処法!」

まとめ

耳鳴りというのは、音が外耳から脳に到達するまでに、

異常が発生してしまうことで起きることが多いんですね。

そして、加齢も1つの原因となっているのです。

聞こえる耳鳴りにも種類があり、

加齢やストレスも原因と考えられる『キーン』という音などがあります

ストレスを解消させることも改善方法ですが、

耳鳴りになったなら、耳鼻咽喉科を受診されることも大事となります。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ