冬のキムチは健康に良い!辛い成分が風邪や美肌への効果・効能に?


発酵食品と言えば、日本人であれば味噌であり納豆ですが

韓国を代表汁食品では「キムチ」でしょう。

最近では色々な食べ方があり、もちろんそのままおかずとしても美味しいですし、

冬の代表的な食べ方はキムチ鍋が結構大人気ですね!!

今回はこの「キムチに」ついてお話ししましょう!!

スポンサードリンク

キムチは健康に良いの?

キムチ

韓国では寒い冬の野菜不足など補うために保存食として作られている漬物です。

考え方は日本人と変わりませんね。

キムチの主材料は白菜が多く、その他大根やキュウリなども使用します。

それに塩やトウガラシ、魚介類の塩辛、ニンニクなどを混ぜ合わせて作られた漬物です。

今では日本人の口に合わせたキムチが量販店などで多く販売されています。

キムチは健康食品としても知られ、生きたまま腸まで届く

「ラクトバチルス」という乳酸菌が多く含まれており、

腸の働きを活性化します。それに加え免疫力も活性化されます。

上記でも述べたように、キムチの主原材料は白菜です。

これには食物繊維が多く含まれていますので、

キムチを食べると便秘予防にもなるといわれています。

冬のキムチの辛さで暖まるのは風邪予防になるの?

熱い

キムチに使われている唐辛子含まれているカプサイシンですが、

身体の抵抗力と代謝を高めて内臓脂肪を燃やしてくれますので、

血流を促進し体を温めてくれますので風邪などの予防には最適です。

夏風邪にもですが、冬の風邪にも効果を十分発揮してくれます。

毎日の食卓にキムチを加えることにより風邪予防を促進してくれますので、

キムチを日常食材として取り入れてみてはいかがでしょうか!!

スポンサードリンク

辛みの成分「カプサイシン」の効果と効能

辛い

キムチに使われている唐辛子にも健康にとっても良い効果があります。

カプサイシンは唐辛子に含まれている辛み成分なのです。

カプサイシンは食欲を増す力があります。

真夏などに夏バテ気味の方が食欲増進のためにキムチ鍋を食べるという方も多くいます。

カプサイシンは脂肪を燃焼させる力も備わっています。

キムチを食べて、運動することによりダイエット効果もあるのではないでしょうか。

カプサイシンには脂肪を燃焼してくれますので発汗作用も兼ね備えています。

一般的に冷え性やむくみを抑える効果があるようです。

しかし、キムチの食べすぎには気を付けてください。

特に辛いキムチの食べすぎは要注意です。

味や味覚に異常をきたす場合があると言います!!

何事も適量にということです。

美肌効果が強いから韓国人は肌が綺麗?

韓国人

韓国女性には肌のきめ細かい女性が多いといわれます。

美肌の原因は韓国の食生活にキムチが欠かせないからだそうです。

キムチは野菜中心の食品です。

それにまったく加熱せずに作られていますので、

美肌効果のあるビタミンCやビタミンBが

全く壊れずに発酵することにより効率よくビタミンB、Cを摂取できるのです。

またキムチに欠かせない唐辛子には新陳代謝を促進するカプサイシンが含まれ、

血行をよくして肌を活性化させてくれる効果があります。

上記でも述べたようにキムチには乳酸菌という

女性にはありがたいものが多く含まれています。

乳酸菌は健康だけでなく、美容にも大きな働きをしてくれます。

腸内ではたくさんの乳酸菌が働いていますが、

キムチの善玉菌がさらに胃腸を活性化させています。

主原料の野菜類に含まれている食物繊維が

善玉菌のえさになりパワーアップし相乗効果を発揮してくれます。

乳酸菌と食物繊維は便秘解消効果も期待でき、

便秘は大腸に溜まった便から出る毒素を腸の壁に吸収して全身を巡ります。

この毒素を皮膚から外へ排出しようとして、肌荒れや吹き出物ができます。

それを予防するのがキムチに含まれている乳酸菌(善玉菌)なのです。

カプサイシンの刺激は脂肪分解リパーゼという酵素を助ける働きがあり、

体脂肪分解してエネルギーとして消費するというダイエットに必要な働きも併せ持っています。

スポンサードリンク

まとめ

こうしてみるとキムチは言うことのない食品に見えてきます。

しかし上記でも述べたように食べすぎには気を付けてくださいね!!

食事はバランスが大事です!!

バナナダイエットやリンゴダイエットの様に、

結果は痩せても後に響いていては意味ないですからね!!笑


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ