秋の健康管理に注意!?バテや疲れを予防する旬の食べ物と効果は?


朝晩はめっきり涼しくなりましたが、日中はまだまだ暑いですよね。

食欲の秋、運動の秋と、昔から良く言われていましたが、最近はバテ気味の方が多いです。

そこで、なぜこの清々しい秋にバテが来るのか?そのバテの予防はないのか考えて見ましょう。

スポンサードリンク

秋には秋バテがある!?

秋バテ

秋を向かえる9月下旬ごろから、次第に現れる秋バテの症状。

暑い夏だからこそ現れる夏バテの症状とは違い、

涼しくなった秋になって現れる秋バテにも、

だるい、食欲不振、胃の調子が悪いなど色々な症状が現れます。

夏の疲れがそのまま残って、秋口の季節の変わり目に出るのが秋バテです。

秋バテの症状にはいくつかありますが、

以下の症状のある場合は夏の疲れによる秋バテと考えて良いでしょう。

・だるい、疲れやすい

・食欲不振、胃が持たれる

・胃腸の調子が悪い

・頭がぼーっとする

・立ちくらみ頭痛、めまい

・睡眠不足、朝すっきりと起きれない

・風邪をひきやすい

・目の疲れ、肩こり

・ストレスを感じやすい

健康管理を気軽にしたいけど・・・     

運動2

健康管理はしたいのだけど?

と難しく考えないで出来る事から気軽にやってみませんか。

お風呂はぬるめのお湯でゆっくり入って下さい。

ついつい夏と勘違いしてシャワーで済ませがちですが、

できるだけ湯船に入ってリラックスして下さい。

睡眠はしっかりとるようにしましょう。

秋バテ予防&解消はゆっくり休養する必要があります。

可能ならアウトドアの予定など入れずにして、

しっかり休養睡眠もしっかりとるようにしましょう。

・軽い運動をする

軽い運動をする事により脳内で身体を活性化させ

るホルモン分泌されるため秋バテ解消につながります。

朝か夕方にウォーキングを30分程度で良いです。

もし難しければ、通勤時に遠回りして歩いて行く程度でも良いです。

・身体をあたためる服装をする

日中はまだまだ暑いので、夏と同じように露出度の高い服装になる事が多いですが、

朝晩はかなり気温が下がって来ますので身体が冷えないように衣服にも気を配ることが必要です。

例えば朝夕のために羽織れるものを一枚用意するだけでも大事な事です。

スポンサードリンク

疲れ予防の旬の食べ物はある!?

栗2

夏の間は、キュウリやスイカなど身体を冷やす食べ物が多かったはずです。

秋の旬の食材で秋バテを解消するには、

サツマイモやシイタケなど消化を助け、身体を温める食材を使いましょう。

◆サツマイモ

消化器系の働きを高め、胃腸を丈夫にします。

気力がない時やストレスのために食欲がない時も効果的です。

サツマイモのビタミンCは熱に強いので温めて食べても摂取できます。

植物繊維も豊富なので、便秘がちな人にも良いです。

◆栗

栗は胃腸を丈夫にし、血液の流れを良くする働きがあります。

ビタミンB1、ビタミンCが豊富で、疲労回復の効果があります。

シンプルにパックに入った剥き栗を食べるもよし、栗ごはんも良いですね。

◆サンマ

サンマは胃腸を温め、疲労を取り除く効果が期待できます。

良質なたんぱく質と、血液をサラサラにするDHAを含んでいますのでバッチリです。

ビタミンB12やビタミンA・D・Eなど栄養の宝庫です。

疲れ予防以外にも効果のある旬のオススメ食材は?

かぼちゃ

秋バテは、身体を温める事が一番良いようです。

サツマイモとネギとショウガを使ったお粥が良いですね。

普通のお粥ではなく、サツマイモとネギとショウガを使ったお粥がより身体をやさしく温めます。

大根のおでんも味が染みていればいる程食欲を掻き立てますからグッドです。

かぼちゃスープも見逃せません。

かぼちゃは煮物にしても美味しいので、ぜひあたたかいうちに食べた方が良いですよ。

秋の収穫物は、胃に負担を掛ける食べ物があまりありませんから、

野菜類を温野菜にして食べたりするのもありですね。

まとめ

要は、夏の疲れが秋に来たという事が秋バテの最も多い原因ですから、

その原因が分かれば食欲の秋です。

無理のないようにしながら、秋の旬の食材で秋バテを吹き飛ばして下さい。

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ