春の眠気とだるさがヤバイ理由!何もしたくない自分を治す方法とは?


最近外も暖かくなってきたな~。

こんなことを言っているあなた・・・「春になると妙に眠くなる」「だるい」

こんなことありませんか?

もしかしてこれ病気なのかな?とも思える

「やる気の出なさ」が気になってしまうものです。

そんな春を迎えると襲われる「眠気」「だるさ」はなぜ現れるのか。

そして、これを治す方法についてをお話ししていきます。

スポンサードリンク

春になると眠気やだるさが襲う原因とは?

眠い

春になると毎年なぜか眠いしだるいなどが起こる結果、

家でただただ寝て過ごす毎日を送っている人はいると思います。

「やる気」が湧かないので、外に出たくもなくなってしまうと言う事に繋がるのです。

これにはいくつかの原因があるのですが、「季節の変わり目」が関係しているようです。

自律神経のバランスが崩れる

人間には呼吸や体温調節などを操る「自律神経」という軸ともいえる神経があります。

この自律神経にも「交感神経」「副交感神経」が存在しており、

おもに「緊張モード」の時は「交感神経」が活発に働き、

「リラックスモード」の時は「副交感神経」が活発に働きます。

普段はこの2つの自律神経がバランスを保つことで

人間は正常でいられるのですが、何かが起こることで

自治津神経に乱れが生じると人間の軸部分が崩れるわけですから

体に様々な変化が起こります。

この自律神経は夏には「リラックスモード」と言われる副交感神経が活発になり、

冬には「緊張モード」の交感神経が活発となるのですが、

春は自律神経のモード切替が行われる不安定な時期なのです。

このバランスの乱れが「眠気」「だるさ」を引き起こす原因ともされています。

なんせ、春と秋は「朝と夜の寒暖の差が激しい」こともあり、

体が体温調節に敏感になります。

こうなってしまうと、いつどのタイミングで体を温めるのが良いのか、

冷やす方が良いのかの乱れが生じ、

本来は夜中の副交感神経が活発な時間帯は「体温は低下」するため、

夜に眠ることができますが、体温の上げ下げのタイミングがわからなくなり、

結果的に「不眠症」となり、昼間の時間帯に急な眠気が襲う事態に陥ると言う事です。

これが「眠気」「だるさ」へと直結します。

コルチゾールの増加とセロトニンの減少

一見難しい用語に思えますが、理由はかなり簡単です。

まず、コルチゾールという物質は「ストレスホルモン」と言われる物質で、

ストレスを感じることで「コルチゾール」の分泌量が普段よりも多く増加し、

「ストレス」による「食欲不振」「不眠症」「うつ病」などが考えられるようになり、

この進行が進むことによって「何もしたくない」という「だるさ」が襲うのです。

また、それにセットで「幸せホルモン」と呼ばれる「セロトニン」が減少しています。

このセロトニンは「精神安定」「睡眠の質を上げる」のに必要な物質で、

ストレスなどを感じると幸せホルモンと呼ばれるだけあって、

セロトニンの分泌が減少します。

このセロトニンが不足することで起こることは

コルチゾールと関連していることから、「不眠症」「だるさ」「疲労感」などの

まさに春に良くある症状が該当するのです。

では、これらが原因で春の病気とも言える「眠気」「だるさ」が治るのかと言う事です。

スポンサードリンク

春の「眠気」「だるさ」を治すには

セロトニンを増やす

セロトニンの減少で「春の眠気やだるさ」が生じているのなら、

その元々の原因を取り除かなければいけないでしょう。

このセロトニンを増やすには様々な方法がありますが、

1番いい方法として、「ウォーキング・ジョギング」をする事です。

セロトニンが不足する原因として運動不足が原因ともなります。

運動することでセロトニンが増えるだろうということが言えますが、

それだけでなく、運動することで「快楽ホルモン」である

「エンドルフィン」という物質も分泌されます。

エンドルフィンには「忍耐力」「集中力」など活発になることもあり、

更には「快眠効果」も出てくるので、本当にこの方法は実に良いのです。

運動時間は15分~30分運動することで十分な効果は得られます。

運動2

これができれば「エンドルフィン」はドバドバ分泌され、

満足感なども得られるので、だるいから何も行動出来ない

といった時にでも行動がしやすくなります。

「だるい」という自分が嫌で治したいという方はこの脱出方法が最適です。

なので、まずは運動をしてセロトニン&エンドルフィンの効果を大いに発揮することが大事です。

それと共に、「ストレスホルモン」と言われている

「コルチゾール」の分泌も一定量程度まで減少させることが大事です!!

ビタミン不足を解消する

ビタミンが不足していると「眠気」「だるさ」の原因ともなってしまうのです。

冬と春では行動の仕方が変わります。

春の方が気温もあたたくなり、雪なども解けていく季節の為、

冬よりは比較的外に出る行動が目立つようになると思います。

そのため体の動き方が活発になるため、

冬では足りていたかもしれないいつもの食事での

栄養が足りなくなる可能性があると言う事です。

特に内蔵の動きがより活発になることで糖質などをからエネルギーを作る事の中で

この「ビタミンB」が不足する事態に陥るというのです。

なので、「ビタミンB」をバランスの良い食事の中で取り入れる必要も出てきます。

食事

このビタミンBは主に「レバー類」「ウナギ」「納豆」「牛乳」「卵」などに多く含まれているので、

しっかりとバランスを考えた食事を心がけているだけでビタミンBは摂取しやすくなっています。

そのことから、「バランスの良い食事」がカギを握るとも言えます。

また、食事をする際には「咀嚼(そしゃく)」に気を遣うようにするべきです。

しっかりと食べ物を噛まないと胃腸に負担を掛けてしまい、

無駄な体力を使ってしまいます。

その結果、「質の悪い睡眠」となることにつながる可能性もあり、

結果的に「眠気」「だるさ」にも繋がりやすくなります。

このことから、歯の重要な役目である「咀嚼」をしっかりとして

胃腸に負担を掛けないことで食後などの眠気なども軽減できますので、

この方法も忘れてはいけません。

仮眠をとる

寝る

眠気やだるさがある場合、どうしても「昼間」でさえ数時間と寝てしまう

こともあるのではと思います。

仕事の場合は寝ることは出来なくても「やる気」が起きない為、

非常に仕事効率が悪くなったりもしているはずです。

このことから、仮眠をとることをオススメしたいのですが、

「仮眠」は15分にとどめることが重要です。

30分以上の仮眠となると、脳は仮眠としてではなくもはや睡眠として解釈する。

この結果、起きてもまた再び眠気が襲ってくる可能性があります。

1回の仮眠で15分程度なら簡単な疲労回復を行うとともに

集中力も取り戻せるため、「だるい」といったやる気のない自分から

抜け出せる可能性も十分にあります。

もしも昼寝しなきゃもう限界という方がいるのであれば、

1度、15分程の休憩を使い小休止してみることをオススメします。

また、この方法と共に「習慣化」させるのも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は春の眠気やだるさについてお話ししましたが、

体内で分泌される物質を上手くコントロールできるような

生活習慣などを心がけ、睡眠(仮眠)の時間もなるべく時間を決めて

習慣化させていきましょう!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ