寒い日にラーメンなどの暖かいものを食べると鼻水が出る理由と対策!


寒い日に暖かいもの食べたくなるのは当たり前!

ラーメンや暖かい鍋は体の芯から暖まるおいしい食べ物ですが、それと同時にどうしても出てしまうのが鼻水。

ズルズルとすすって食べるラーメンと同時に鼻水もズルズルなんて経験はありませんか?

なぜラーメンなどの暖かい物を食べると鼻水が出るのでしょうか。そんな理由と対策をご紹介します!

寒い日のラーメンや暖かいものを食べると鼻水が出る理由

スポンサードリンク

寒い日にラーメンや暖かいものを食べると鼻水が出る理由ですが、

実は寒い日でなくてもラーメンでなくても「暖かいもの」を食べると鼻水が出る仕組みができています。

鼻は呼吸する部位でもあり、鼻呼吸の際、外気の温度を調節して体温と同じくらいの温度にして肺に送る様にできています。

暖かい食べ物を食べるときは鼻に暖かい蒸気(空気)が入り、肺に流れていきますが、

このままだと暖かい蒸気がそのまま肺に入るため、粘膜や肺が損傷してしまう可能性があります。

そうならない為に鼻に入った暖かい空気が鼻の奥で熱い空気を冷やすように、

鼻水を出すことで肺に行くまでに熱い空気の温度を出来るだけ下げて肺や粘膜を守っているのです。

逆に冷たい空気が入ってきた時、冷たい空気を暖めるために鼻の奥にある毛細血管が活発化し、血流を促進させます。

血流が良くなることで鼻水が出やすくなってしまうと言う事です。

寒い日やラーメン以外でも鼻水は出る

おでん

寒い日にラーメンや暖かいものを食べると鼻水が出るという原理は説明しましたが、

特に寒い日でなくてもラーメン以外でも「冷たい空気」「暖かい空気」が鼻を通ることで鼻水は出てしまいます。

ただ、冷たい空気も暖かい空気も存在する「寒い日」である冬などに特に鼻水が出やすいのは

「気温差が激しく生じるから」という理由も含まれます。

ラーメンなどの暖かい食べ物を食べるときは暖かい空気を吸うのに対して、

食べないときは冷たい空気を吸うのが冬の寒い日ですから、仕方がない事でもあります。

ラーメンをすする時は口呼吸になるけど

ラーメンを食べるときは、麺類なので日本人はすするかと思います。

しかし、すすると言っても鼻呼吸は全くしていないわけではなく、微妙に暖かい空気を吸いあげています。

また、暖かい蒸気は上に上にあがっていきますので、自然と鼻に入ってしまう事も原因といえます。

なので、ラーメンをすする際の口呼吸でも鼻水が出てしまうと言えるのです。

汗をかくのと同じようなもの

人間の機能として暑いと感じるときは体から汗を放出して熱を外に逃がします。

鼻水はこれと一緒と言う事が言えます。

鼻が熱いと感じたら汗ではなく鼻水を出すと言うことと一緒と言えます。

体のダメージを軽減するための機能なので、粘膜や肺と汗の放出による体温調節は関係ないですが、

「熱い=体から汗(鼻水)放出する」は共通点と言えるのです。

鼻水が出ないようにするには

スポンサードリンク

なるべく冷ます

ラーメン

鍋物だと、お皿に移して食べる方が多いかと思いますが、

その際にはしっかりと冷まし、蒸気が直撃しないような工夫をしましょう。

ラーメンなどの麺類は直接食べなけることが多い食べ物ですが、

デートで恥ずかしい思いをしたくないなどの女性は、

時間をかけてでもゆっくり、そしてレンゲを使用して麺を冷ましてから食べると良いです。

あくまでも、ラーメン鉢に近づかないような工夫としての方法ですが、

直接食べたい場合でも麺はよく冷まし、ラーメン鉢の真上に顔を持っていくのではなく、

ラーメン鉢の端っこの方に顔を持っていき、垂直にすするのではなく、斜め又は横にすすりましょう。

すすらない

ラーメンなどをすするという行為は日本人なら基本の食べ方ですし、

すすらない人は苦手という方もいるのですが、

すすることで鼻の防衛本能が作動しますので、なるべくはすすらない方がよいです。

すするとしても勢いよくすすることは避け、やんわりとすするようにすることである程度回避は出来ます。

1番良いのは上記に挙げた「レンゲに麺を移して冷ましてからすすらずに食べる」という方法です。

鼻をかむ

鼻水

簡単な方法は手っ取り早く鼻をかむことです。

やはり鼻水が出ることを完全に防ぐことは難しいので、出来るだけ上記のような対策をしたうえで、

出てきそうな分の鼻をかむことで解決できます。

しかし、何度も鼻をかむと粘膜・毛細血管に傷をつけたりする可能性もありますので、

鼻をかむときは静かに力まずに鼻をかみ、なるべく回数を減らすと良いでしょう。

まとめ

ラーメンを食べると鼻水が出るのは仕方がない事ではあります。

しかし、なるべく防ぐことは出来るので、出来るだけの対策をするのがベストです。

そして1番鼻水が出やすい状況は、冬の寒い日に外で暖かい食べ物を食べる事です。

ラーメンなどは1番温度差が出やすい食べ物でもありますから、

シチュエーションにも気を付けるとデートなどでの食べ物としてもハードルは下がります。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ