むずむず脚症候群で夜も眠れないその原因とは?あなたも安心対処法!!


あなたは「足のむずむず」ともいえる「かゆみ」「そわそわ」などのどうしようもない状態に陥ったことはありませんか?

むしろ今その状況ではありませんか?

それはもしかしたら「むずむず脚症候群」かもしれません。

病気なの?どうすればいいの?と困惑する方もいるかもしれませんが、しっかりと対処する方法はあるのです。

では、その「むずむず脚症候群」はなぜ起きたのか、そしてどうすれば治るのかについて解説していきます。

むずむず脚症候群とは?

スポンサードリンク

脚5

むずむず脚症候群とは別名「レストレスレッグス症候群」「下肢静止不能症候群」とも言われ、

1960年代にアメリカにて報告された病と言います。

このむずむず脚症候群は日本に100万人以上はいるとされている病で、

主に足(太もも・ふくらはぎなど)にむずむずとした何かが中で動いているような気味の悪い痒さや

チクチクとした刺す痛みなどが起こる病の事を言います。

このむずむず脚症候群は脚と言いながらも「腕」「背中」「顔」「胸」などの体の至る所で起こる病とされています。

特に寝ている時などに症状が現れ、じっとしてはいられなく、歩いたり運動りたりすることで緩和されることもありますが、

横なることで再び症状が襲ってくることもあります。

また就寝中も自身の意思ではない「足をける」といった行動をすることも確認されています。

むずむず脚症候群の原因とは?

脚4

むずむず脚症候群になってしまうそもそもの原因とは今のところ「解明されていない」と言います。

しかし、これが発端ではないか?という原因が挙げられているのは確かです。

鉄分不足によるドーパミンの機能低下

鉄分は必須微量栄養素とも言われ、人間に欠かせないものであり、

これが不足すると「貧血」「生理不順」「妊娠しづらい」「発育機能の低下」など人間には欠かせないものという事がわかります。

この鉄分が不足する事で、脳への鉄分が減少するだけでなく、

人間の運動機能をコントロールする「ドーパミン」の分泌量も減ってしまいます。

これによって「ドーパミンの減少=正しいコントロールが出来ない」となり、脳内に間違った情報を伝達してしまうのです。

その間違った情報が「むずむず脚症候群」という神経疾患を引き起こすことが原因とされています。

栄養不足

これは「鉄分不足」とも言えますが、これは女性に特に多いと言われています。

女性は男性と違い、「妊娠」「出産」「月経」「過度なダイエット」などをしてしまう事で

体内の栄養素が不十分となり、特に鉄分が不足してしまう結果、「貧血」となるのです。

そしてむずむず脚症候群はこれらが原因と言われていることもあって、その根本は「栄養不足」とも言えるのです。

遺伝

これも定かではありませんが、「遺伝」という説もあります。

実際にデータから行くと、「発症している家系には先代から発症している」というデータがあるのです。

なので、もしかすると「遺伝子」に何らかの原因があるともいえるのです。

むずむず脚症候群の対処法とは?

肌荒れ

むずむず脚症候群の症状は「耐えられないかゆみ」「激しい痛み」など人それぞれ違うのですが、

このむずむず脚症候群をどうしても抑えたいと思う人でいっぱいでしょう。

そんなむずむず脚症候群の対処法はどうすればいいのか。

カフェイン・アルコール・喫煙などの過剰摂取

スポンサードリンク

まずあるのが「カフェイン」「アルコール」「喫煙」による過剰摂取・ならびに就寝前の摂取は控えましょう。

むずむず脚症候群は「不眠症」と思われることが多い事が言われています。

これによって「カフェイン」はリラックスモードを作るだけでなく眠気覚ましにも効果を発揮すると言われていることから、

カフェインの過剰摂取はもちろん、就寝前の摂取はむずむず脚症候群の発症を促す事にもなるのでやめましょう。

「アルコール」は不眠を救うとも言われますが、実は逆効果。

アルコールが体内に入ることで「最初はリラックスモード(副交感神経が優位)」なのですが、

アルコール分解をするにあたって、「集中モード(交感神経が優位)」になってしまう為、

睡眠を浅くしてしまう事に繋がるのです。

そして「喫煙」によって「一酸化炭素」と「ヘモグロビン」が結びつきやすくなり、酸欠の原因となることで結果的に「貧血」に繋がります。

なので、これらの嗜好品と言える部類に当たるものは「過剰摂取」「就寝前」はやめることが重要です。

バランスの良い食事

これは人間にとって「重要事項」です。

偏食であることによって「鉄分不足」のみならず、あらゆる栄養素が不足してしまいますから、

栄養ある食事を心がけることが重要です。

その為にも「バランスの良い食事」を摂りつつ、鉄分補給をしましょう。

鉄分は自主的に摂取しても吸収しづらいものもあります。

鉄分には「ヘム鉄」「非ヘム鉄」とがあり、「ヘム鉄」は肉や魚などに多く含まれる鉄分で、

「非ヘム鉄」は野菜や海藻に多く含まれるとされています。

この「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」では「吸収スピード」が違い、「ヘム鉄」の方が吸収が早いので、

なるべくヘム鉄を摂取するのが良いですが、「非ヘム鉄」でもビタミンCと一緒に摂取することで

効率よく吸収できますので、どちらを摂取しても問題はないでしょう。

鉄分を含む食品

✔肉類(レバー含む)

✔魚類(煮干し・イワシ・カツオなど)

✔豆類(大豆・きな粉・ソラマメ・エンドウ豆・納豆など)

✔海藻類(あおのり・ひじき・わかめ・昆布など)

✔野菜類(パセリ・小松菜・切り干し大根・グリーンピースなど)

この中には「ほうれん草を含んでおりませんが、「ほうれん草」は言うほど鉄分を多く含んでいません。

しかし、鉄分の吸収を含めるビタミンCも含まれているため、吸収スピードが速いのが特徴なのです。

マッサージ・柔軟体操

太もも2

普段からマッサージや柔軟体操をしていると「体全体に血液が流れやすくなる」という

血流アップにつながることから、心臓から遠い部分にある「足」にも効果があるのです。

それだけでなく、代謝もアップするのでより快眠に繋げることができます。

運動する

これはマッサージなどを連動して行えばより良い結果をもたらすでしょう。

これを含めたマッサージ等によって筋肉のコリを解消させることで軽減できるとされています。

どうしてもというときは「病院に行く」のが良いです。

やはりこのむずむず脚症候群は「神経疾患」と言える病で、

「睡眠」にもつながる人間にとっては重要な要素の妨げとなるものです。

なので、本当にどうしようもない場合は「神経病院」や病院内にある「神経内科」などで受診しましょう。

ドーパミンの機能向上を高める薬などが支給されるかと思います。

・「むずむず脚症候群は完治するの?」

まとめ

むずむず脚症候群は本当につらいものと言われており、しかも日本の人口の1万人以上は超えると言い、

多くの方が悩まれている病の1つなのです。

そして、原因はハッキリはわかっていないですが、「症状を抑える対処法」をしっかりと行う事で

緩和できる可能性は十分あるので、やらずに辛い想いをされるのなら、行動してみてから症状の具合を見た方が良いでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ