内蔵の冷え性!?お腹の冷えによる症状と誰でも簡単改善方法!!


夏はエアコンで、冬は気温などでお腹が冷えてしまうのは誰しも経験がある事でしょう。

体はそうでもないのに、お腹を触ると「冷たい」なんてことはありませんか?

しかし、その冷えこそ実は内蔵の冷え性ともいえる事態となっているのです。

内蔵の冷え性と聞くとわかりにくいかと思いますが、それは一体どういうことなのか。

今回はお腹の冷えと内蔵の冷え性の原因と症状、そして誰でもできる簡単な改善方法をご紹介します!!

お腹だけが冷たい!!その原因とは?

スポンサードリンク

夏でも冬でも関係なくお腹が冷えているなんてことはありませんか?

また、お腹だけが冷たい状態などになった経験はありませんか?

そして、手足などの部位は暖かいなんてことはありませんか?

それらがあるとすれば「内蔵の冷え性」を発症しているかもしれません。

夏で汗だくだけど、お腹を触るとかなり冷えているというのは多くの人が経験しているかと思います。

そのような状態が続くと、あらゆる不健康をもたらすことになるのです。

内蔵の冷え性というのはその名の通り「内蔵が冷えている状態」で、

体の表面でなく、内側が冷えている状態になっていることを言います。

なので、服などの厚着で体を温めてもお腹は冷たいなんてこともあるのです。

内蔵の冷え性の原因とは

冷え性

お腹の冷えの原因とされる「内蔵の冷え性」ですが、

この内蔵の冷え性となる原因は本当に様々です。

夏の冷房

やはり夏は冷房をガンガンかけてしまう会社なども多く、

仕事という環境の中で体の冷えを強く感じてしまったり、

家のなかでも冷房を強めにかけて体を冷やしてしまうことで体の冷えに繋がり、

内蔵の冷え性となってしまう可能性があります。

体が冷えてお腹が痛くなってきたなどという症状があるとすれば、内蔵の冷えが来ているかもしれません。

冷たい食べ物や飲み物の摂取

そうめん

こちらも夏には多いとされる冷たい食べ物や飲み物の摂取量が多いと内蔵の冷えに繋がります。

食は体の内側に入っていくもので、胃腸を通過しますから、お腹が冷たい状況を作ってしまいます。

冷たい食べ物で代表して言えるのは「そうめん」「スイカ」「アイスクリーム」「水分」などは夏になると食べる量が増えることが多いです。

これらは水分を多く含み、冷たい食べ物としても言える、冷え性としてはあまり良くない食べ物飲み物ですから、

キンキンに冷えた食べ物や飲み物を飲食してクールダウンしたいところですが、控えなければなりません。

運動不足

運動不足となると、体の血液の流れがどんどん悪くなり、エネルギー消費をしてくれる基礎代謝が下がることで、

内蔵機能の低下を引き起こす事に繋がります。

内蔵も血行不良に左右されますので、血流を向上することが大事と言えるのです。

夏は暑くて動きたくもないし、冬は寒くて外に出たくないなどとなれば代謝が下がる一方なので、

運動不足は内蔵の冷え性を皮切りに、不健康な状態を作ってしまう原因といえます。

ストレスなどによる自律神経の乱れ

ストレス

人間だれしもストレスは感じるものですが、

現代ではインターネットなどの普及により、夜中での携帯やパソコン、ゲームなどなど

私生活の乱れを引き起こす原因となるものが増えてきています。

また、仕事などの過労やストレス、ダイエットによる食生活の乱れなど、

日々ストレスを感じやすくなっている現代では自律神経が乱れやすくなり、

リラックスモードとなる副交感神経とは真逆の緊張状態を示す「交感神経」が優位に働くことで、

血流が悪くなり、その結果として冷えを伴う事があります。

甘党

ケーキ

女性は特に甘党(あまとう)が多い傾向にあります。

甘味料と言える砂糖を含む「陰性食物」は比較的暖かい国で収穫されることから、

体を冷やす作用があるとされており、甘いケーキやお菓子などは体を冷やしてしまう原因となります。

冷え性が女性に多いというのも納得できる1つの理由と言えるでしょう。

生理・妊婦

女性は生理がありますが、生理前となれば女性ホルモンの1つである「プロゲステロン」によって

体温上昇により子宮付近を温める状態となりますが、生理中となると、

このプロゲステロンが減少することに加えて、

子宮の収縮の働きを促す「プロスタグランジン」というホルモンの影響によって

血管の収縮させる働きが起こることで血流の悪化を招き、冷えを発症させてしまうことに繋がります。

また、妊婦も冷えやすいとされています。

妊婦はホルモンバランスが崩れやすいことや、お腹の大きさや重量があることで姿勢の悪化につながり、

結果として血行不良となることから冷えを発症させてしまうとされています。

内蔵の冷え性による症状

スポンサードリンク

風邪などの病気になりやすくなる

風邪

体には免疫力があります。

これは体が病に負けないようにという抵抗力といえますが、

この免疫力は体温と関係があり、内蔵の冷え性は体温の低下ともいえ、

体温の低下は免疫力を大幅に下げてしまうのです。

風邪などで高熱が出ることがありますが、それは体温を上げることで外敵となるウィルスと戦う事が出来るようになります。

しかし、逆に体温が低ければウィルスと戦う事が出来なくなるのです。

と言う事から、内蔵の冷え性は風邪などの病気にかかりやすくなると言えるのです。

体温が1度下がれば約30%の免疫力が失われ、体温が1度上がると平熱の5倍以上免疫力がアップすると言われています。

肌トラブルや抜け毛が多くなる

肌荒れ

何かと女性には困りものですが、内蔵の冷え性は血行不良ともいえる状態ですから、

体に十分な栄養を運ぶことができず、肌へのトラブルへとつながります。

また、内蔵の冷え性はストレスとも関係がありますから、当然ストレスと肌トラブルにもつながっているのです。

これは抜け毛にも同じこと言えます。

抜け毛の原因の1つとして、血行不良があります。

同じく頭部にまで栄養が行き渡らない状態になると、毛根に栄養が行かなくなり、

細くて弱々しい毛が生えてくるようになり、抜け毛が多くなるとも言われています。

便秘や下痢

お腹が冷えるとお腹が痛くなるなどとあるように、下痢を引き起こすこともあります。

また、内蔵の冷え性は腸の冷えともいえる為、腸内の活動が鈍くなり、

便秘を引き起こす原因にもなるのです。

・「つらい便秘による腹痛や吐き気!!どうやって治すの?」

思考力低下

うつ

血行不良などで内蔵の冷えなどがあると、脳への血液の流れも当然悪くなり、

脳への栄養不足を招くことになり、パフォーマンス能力が下がります。

思考力の低下が挙げられ、ダルさ等にもつながり、最悪はうつ状態を引き起こします。

内蔵の冷え性を改善する方法

白湯(さゆ)を飲む

白湯はコストもかからずに気軽にできるのみもので、

冷え性の方には代謝を上げる効果がある飲み物にもなります。

常温の水でもいいですが、白湯を飲むことでそもそも内蔵を温める効果があるので、

急激な冷えから守ることもできます。

陽性食物を飲食する

ニンニク

先ほども触れましたが、食物には「陰性」「陽性」があり、

暑い国で収穫されたものは「陰性食物」と言われ、体を冷やす作用があるものが多いです。

一方で、寒い国で収穫されたものは「陽性食物」と言われ、体を温める作用があるものが多いです。

砂糖などの甘いものは体を冷やすといいましたが、

陽性食物を摂取することで体を温めることができるので、冷えから守ることができます。

陽性食物の代表例は「しょうが」「にんにく」「ごぼう」「梅干し」「ウナギ」「サバ」「マグロ」

「牛肉」「豚肉」「ハム」などが陽性食物の代表例といえます。

生活の質を上げる

睡眠

今までの生活では何らかの原因があることで冷えが発症しています。

生活の質を上げることで「内蔵の冷え」から守ることが出来ますが、

それは「食事」「睡眠」「環境」といった、普段の中で変えられる部分を少しずつ変えましょう。

まずは夜中までおきて携帯などをいじらないこと。

そしてしっかりとした「陽性食物」を取り入れながらもバランスの良い健康的な食事を心がけ、

仕事などでのストレスをなるべく発散できるような趣味や好きなことを日々取り入れるようにしましょう。

腹巻などをする

保温効果のある「ヒートテック」などの衣服をはじめ、腹巻などをすることで体の冷えを取り除きましょう。

生理などでは特にお腹付近を温め、血行不良を引き起こさないようにすることで、改善されることもあります。

シャワーよりも入浴をする

忙しかったり、時間がないという方もいますが、なるべく入浴をしてリラックスモードに入り、

そして体全体の血流を良くすることが非常に大事です。

これによって副交感神経が優位に働き、ストレスの緩和や血管の膨張などに繋がり、

睡眠の質を上げることをはじめ、冷えの対策として効果があるといえます。

なるべく温度は低めでゆっくりと浸かることが大事です。

有酸素運動をする

運動

運動不足は血行不良を招く1つの要素ですので、運動不足を解消することが大事です。

酸素を多く取り入れながら行う有酸素運動を行う事で、脳への栄養も十分に行き届き、

体への栄養補充もできるだけでなく、血流も良くなることから、

ウォーキングでもエアロバイクでもいいですし、料理の時のかかと上げ運動でもいいです。

大事なのはしっかりと行う事です。

また、運動前と後にストレッチを挟むとより良いでしょう。

姿勢を変える

何時間もの間デスクワークをしたりすると、同じ姿勢が続きます。

これでは血行不良を招きますので、1時間に10分でいいので休憩をはさんだり、姿勢を変えましょう。

猫背で長時間いるなどは避け、リラックスできる程度に良い姿勢を心がけましょう。

妊婦などの方もなるべく同じ体勢は避けて、少しでも動くなどして体を動かしましょう。

まとめ

内蔵の冷え性は意外にも多くの方が発症しています。

これは女性だけでなく男性にも言えますが、現代ではハードワークなどにより、

運動不足やストレスを感じやすい環境になりつつあります。

これらの環境を少しでも変えるようにし、生活の質を上げ、体の冷えを改善することが大事です。

また、夏に特に冷えるという方は冷たい食べ物や陰性食物を食べ過ぎないように注意が必要です。

急に治ることはありませんが、毎日続ける継続力が健康体への1歩となることが言えます。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ