熱中症の症状と対策は!頭痛や強い眠気に悪寒!異常に出る汗はなに?


熱中症はまだ暑さになれていない時期に起こります。

屋外だけではなく湿気の多い時期の室内でもおこり、

命に関わる深刻な事態に発展します。

正しい知識を知って予防を身につけていきましょう。

では下に続きます!!

スポンサードリンク

こんな症状が出たら熱中症?

暑い2

吐き気がして熱が出た。

気が付いたら倒れていた意識がない。

強い寒気と異常な汗。

吐き気とけいれん。

症状に合わせて対応しましょう

・熱による失神 顔色は青白くめまいとともに気を失うのは、

血管が拡張して血圧が下がったために起こっています。

対応 涼しい所で横になり、締め付けている衣服はゆるめます。

水分補給を(0.9%の食塩水500mlの水に

小さじ1の塩を入れたもの)して回復の様子を見ます。

・筋肉痛、手足がつる、筋肉がけいれんする。

短い時間に異常なほどの汗をかくのは

水だけを補給しても血液中の塩分濃度が下がります。

足や腕などの筋肉にけいれんが起こり強い痛みがあります。

対応 濡れタオルで体を冷やす。

首筋、脇の下大腿部の付け根のような場所を冷たい保冷剤や氷で冷やします。

手足を心臓の中心に向けてマッサージをします。

口からは水分補給が出来ない状態は点滴をします。

・汗を異常にかくと水分の補給が追いつかないので体は水分不足になります。

全身に力がなく気分が悪く吐き出す、頭痛があり集中力がない。

・日差しや照り返しによる体温の上昇により

呼びかけても返事がない、言っている事が意味不明、真っ直ぐに立っていられない。

高熱の為中枢機能が異常になったら出る症状です。

救急車で病院に行く必要があり、素早く体を冷やさなければいけません。

対応 濡れタオルで体を冷やす。

こちらも首筋、脇の下大腿部の付け根のような場所を

冷たい保冷剤や氷で冷やします。

手足を心臓の中心に向けてマッサージをします。

口からは水分補給が出来ない状態では点滴をしなければいけません。

 汗は血液から作られ汗を出すことで体温を調節しています。

汗とともに電解質も失われます塩分の事です。

塩分は筋肉の収縮を調節する役目があり、塩分が不足するとけいれんが起こります。

体温調節機能が追いつかなくなると脳に影響が出てふらついて倒れたり、

言語不明なうわごとを言ったりします。

水分を取って熱中症予防をしよう!!

↓ ↓ ↓

熱中症にはスイカがオススメ!?

熱中症は注意が必要な時や場合があります

暑い

・真夏の気温が高い日

・熱帯夜が続く 

・湿度が高い 

・風が弱い

・日差しが強い

・照り返しが強い

・熱いものがそばにある時

・梅雨の晴れ間等急に暑くなった日

スポンサードリンク

熱中症に負けない体つくり

ランニング

体が暑さになれることで熱中症にかかりにくいと言います。

適度に汗をかく習慣がある人はかかりにくいです。

1日に30分程度のウオーキングは体力つくりとして理想的です。

寝不足や二日酔い、過労気味、食事抜き等、十分な栄養と休養に気を付けましょう。

 

こんな時はすぐ病院に行きましょう

・激しい頭痛や吐き気と40℃近い高熱が出たら迷わず病院に行ってください。

・うわごと等、意識がもうろうとしている、

けいれんが起こっているなどは救急車を呼んで病院へ。

・自分で水分補給が出来る状態で意識がハッキリしていれば、

涼しい所で冷たい冷凍剤で冷やしながらしばらく様子を見てもいいでしょう。

症状の見分け方があります

頭痛

1.めまい,たちくらみ、筋肉痛、こむらかえり、異常なほどの汗をかく

2.頭痛、気分が悪い、吐き気、もどす、全身のだるさ、やる気が出ない。

3.意識がもうろうとする、けいれん、手足の違和感。

この様な症状が出たら熱中症が疑われます。

軽い症状の時、おろそかにしないで対策処置をしてください。

飲み物にも注意が必要

コーヒー

カフェインを含むお茶は、利尿作用がありますので

尿として水分が排出されてしまいます。

好きなコーヒーなども飲みすぎないように注意しなければいけません。

まとめ

暑いな~と思ったら水分補給。

ムシムシするな~と思ったら水分補給。

服装は身体を締め付けないものがいいですね。

スポンサードリンク

夏バテ防止の記事はこちらにもあります!!

↓ ↓ ↓

夏バテで熱やだるさがあるときの対処法は!?

夏バテにはそうめんがオススメ!?

カレーのスパイスが夏バテに効くのは本当!?

ウナギの夏バテ防止策の真実!?


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ