健康診断の前日に飲んで良い飲み物・飲んではいけない飲み物と影響!


年に2回程会社の方で健康診断。という方は多いのではないでしょうか。

体調を万全にして臨む方、直前でもついつい食べてしまう方など

様々なタイミングで「健康診断」を受診していると思います。

今回は「健康診断」の前日に飲んで良いものと

悪いもの飲み物に絞ってお話しをしていきます。

スポンサードリンク

健康診断前日に食べ飲みはOKなの?

健康診断

健康診断では正確な数値などを測定したいために

食事制限などを促されることがほとんどでしょう。

健康診断当日での飲食は別として、前日の飲食はダメのかというと

基本的には「OK」といえます。

もちろん時間帯や食事の量、質によります。

食べたものは「胃」に入り、自律神経の働きによって「胃の振動(波動)」などが起こり

胃液と混ざることで食べたものが「半液状化」していきます。

その後、十二指腸へと送り出され、小腸を通り最終的には大腸を通って排便となるのですが、

その飲食物の質によって胃液と混ざってから液状化する時間が長くなってしまうということです。

特に大腸は「水分吸収」も行う所で健康診断前に飲んだ飲み物も

胃で消化し、十二指腸を通り小腸にて栄養を補給し、大腸で水分吸収されるのです。

なので、もちろん成分(栄養)が入っていれば

水分だとしても消化への時間はかかってしまうと言う事です。

食べ物でいえば「脂質の含む食べ物」である「肉類」では

最大4時間程の消化時間がかかり、「バター」に至っては半日(12時間)もの間

胃に滞在するとも言われています。

・「健康診断前日の絶食による体への影響は?」

健康診断前日に飲んでも良い飲み物とは?

健康診断2

では、健康診断に影響が出ないようにしたいという方にとって、

飲んでも良い飲み物とはどのような物があるのか

見て行きましょうと言いたいのですが、

健康診断では「原則10時間以内の飲食禁止」とあるので、

「半日以上前であれば基本的に消化が悪いものでなければ

影響はほとんど受けない」ということを頭の隅において話を進めていきます。

水4

これはカロリーは0kcalですし、含んでいるものは「カリウム」

「マグネシウム」「ナトリウム」ミネラル成分などです。

これらのみなので当然「胃は消化する必要性がない」と考え

胃をそのまま通過し、十二指腸も通過し、小腸と大腸にてミネラル成分を吸収します。

そして大腸では水分自体吸収します。

水が体に吸収され、尿になるまで約2時間と言われている事から

「水」こそ体に良いだけでなく、健康診断当日の朝も

「コップ1杯程度」の水であれば問題は無いとされています。

逆に朝起きて何も飲まずにいると、

就寝中による脱水状態のままと言う事になるので

少しの水分補給としての水ならOKといえます。

飲み過ぎは厳禁なのと、腹部エコー・胃カメラなどを撮影される方は

当日は厳禁で前日の夕食後の時間帯から水も控えるのがベストです。

また、炭酸水も同様「水」なので問題ないといえます。

お茶

お茶4

お茶は基本的には「水」と同じく、前日の夜まででしたら問題は無いのですが、

気になるのは「カフェイン」です。

カフェインは何より「血圧上昇」に繋がることから、

血液検査などがある場合は控え無ければいけない成分です。

お茶の種類によっては「カフェインを多量に含んでいる」と言う事から、

健康診断にほとんど影響がなく挑みたいという方であれば

「ノンカフェイン」がオススメです。

ノンカフェインのお茶といえば以下のお茶となります。

・コーン茶

・そば茶

・ゴボウ茶

・麦茶

・ドクダミ茶

・タンポポ茶(タンポポコーヒー)

・ルイボスティー(ハーブ)

などがノンカフェインとされており、健康診断を受診される方のみでなく

妊婦などにも高い評価を得ている安心のノンカフェインティーなのです。

これらもほとんどが体に良い栄養素が入っているものの

ノンカロリーなものも多いことから、消化などの事は考えなくても問題ないです。

なので、水と同様に前日の夜に飲んでも大丈夫といえます。

ただ、当日は控えましょう。

健康診断前日でもダメな飲み物

スポンサードリンク

健康診断前日で良い飲み物とされているのは「水」「お茶」のみです。

ではこれ以外は全てダメなのかと言う事になりますが、

なぜダメなのかという理由と共に見ていきましょう。

お茶

逆にここでもランクインします。

その理由は「カフェイン入り」のお茶も存在するという事が原因です。

「カフェイン」を含むお茶は以下の通りです。

・玉露

・ウーロン茶

・緑茶

・ほうじ茶

・玄米茶

・抹茶

・紅茶

これらは全て少なくても多くても「カフェインは含まれている」とされる飲み物です。

特に多いのが「玉露」で、玉露入りのお茶を500ml一気に飲むと

「カフェインの過剰摂取」により「カフェイン中毒」となる可能性

十分にあるほどのカフェイン含有量となってます。

お茶2

その含有量はブラックコーヒー数杯分程とも言われている事から

普段からの飲み過ぎも気を付けなければいけない飲み物といえます。

そのほかの飲み物でもカフェインは含んでいますので、

健康診断を万全な状態で挑むという方は前日の朝からすでに禁止しましょう。

飲みたいという方でも「前日の夜」が限度です。

コーヒー

コーヒー3

お茶でも登場しましたが、「コーヒー」も多くのカフェインを含んでいることから

血液検査による数値の乱れに影響を及ぼす可能性は否定できませんので、

仕事の疲れなどの為に飲みたいというのであっても

「前日の夜」が限度で、出来るなら「前日の朝」までにしておきましょう。

特にブラックでは飲めませんという方は注意が必要で、

糖分は血液検査での「血糖値」に大きく左右される成分でもあることから

ブラック以外の「砂糖」又はミルクを含むものはやめましょう。

ミルクの「脂質」も消化に大きく左右される物ですので、控えましょう。

炭酸飲料

コーラ

炭酸飲料と言っても数え切れないほどの種類がありますが、

「炭酸水」以外は全てNGです。

これにも同じ理由として「カフェイン」「多量の砂糖」が含まれています。

炭酸飲料の中でも「コーラ」「ガラナ」に関しては

カフェインにプラスして大量の砂糖が入っているため、

とてもオススメできるものではありません。

「ガラナ」に関しては玉露と同じく「コーヒーの数倍のカフェイン」

されている事から、前日出なくても普段あまり多く飲まない方が良いです。

また、炭酸飲料によってはカフェインは含まないものも多いです。

「ファンタ」「サイダー」などはカフェインは含んでいません。

ですが、大量の砂糖に変わりはありませんので、

こちらも同じく前日の夜であっても控えるのがベストです。

清涼飲料水

野菜ジュース

こちらも大幅なジャンルとなりますが、

清涼飲料水といえば「ポカリ」などのスポーツドリンクをはじめ、

上にある「炭酸飲料」「お茶」なども清涼飲料に入ります。

俗にいう「ジュース」「ソフトドリンク」という部類です。

これらにももちろん砂糖・添加物を多く含む飲み物の為、

オススメできるものではなく、控えるのが良いでしょう。

例え「100%オレンジジュース」「野菜ジュース」などでも

大量に砂糖は加えていますので、

体に良いからと飲んでいること自体も肯定できる事ではないのです。

アルコール

ワイン

アルコールを含む飲料は全てにおいて「カロリー」が含まれており、

「糖質」自体も多い飲み物も存在していると言う事です。

何より、アルコール成分が体内に入ることで血中におけるアルコール濃度も高まり、

「血糖値」だけでなく「中性脂肪」や「尿」にも影響を及ぼす可能性が高くなります。

食欲増進により、前日の夜になっても

濃い物を食べたりすると一発アウトと言っても良いでしょう。

それほどアルコールがもたらす影響は「アルコール成分」だけではない

と言う事は必ず覚えておき、前日は朝から飲まない事を徹底しましょう。

ノンシュガー飲料水

ノンシュガー

今流行している「ノンシュガー」と表記されている清涼飲料水がありますね。

ノンシュガーだから糖質も含んでないし、前日の夜に飲んでも全く問題ないのでは?

という方もいるかと思います。

ですが、「ノンシュガー」でも砂糖は少なからず含まれています。

もちろんカロリーも同じです。

表記上、「100mlあたり0.5g」の糖質であれば「ノンシュガー」と表記できることから

世間では「砂糖が全く使われて言いない」と思われがちですが、

実は砂糖が入っているので、少ないとされていてもなるべく控える事が大事です。

特に「アスパルテーム」などの人工甘味料は健康被害も報告されていることから

普段からもあまり摂取しない方が良いでしょう。

・「炭酸飲料の飲み過ぎに注意!?健康被害も!!」

牛乳

牛乳

コーヒーの時でも書きましたが、牛乳(ミルク)は

動物性脂肪の多い飲料とされいます。

他にも多くの栄養素を含んではいますが、

それゆえ、カロリーも高い上に「脂質」が消化時間を長引かせることから

前日の夜でもあまりオススメは出来ません。

「乳製品」全般言える事でもありますよ。

まとめ

いかがでしたか?

健康診断前日では何かと気を付けなければいけないことは多いですが、

その中でも「飲み物」は特に困ります。

水とお茶であれば間違いないという結果ではありますが、

お茶でもカフェインを含まないお茶にすることなどもあることから、

出来るなら「水」のみにするのが1番いいと言えるでしょう。

もちろん「飲んではいけない飲み物」に入っているものは

健康診断前日の夜でも控える方が良いのです。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ