なんか嫌われてる気がする・・・今すぐ確認出来る10の診断!


共存しなければ生きていけないと言われるこの世界で、孤立は本当に怖いものである。

しかし、今現在、「私って嫌われているのでは?」と自分を疑う人は多い。

どうすればいいんだろう・・・嫌われたくない・・・こう思うのは仕方がない事。

ですが、実は「勘違い」も多い。では、勘違いを起こして精神がヤバくならないうちに診断してみよう。

もしかしたら、明日からあなたは気持ちがすっきりとして何事も無かったように生きていけるか、

これから苦労する日々が始まるのかは診断次第です。

なんか嫌われてる気がするというのは実は勘違いが多い。

スポンサードリンク

なんか嫌われている気がするという人は実はかなり多いです。

多いのは「職場」と「学校」が非常に多く、それに次いで「ママ友関係」「嫁姑」となるでしょう。

たしかに、自分が通るとなぜかヒソヒソ話をされると言う事であれば、何かしら原因があるのかもしれません。

しかし、自分に思い当たる点が無い場合、それは勘違いの場合も良くあります。

今までに「ドラマ」などを見た事が無いという人は少ないかと思います。

ドラマでは「いじめ」などをテーマにするドラマも多いです。

実はその影響が大きいとも言えます。

ドラマで見た影響は大きく、「視覚」「聴覚」「記憶」の3拍子が揃っているため、

ドラマであったことを自分のことのように置き換えやすくなってしまいます。

なので、簡単に言うと「被害妄想」も多くなってしまいます。

何か嫌われてる気がするという主な理由

喧嘩6

そもそも、なんか嫌われてる気がするというのは勘違いも多いと言いましたが、

一体どういう事が言えるのかというと、「何かをしてしまった」と言う事が原因にもなります。

自分では気づかないようなことでも、相手からすると何か感じてしまうものです。

最近でいうと「LINE」などでのやり取りや「ツイッターのつぶやき」などが当てはまります。

何気ない一言が相手にとっては嫌なことに繋がり、そこから連鎖していって嫌われるパターンがあります。

こういったことがあれば、次の日からはなんか避けられている気がするように感じてしまうものです。

なので、「なんか嫌われてる気がする」という主な理由は「自分にある」ともいえるのです。

なんか嫌われている気がすると感じる人の簡単診断!!

では、なんか嫌われている気がすると感じる人は実際にこちらの診断をしてみましょう。

ただ、これだけで完全に診断できるものでは無いので、以下の解決方法も一緒にお読みください。

  • 周りが急に話しかけてくれなくなった
  • 自分が喋るとなんか笑い声などが聞こえてくる(ざわつく)
  • 頼みごとが明らかに増えた
  • グループに入れてもらえなくなった
  • あきらかな既読無視
  • 挨拶の返事が来ない
  • 目を合わせてくれない
  • ”忙しい”とはぐらかされる
  • ”イジリ”が始まった又は多くなった
  • 通路を通ると自分を見てくる

この中で、1つ当てはまったくらいでは特に異常はないといえます。

しかし、返事も無ければ既読もされないし、目すら合わせてくれないなどとなればすでに嫌われているかもしれません。

また、自分が喋るだけで周りがざわつくと言う事があるとしても、それは何か違う事が話題になったのかもしれません。

毎回ざわつくのであれば、この1つでも嫌われているまたは何かが関係しているといえます。

人間関係はかなり難しいものなので、1つの言葉で相手から嫌われる事すらあると言う事は覚えておきましょう。

原因がわからない・・・

スポンサードリンク

自分はいつも通りの事をしているのに何か嫌われている気がするというのは、

「いつも通り」ではないのかもしれません。

それは自分が思い込んでいるだけで、相手にはとてもつらい何かがあったのかもしれません。

では、嫌われてる気がするとなる原因は何があるのでしょうか。

相手に何気ない一言を浴びせてしまった

多いのはこのパターンです。

普段の日常会話のなかで、相手に対して何気ない「グサッ」とくる一言を軽はずみに口に出してしまった可能性です。

もちろん、自分は相手に対してのアドバイスだったりするのかもしれませんが、

相手にとってはそれは「傷つく」「不快」などととらえられてしまう可能性もあります。

いつもいる友達でも、たった一言で関係が崩れる程の言葉はありますので、相手の事をしっかりと理解することです。

モテ男モテ女

モテる4

実はこれだけでも嫌われてしまう対象となる場合もあります。

それは単なる「ひがみ」ともいえる行為です。

モテる人は当然、これまでに複数の相手と交際なりをしますが、これによって周りは「チャラい」と判断し、

自分の中で「無い」と判断し、「モテる」というプラスの要素によって嫌われてしまう事もあります。

これも「自分」が原因と言える1つですが、正直可哀想でもあります。

コンプレックスが大きい

これは人間仕方のないことですが、それでも嫌われているかも?という対象になりがちです。

避けられるともいえるでしょう。

例えば「目つきが悪い」「髪が薄い」「髪のパサつきがある」「多汗症」「色白・色黒」「うるさい」など。

しかし、これらの場合は最初の段階で嫌われるかもという対象となることが多いです。

自己中

自己中心的という言葉がありますが、これはかなり嫌われやすい事の1つです。

自分が1番という考えは悪いものとは思いません。

しかしこれは1人から見た結果で、多くの人の場合は「嫌・無理」と感じる場合が圧倒的でしょう。

KYなどもそうですが、「こいつマジ無理」と思われても仕方がない事です。

素っ気ない態度をとってしまった

今忙しいから等といい、そのまま相手を放置したりはしていませんか?

それはもしかしたら相手にとっては大事な要件だったのかもしれません。

しかし、それを「忙しい」などで素っ気なく対応されたとしたら、それはもちろん相手にとっては良い思いはしません。

自分が嫌な事は相手にも同じように感じてしまいます。

嫌われたくないのであれば

泣きそう

嫌われているかも?と疑いがあるのではなく、明らかに嫌われている方は

「嫌われる人のオススメ解決方法」を見ていただくと良いのですが、

自分の行動や言動を日々チェックしてみてください。

1日にどんな言葉を使っているのか。

どういった内容の会話をしているのか。

どんな行動をしているのか。

それだけで十分なので、まずは自身の行動をチェックしていきましょう。

嫌われても良いという選択肢もある

人は嫌われたくないと思う人が多いですが、

それは「自分が縛られている状態」で、自分の自由が利かない状態でもあります。

簡単に言うと、周りに合わせている状況ともいえるでしょう。

出来る人ほど「KY」だというように、嫌われても良いから自分らしく生きようと思うというポジティブ思考も必要です。

ポジティブになると何もかもが変わります。

周りには今までのような「精神が削られる環境」とは異なり、自分らしく生きている者同士が集まるので、

かなり楽で楽しい毎日を過ごすことができますし、日々向上していくでしょう。

なので、相手を明らかに傷つける言葉などは別問題ですが、自分らしさを存分に出してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ