足の冷え性がヤバイ!感覚無い位冷たい!ジンジャーやココアが効果的?


冬の悩みはと問われて足の冷え性!!

と答える方も多いのではないでしょうか。

足の冷え性で一番嫌なのは、

寝ようと思っても足が冷えていて眠れないことではないでしょうか。

色々工夫をしても改善しない方が多いと思います。

今回は「足の冷え性」について考えてみたいと思います!!

スポンサードリンク

足の冷え性がヤバすぎる!原因は?

足

自分のものとは思えないほどの足先の冷え性で、

眠れない夜を毎晩過ごさなければならない冬の季節となります。

感覚がマヒして何枚もの靴下を履いたりしても、

なかなか改善できないとあきらめている人も多いのではないでしょうか。

そもそも私たちの身体は、血液を使用して体温の調整をしています。

例えば、身体が温かいと汗をかいて熱を逃がすため、

血の循環をよくして皮膚の表面を温めます。

反対に体が冷えてしまうと熱が逃げないように、

血管を収縮して熱が逃げるのを防いでくれます。

皆さん知っていましたか、人間の血管の99%が毛細血管だということを。

その毛細血管は髪の毛の14分の1の細さなのです。

ミクロの世界の細さですが、

その毛細血管の中を血液が循環することで体温のコントロールをしています。

足先の冷え性の原因として考えられるのが、

人間の血管を一本の線にしてしまえば、

地球を「2周半」するほどの長さになります。

心臓から一番遠い足先まで血液を送るのですから

心臓は大変な重労働を強いられています。

特に心臓の周りには、命を守る色々な臓器がありますので、

心臓としてもそちらの方を優先的に血液を送ることになります。

手足などはいつも後回しになるのです。

足の筋肉は一つの塊と考えがちですが、実は足の筋肉は4層に分かれています。

しかし最近では、温かくするため靴下の重ね履きや、

ヒールや革靴を履いているため足を柔軟に動かすことが出来なくなってきています。

これにより、足先の筋肉は凝り固まり、

中を通る血管は必要以上に圧迫され、血の巡りが悪くなり冷え性を引き起こします。

あまりに冷え性がひどいときは?

冷え性

あまりにも冷え性がひどいときには、即効性の効果がある方法があります。

足先の先に唐辛子を入れておくということです。

ただしそのまま入れると、唐辛子の成分で足先が痛くなるほどですから、

唐辛子が漏れない内袋を作って靴下の足先に入れておくということです。

何日間か続けることによって、じんわりと温めてくれます。

スポンサードリンク

運動は冷えた手足に効果的?

屈伸運動をしてみましょう!!

ふくらはぎは第二の心臓と言われている場所です。

屈伸をすることにより体の血流を良くし、

足先だけではなく手先まで血流を良くします。

1回で10回程度、1日に2~3回ほど行うといいでしょう。

ふくらはぎマッサージも有効的です。

力を入れなくてもいいですので苦にはなりません。

やり方としては下から上へと優しく揉み上げていきます。

しかし残念ながらこの二つの運動はその場限りのものですから、

1日15分程度で良いですからジョギングをオススメします。

ダラダラ歩くのではなく、サッササッサ歩くことです。

予防・対策はジンジャーやホットココアがオススメ?

足先の冷え性は、血流が滞り冷えてしまいます。

末端の冷えを解消するには体内から温め、

意外な身近な飲み物が体の芯から温めてくれるようです。

・生姜

生姜

冷え取り食材としてお馴染みの生姜ですが、

生姜であれば何でもいいというわけではありません。

体を温める効果の高いショウガオール

生の生姜にはほとんど含まれていないのです。

生の生姜を加熱・乾燥することでショウガの辛み成分である

ジンゲロールがショウガオールに変わります。

冷え性対策のためにショウガを食べるのであれば、

加熱・乾燥してあるジンジャーパウダーがオススメです。

・ココア

ココア

カカオ豆に含まれる「エピカテキン」は、

血管内皮細胞の動きを活発にさせ、

血管そのものを広げる効果があることがわかっています。

ココアは手足まで全体に血液が行き渡るようになり、

かつ結了が増加した状態を保つことが出来るそうです。

スポンサードリンク

まとめ

とにかくこの冷え性は昼間もそうですが、

夜になると猛威を振るってきます。

足先が冷えてどれだけ対策をしても眠れないという悪循環を増幅してしまいます。

冷え性対策を述べてきましたが、一度試してみてください。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ