膿栓が口臭の原因!?臭玉除去して口臭予防!!今すぐにできる対策とは?


膿栓というものを聞いたことがあるでしょうか。

何やら、これは口臭の原因となっているようなのです。

口臭は、自分も不快なものですが、周囲の人も不快にさせてしまうものですね。

なるべく取り除いていきたいものなのではないでしょうか。

そこで今回は、膿栓を除去する方法や予防する方法などについてご紹介していきたいと思います。

膿栓とは

スポンサードリンク

膿栓は、別の呼び方では『くさい玉』とも呼ばれます。

これは、喉の扁桃腺の近くに出来るかたまりなんです。

一体何なのかと言うと、細菌や白血球が死んだものです。

大きさについては、塊が出来た時にもよるのですが、

1ミリの時や数センチに及ぶ時もあるんですよ。

どの程度育つかによっても変わってくるんですね。

色については乳白色をしているのが通常なんです。

この膿栓は、口臭の原因にもなる厄介な代物なのですよ。

触るととてつもなく臭いものであり、指に臭いが付いてしまうんです。

膿栓を除去する方法は?

自分で膿栓を取る方法としては、喉の奥まで水を入れてうがいをするという方法が簡単です。

水を一旦口から出してからも粘膜に付着している汚れが取れるように、

できるだけ唾液を出すようにするのです。

その他にも、綿棒で除去する方法や、シャワーを当てて飛ばすなどの方法があります。

綿棒

また、針のない注射器を用いる方法もありますが、この方法は喉を傷付けてしまいかねません

それに、膿栓を取るのは簡単ではないですし、取れてもそれで二度とできなくなるわけでもないことを知っておきましょう。

膿栓は誰でもできることが考えられるものなので、耳鼻咽喉科でも取ってくれないこともあるかもしれませんが、

耳鼻咽喉科に出向いて膿栓を取ってもらえるように、頼んでみることも一案ではないでしょうか。

また、膿栓を放置するとどうなるのかについては以下を参照ください。

・「膿栓の放置はどうなるの?」

膿栓を溜めないようにする予防対策は?

うがい3

うがいをすること

膿栓を予防するなら、除去の所でもお伝えした、うがいをすることが適していますよ。

口臭を予防できる効果が期待できる『イソジン』などが特に良いでしょう。

喉の奥でしっかりとうがいをすることが大事なんです。

ブラシで磨く方法

下の歯茎の内側部分にある、下顎の凹んでいる部分を、

喉の奥側まで磨くという方法もありますよ。

オエッと嘔吐いてしまいそうになるかもしれませんが、口内もさっぱりするんですね。

膿栓も防ぐことができるでしょう。

本当に膿栓が原因の口臭なの?

スポンサードリンク

生理的口臭とは

通常の口の臭いに加えて、アルコールや喫煙、そして食べ物などの臭いによっても口臭が生じます

食べ物としては、ニンニクやニラ、ネギなどが臭いやすいと言えるでしょう。

アルコールも、本人にはわかり辛いものの結構臭ってしまいますよ。

もし自分で『臭ってるかな?』と思ったなら、ニンニクを食べていないかなどを思い返してみると良いですね。

病的口臭もある

病気によって口臭がすることもあります。

口の中の場合だと、虫歯や歯周病、口内炎などが挙げられます。

蓄膿症や扁桃炎などの、鼻や喉の病気によっても口臭が起こる可能性があるでしょう。

さらに、胃炎や胃拡張といった胃の病気も口臭の要因となりますよ。

そして、慢性気管支炎などの呼吸器系の病気も注意が必要ですね。

まとめ

膿栓は、扁桃腺の近くにできるもので、細菌などの死骸の塊なのです。

口臭の原因ともなるものであり、触れると強烈な臭いを放ちます。

膿栓を取るなら、うがいをすることなどの方法がありますが、

耳鼻咽喉科でも取ってくれるところがあるでしょう。

膿栓の予防にもうがいが適していますが、ブラシで顎の内側をみがくことで口内がさっぱりとするでしょう。

膿栓以外の口臭の原因としては、口内炎などの口内の病気もありますが、

ニンニクなどの食事、そしてアルコールなども原因となります。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ