目がかゆい時にこするのは危険!?原因は花粉症かも!すぐ効く対処法!


誰でもふとした瞬間に「目がかゆい」という現象が襲ってきますよね?

あなたならどういう対処をしますか?

瞬きでかゆみを抑えますか?目薬を差して様子を見ますか?

それともこすりますか?

今回は目のかゆみについてお話ししていきます。

スポンサードリンク

目がかゆくなるのはなぜ?原因について!

目7

目がかゆくなる原因は様々なのですが、

それらを全てひとくくりにすることができます。

目がかゆくなる原因は「外的要因」と言えます。

その外的要因というのがどういったものかを詳しく見ていきましょう。

乾燥によるかゆみ

これは特に乾燥する時期は多くなるとも言える要因です。

乾燥することにより、目の表面にある涙が蒸発することによって

目が乾き、「目のかゆみ」の原因ともなります。

何か画面に向かって集中したり、本をじっくり見ているときは

瞬き(まばたき)が極端に減っていることも考えられることから

この乾燥によって目のかゆみへとつながってしまいます。

ものもらいなどの細菌によるかゆみ

この細菌などが目の周りに炎症を起こすことで

目がかゆくなることも多いです。

細菌感染と言う事から「目」よりも瞼(まぶた)へのトラブルが原因

かゆみへとつながるとも言えます。

目に触れるものなどが清潔かと言う事も疑われます。

アレルギーによるかゆみ

これはかなり多いとされる「花粉症」などの

アレルギーによるかゆみも考えられるでしょう。

花粉症以外にも浮遊しているゴミなどが原因ともいえるでしょう。

一定の季節により目がかゆくなる場合は「アレルギーによるかゆみ」を疑いましょう。

かゆい時にこするのはダメ?

目8

かゆい時はどうするか。

目薬を何度も使用するのか、瞬きを繰り返すのか、我慢できないといってこするのか

実はこの中で「瞬きを繰り返す」以外は危険な方法といえるのです。

特に「こする」という動作は「角膜」を傷つける1番の要員とも言われ、

目をこすることで「様々な炎症」「角膜の損傷」が起きてしまう事もあります。

また、ゴミなどが入り込んだことによるかゆみであれば、

ゴロゴロしている瞼の内側を手でこすると言う事になるのですから

傷がつきやすいのは目に見えていることです。

また、女性は「メイク」をしていますが、このメイクも炎症を起こすことがあり、

女性にはかなりの天敵ともいえる「かゆみ」ですね。

目薬を何度も使用するとどうなるのか

涙3

では、次は目薬についてです。

かゆい時は「何度でも目薬をさす」のは良くないと言えます。

これは「涙」に関連するものなのですが、

目薬を何度も利用しているとなると本来、目の汚れなどを防ぐために

「涙」が放出されるなどの自然な行動が起きますが、

この自然と出る行動である「涙」の効果がなくなります。

涙は何より目に良い成分という事は当然です。

出なければ涙が出る本来の意味がないのです。

なので、なるべく目薬に頼るなどではなく「瞬き」による涙を上手く使いつつ、

炎症用又は涙の成分により近い目薬を使用する事はOKでしょう。

ただし、なににせよ「やりすぎ」は注意です。

ただ、瞬きは多く行っても害のあるものではありません。

スポンサードリンク

冬から春がかゆくなるのは花粉症かも!?

涙2

これは季節によってかゆみとなる元凶を判定できるものなのですが、

冬や春などにふと「目のかゆみ」が起こることがあります。

しかも、継続的にかゆみが起こるとも言えます。

これは「花粉症」を疑うのが良いでしょう。

目の充血、かゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどが見られたら

「花粉症」の可能性が非常に高いので、

ひどい場合は病院に行って薬を出してもらいましょう。

もしかしたら普段歩かない道などを歩いた時に花粉ゾーンに入っている場合などは

いきなり花粉症となることも実際にあるので乾燥時期はもちろん、

冬から春などの花粉が多く舞う季節は「マスク」などで対応するべきといえます。

花粉の多い所にいると「黄色」に変色することもあります。

目がかゆい時に効き目がある「かゆみ」対処法!

目6

目薬で対処

まずはこの方法です。

目薬には様々な種類があり、花粉症などによる目のかゆみに対応している目薬もあれば

乾燥などのドライアイに対応している目薬まで様々です。

基本的に、目のかゆみは「ヒスタミン」という目に異常を感じた時に分泌する物質

これがかゆみを生んでいるので、このヒスタミンを抑えることができる

「クロルフェニラミン」という成分を含む目薬を探し、点眼しましょう。

これで治まることもあるので、やる価値ありです。

目うがい

目うがいというと言い方がおかしいかと思いますが、

市販で売られているゴーグル形状のカップに専用液をいれ、

そのカップを目に押し当てて瞬きを複数回すると、

カップに入っている液が汚れを落としてくれて、目がすっきりするというもの。

これで目のごみながなくなるので、ある程度は効果がありますが、

やりすぎは目にあまり良くないので、回数には気をつけるべきです。

ただし、水で洗うのはやめましょう。

水には「プール」でも使用される消毒「塩素」を含んでいますので、

塩素により角膜の損傷も考えられるので、水での複数回の洗浄は控えましょう。

目を冷やす

これもオススメです。

「目を冷やす」というのはケガをした際にも

「冷やす」事で血液の流れを和らげる効果でかゆみを抑えます。

かゆい時は「目の血流が活発化している」ともいえるので、

それを抑えるという意味で「目を冷やす」は効果はあります。

まとめ

いかがでしたか?

目のかゆみの原因は複数ありますが、

やはり花粉などが原因としては「花粉」などが原因といえます。

ただ、どの場合も重度の場合は病院に行くことを渋るのはやめて

すぐに病院に行きましょう。

目はデリケートでもあるので、自身の早めの判断が必要ともいえます。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ