目の下のクマは睡眠不足だけでは無かった!!治らないのは遺伝が原因!?


いつも鏡を見るたびに思う人も多いでしょう。

「目の下のクマがヤバイ・・・」。

目の下が黒いとやたらテンション下がりますよね。

完全「疲れた人」みたいな印象になるため、あまりいいものではない。

では、どうすればこの目の下のクマが治るのか。

そもそもなんで黒いのかなどを見ていきましょう!!

スポンサードリンク

目の下のクマは現代人には多い

目2

目の下のクマの原因は主に「目の疲れ」「代謝の低下」「睡眠不足」「運動不足」「加齢」などがあります。

この中で現代人に多いのは何かというと「目の疲れ」「運動不足」です。

運動不足といっても代謝の低下とイコールでもあります。

これらはなぜ現代人に多いのかというと、「ネットの普及」です。

ネット世界になっている現代では「スマホ」「PC」「ゲーム」等により

目の疲れや運動不足を引き起こしています。

これらにより、目の下のクマができるというのはごく自然な流れとなっています。

目の下のクマは種類があった!?

目

実は目の下のクマには意外にも種類があったんですね。

まず、最初に説明しました現代人に多いとされる目の疲労などによる「青クマ」

加齢によるたるみなどで出来てしまう「黒クマ」

さらに紫外線などのダメージによりクマができる場合があるのですが、

そのクマが「茶クマ」と呼ばれるクマがあります。

目の下が黒くなるのは酸欠が原因?

目の下の肌は極薄な皮膚となっており、すぐ下に毛細血管の集まりが集合しているのが見えます。

血行の流れが良いと血液の色に欠かせないヘモグロビンが綺麗な赤色なのですが、

酸欠などにより血行が悪くなるとヘモグロビンの色が濃い赤(どす黒い)になります。

その色が薄い目の下の皮膚を通して映し出していると言う事です。

心臓から送られる遥に長い血管を通る血は最初は酸素を多く含んだ血なのですが、

帰るころには酸欠状態で黒くなっているようです。

アスリートや水泳などをやっていて、酸欠や寒さで唇が紫色になったり、

肥満の方のホホが黒くなっているのは酸欠や

血行不良によるうっ血などが原因で黒く見えたりするんですね。

睡眠不足などの疲れによるものだけではない!遺伝も関係していた!?

酸欠

よく「寝てないからクマができるんだよ」などと言われたりしますが、確かにあっています。

ですが、そもそもの話となりますが、親の遺伝によるものとも考えていいのです。

遺伝の中には皮膚なども遺伝するとされています。

黒人と白人を見てみると肌の色なども遺伝していますよね?

なので、子供でも目の下が黒い子もいます。

遺伝でのクマということも十分にあり得ると言う事です。

ただ、クマが出やすいと言う事なので、なるべく出ないような過ごし方が必要といえます。

スポンサードリンク

クマが出来た場合の解消法!!

目3

クマが出来たと言う事はほとんどの場合、疲労によるものと思われます。

この疲労となることをまず取り除かなければいけません。

睡眠不足になるのならしっかりとした睡眠をとり、

代謝が下がって血流が悪くなっているのなら運動不足を解消する必要があります。

運動不足はジョギングなどでもいいですが、家でするのなら「スクワット」が効果的といえます。

栄養面での補給もしっかりとしなければいけません。

何かに偏った食事はしていないのか。

また、日ごろストレスを溜めていないかどうか。

これらを考慮したうえで、

「青クマ」の場合は血流を良くする必要があるので、

体を温めることや運動による代謝を上げて血流を良くしましょう。

先ほど言った「スクワット」などは家でも出来る運動不足解消法といえます。

また、スマホなどの見過ぎも原因なので

1時間見続けたりする場合は休憩を挟むなどする必要があります。

指の腹でやさしく目の周りをマッサージするのも効果的です。

「茶クマ」の場合は紫外線によるダメージなどが原因なので、

メラニン色素を出さなければいけません。

なので、ビタミンCを積極的に摂取するよう心掛けましょう。

それに加えて、代謝の向上による血流アップなどもしていく必要があります。

「黒クマ」は加齢によるくぼみやたるみによるものなので、

単純に肌のハリを復活させることができれば改善します。

ハリを出すにはもちろん水分の摂取なども多めにし、

コラーゲンやセラミド補給といった肌に潤いとハリを出す工夫をしてみましょう。

まとめ

目の下のクマは本当にできやすいです。

これは現代だからこそ言える一種の病気とも言えます。

そんなクマは睡眠不足以外にも「遺伝」という意外な事実も存在していますが、

遺伝というのも実際は自分自身の健康管理を

徹底しているかしていないかの結果の表れと言う事です。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ