目のピクピクが止まらない原因は疲れだけじゃない!気になる治し方は?


今まで普通だったのにふと気づくと

「目がピクピクしてる!」といったはことありませんか?

1度気にし始めると気になって仕方がなくなるんですよね!!

この目のピクピクする様になる原因はさまざまあるのですが、

もしかするとあなたの目のピクピクはこれが原因かもしれません!!

スポンサードリンク

目のピクピクはなぜ起きる?

目9

そもそもこの目のピクピクはなぜ起きるのかというと、

目の周りには多くの筋肉が存在しており、

その筋肉の1つとして眼輪筋という目の周りにある筋肉に異常が起こることで

目のピクピクである「痙攣」を引き起こします。

痙攣の1番の原因は「眼瞼ミオキミア」と呼ばれるもので、

「眼瞼ミオキミア」の場合、いつの間にか発症し、

いつの間にか治るというのがこの病気の特徴といえます。

自然と治っていることから「眼科」に行くまではしない人が多い傾向にあります。

目の周りがピクピクする原因

ブルーライトなどによる疲れ

パソコン5

これは「目の疲れ」から来るものです。

長時間「パソコン」「ゲーム」「テレビ」などを見ることで目の周りの筋肉である

「眼輪筋」などの筋肉が緊張状態に入り、「こり」「むくみ」などの症状が現れます。

これが圧迫することで「痙攣」を起こします。

この痙攣によって「ピクピク」が頻繁に現れます。

現代は「ネット社会」ともいえる現代なので

「スマホ」「パソコン」などによる「目の疲れ」は避けることが難しいことから

この「ブルーライト」による痙攣が多くを締めます。

今では「ブルーライト」をカットする眼鏡などが発売されているのも

現代のネット普及などに合わせているものといえます。

ストレス

アナフィラキシー2

ストレスによっても痙攣は起きてしまいます。

ストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」が多く分泌されることで

様々な症状が確認されていますが、

その中の1つにストレスを感じることで顔面神経が異常を発し、

無駄な筋肉を使ってしまう事で目だけでなく、

顔の筋肉全般の痙攣を起こす事もあります。

これは一時的であれば問題ないのですが、

ストレスを軽減しなければ「慢性的」となり、

長期的な痙攣を引き起こすこともあります。

こうなれば他の病気も関連してくる可能性があるため、

自然と治るだろうという簡単な判断はしない方が良いでしょう。

ビタミン不足

ハンバーガー

ビタミン不足により目の痙攣を引き起こす可能性も十分にあります。

ビタミンは人間にとって必要不可欠な栄養であり、

日々の食事で多少なりとも確実に口にしています。

ですが、「ビタミンA」「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンE」などが

不足してしまうことによって「視力の回復」「筋肉の回復」

「ストレスの軽減」「血行促進」などがスムーズに行えなくなるために

目の痙攣を招いてしまいます。

ビタミンは基本的に「緑野菜」に多く、「鰻(うなぎ)」「レバー」

「豚肉」などにも多く含まれています。

これらを含めたバランスの良い食事を心がけることで

目の痙攣から回復させる事ができるでしょう。

基本的にビタミン全般摂取を心がけてください。

睡眠不足

夜更かし2

睡眠不足によっても目は痙攣を起こしやすくなります。

「起きている時間が長い=目を開いている時間が長い」ので、

目の疲れに直結すると言う事です。

また、睡眠不足により血流が悪くなることで

筋肉のコリを招いてしまう事もあるので

「目の痙攣」を引き起こす可能性があるとも言えます。

スポンサードリンク

目のピクピクを治す方法は?

目2

では、このような様々な原因が「目のピクピク」を引き起こすことから、

何をすれば治すことができるのか。

いくつか治す方法があるので、全て試してみて効果を実感しましょう!!

目を温める

今では「ホットアイマスク」などが売られるほど、

目を温めるという事が「快眠」「目の保養」などを促します。

このことから、アイマスクでなくても「お湯に漬けて絞ったタオル」を

5分でも目に当てるだけで効果は全然違います。

目の周りの血流を良くすることでコリをほぐし、

目の疲れを取り除きます。

良質な睡眠

目の疲れを取るには「睡眠」をしっかりとることです。

普通にとるのではなく、質の良い睡眠をとるよう心がけましょう。

体の冷えがなく、寝る直前にご飯を食べたりもせず、

更には寝る前に「スマホ」などの目の刺激となる物を避ける事で

より質の良い睡眠をとることができます。

バランスの良い食事

食事も偏食などはなくし、なるべく偏りのない

バランスが良い食事を心がけましょう。

また、よく噛むことも大事です。

良く噛むことで「胃に負担を掛けず」無駄に体力を消耗せずに済みますので、

疲労感や眠気なども変わってきます。

また、どうしても忙しいなどで偏りがちな食事となる場合は

「マルチビタミン」などのサプリを摂りましょう。

目薬

目の痙攣は目の疲れからと言う事もあり、

目を集中して使っている時は「まばたきが少ない」と言う事もあるので、

「ドライアイ」を引き起こす可能性が高いです。

なので、ドライアイを防ぐためにも「目薬」の点眼をお勧めします。

ただ、目薬のし過ぎは目に良くないので、適量を点眼しましょう。

ストレッチ

肩コリなどを防ぐために、出来るだけ肩などの部分のストレッチをしましょう。

体全体のストレッチができれば尚良いです。

肩コリにて血流が悪くなり、目付近の血流も悪くなりますから、

何より血流を良くすることで目疲れの解消をしましょう。

まとめ

目の疲れは体の疲れでもあります。

確実に体に負担が掛かっていることから、

「睡眠」「食事」「運動」「休憩」などの

基本的行動は徹底することが大事です。

人間は無理をすると「症状」となって現れますので、

「目の痙攣」が発症しているだけで何かが

「疎か(おろそか)」になっているでしょう。

一般的には疲労などから目の痙攣は来ますが、

長続きする際は「他の病気」を疑ってすぐに病院に行きましょう!!

早い対応が1番の薬となります。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ