健康診断の費用が高い!!無職必見の安くする方法とは?


健康診断は企業で働く方にとっては

会社から提供される健康診断などが多いでしょう。

この場合は費用は会社で負担していることが多いでしょうから

日にちさえあえば何も気にする必要はありません。

ですが、会社で受診できるはずが体調不良によって受診出来なかったり、

就職する前の方や無職の方は自身で健康診断を受診しに行かなければなりません。

この自身で受診する健康診断は費用が掛かかり「高い」のです。

今回は無職の方でも必見の「健康診断を安くする方法」についてお話ししていきます。

・「健康診断前日に絶食すると体に影響はあるの?」

スポンサードリンク

健康診断の費用の相場はどれくらい?

疑問3

まず、健康診断を自身で受診しなければいけないことになった場合、

どれくらいの値段が掛かるのか。

会社での健康診断と同様の項目が必要ですので、

それなりの費用が掛かってしまいます。

以下に健康診断の相場等を記載しています。

✔健康診断の金額の相場:1万円前後

✔健康診断の所要時間:空いている場合で30分~45分、混雑時で1時間~1時間半

✔健康診断の結果報告までの期間:血液検査無しで即日又は翌日、血液検査有りで3日前後

これらは平均的なものとなっており、もちろん状況によって変動はあります。

ですが、健康診断の費用としては通常であれば1万円程で受診できるでしょう。

健康診断の費用で安い所と高い所がある理由

健康診断3

健康診断を自身で受診することになった場合、

受診する場所によって値段が大きく変わることがあります。

少し離れた病院では8000円なのに、近くの病院では13000円何てことも・・・。

なぜこのような値段の差が生まれるのでしょうか。

それにははっきりとした理由があります。

それが「保険適用外」という事です。

通常の風邪などで保険証などを提出するともちろん

保険適用となり本人は3割負担のみで済むところ、

この健康診断に至っては「保険で補う事が出来ない」のです。

なので、病院側は自由な値段設定をすることができます。

例え5000円でも、2万円でもいいのです。

ですが、受診項目は同じ・・・こういう結果となるのです。

どこで受診するのが安いのか

では、それだけ値段に差があるのならどこで受診すればいいのか。

安くなる場所や方法について解説していきます。

近くの病院に電話で聞いてみる

携帯3

これが1番安心で絶対的な方法です。

何故なら、必要な検査項目が揃っていることがほとんどで

日にちも基本的には設定しやすく、

料金も安い所に決めればいいのです。

また、検査結果も比較的早めに出ますし、

会社等に提出するための「診断書」の発行も比較的早いです。

ただ、1番安い方法かといわれると何とも言えません。

保険適用外なので、値段設定はあくまでも病院側です。

保健所(地域の自治体)

こちらは破格の値段で健康診断を受診できる場合があります。

場合によっては無料ということもあるようで、お金がかかるとしても

3000~4000円もあれば受診できてしまうのですが、

日にちの指定等により、急ぎでの場合や

会社に提出するためなどでは不便といえます。

何より、そのほかにも条件があるとされていて

「年齢制限」「生活保護者」などの限定条件が付いてくる場合があるのも厄介な所です。

個人開業クリニック・診療所

診療所

個人で行われているクリニックや診療所では

一般的な病院よりも2000円程安く受診することができる場合も多くあります。

なので、値段的に言うとかなりオススメですが、

ここでもネックとなるのは「日にちの指定」「混雑」などが考えられます。

特に小さめの1人で回している診療所などでは

そこまで混雑していなくても回転率が悪いので

長時間待つことになることもありますし、

診断書の発行も時間がかかる可能性が高いです。

何より「全ての項目が受診出来るわけではない」といえます。

総合病院みたい最先端の機器が全て揃っているのとは違い、

紹介状などを書かれて大きい病院に移される可能性もあるのです。

特に「血液検査」などは診療所では出来ないこともあり、

結局大きい病院で受診することになる可能性もあります。

健康診断の専門機関

こちらは「健診専門クリニック」などと言われる機関の事です。

このような専門的なクリニックでは

「値段の割安」「スピード」「安心」の三拍子です。

ただ、格安とまではいかなく安くても7000円程での受診となるでしょう。

また、そのクリニックにはよりますが、専門スタッフも多いことから

すぐに健診を終えることができます。

結果も病院よりももちろん早いです。

何より専門としているクリニックなので、

早急な健康診断が必要などといった場合は

こちらの専門クリニックがまだ安くて早いのでオススメといえます。

主に「定期健診」などといった項目での受診となるでしょう。

スポンサードリンク

1番良い方法はどういった方法なのか

困る2

このように場所によって「料金の安さ」「早さ」「デメリット」などがわかりましたが、

1番良い場所と方法はどのような方法なのか。

それは「自身の近くの病院に電話して値段を聞く」ことから始めて、

安かったところをピックアップします。

そしてそのあとに近くの診療所に電話して値段と受けられる項目を聞き、

値段の差を出しましょう。

そして最後に専門クリニックでの費用を電話で聞きましょう。

専門クリニックでは会社に必要な項目などは全て熟知しているので

項目までは言わなくても大丈夫ですが、聞かれた場合は答えましょう。

なのでまとめると

1.近くの病院に電話をして相場を出す

2.近くの診療所等に電話で値段と受診可能項目を聞く

3.健診専門クリニックに電話をして値段を聞く

これらの流れで聞くとスムーズです。

何故この流れかというと、

1番の病院は基本となる受診方法なので、

こちらでの相場を出さなければ

安く受診することは不可能でしょう。

そして2番の近くの診療所というのは病院で安い所を発見したら

その安い病院と診療所で値段の比較をします。

例え診療所の方が安くても「受診出来ない項目がある」となれば

病院に的を絞れます。

最後に3番の健診専門クリニックですが、

ここに電話するのが早い場合は「近くにある場合」でしょう。

住んでいるところによっては健診専門クリニックは無いので、

少し遠くても良いという場合は3番目に

最後の砦として電話するのが良いでしょう。

また、こちらに電話する際の質問する項目は以下の通りです。

✔自身の年齢

✔健康診断の受診日時

✔診断書発行までの日数

✔料金

✔必要な検査項目

✔健康診断の所要時間

これらを聞いておくと不安材料は無くなるでしょう。

このような手順で安い所を探すことで、

「安い場所」に巡り合える可能性は高まる」と言えますので、

例え無職の方でも費用について悩むことも少なくなるかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

やはり「健康診断」となると何かと費用が高いことが引っかかります。

もっと安く出来るのでは?と考える方は多いでしょう。

その時は上記の方法で考えてみるのも良いです。

ただし、圧倒的に安くても「所要日数」「必要項目」がしっかり備わっているかを

確認したうえで受診しましょう。

スポンサードリンク

・「健康診断前日に飲んでも良い飲み物と悪い飲み物について」


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ