pm2.5の健康被害がヤバイ!?体への影響やリスクの情報を学ぼう!


pm2.5というのを最近は良く耳にしますね。

正直、あまりわかっていない方も多いと思います。

とりあえず「体に悪い」という軽い知識でしょう。

そこで今回は「少しでも知識を入れる」を目標に、

pm2.5が体に対してどんな健康被害を

もたらすのかなどを知っていきましょう!!

スポンサードリンク

pm2.5の元凶は中国だけではない!

中国

pm2.5はスギ花粉などの花粉よりもさらに小さい有害化学物質で

「2.5」というのは小ささを表しています。

「目に見えないレベル」のきわめて小さい有害物質なのです。

この有害物質であるpm2.5はよく「中国」から流れてくると聞きます。

それは間違いないのです。

中国での環境問題は深刻で、世界一の人口を誇る中国では

「燃料」「排ガス」の量がとても多いため、大気汚染に繋がっている状態です。

また、工場も多いのですが、石炭の質の悪さに加えて

設備不足による化学物質の放出がされているのも原因です。

主に発展途上国に見られる環境汚染とも言えます。

そして、汚染された大気が中国から流れ、「日本」でも問題視されていると言う事です。

ただ、それだけでは無かったのです。

実は「インド」の大気汚染がとてつもない勢いで広がっています。

「インド」では中国の大気汚染を上回っているといいます。

インド

インドも人口が多く、発展途上の国で有名ですが、

インドでも排ガスや燃料もありますが、

文化的な習慣とされている「牛の糞」を燃料としていることが多く、

その糞を燃焼することで有害物質を放っているとされています。

このこともあり、インドでは中国をもしのぐほどの大気汚染が進んでいる言う事です。

実は日本でもpm2.5は身近で発生している!!

渋谷

この事実を知っておいた方が良いでしょう。

実は日本でも中国までとは言いませんが

「pm2.5」は常に身の回りで発生しているのです。

その原因とされているのが「体への悪影響」が有名な「タバコ」です。

喫煙による「煙(けむり)」こそが元凶となっています。

この煙により「pm2.5」は発生し、吸っている本人も吸っていない人にも

受動喫煙がリスクとしては1番高いとされています。

昔の喫茶店などでは「喫煙」が可能な所も多く、

カラオケや飲み屋でも同様で、

煙が常に漂う場所では中国と並ぶほどの危険度ともされています。

pm2.5の規定範囲である「1640μg/㎥」を大きく上回る

「最大800μg/㎥」という場所もあり得るといいます。

かなり危険だと言われる数値は「250μg/㎥」とされていて、

この数値を上回るとかなり危険といわれているので、危険どころではないと言えるでしょう。

それだけではありません。

今では日本という高い技術力を誇る国なことから「EV」「FCV」といった

ガソリンなどでは走らない車の普及によって「大気汚染」はマシとされていますが、

それでも「日本の人口は世界第10位」となっています。

十分大気を汚していまうほどの人口とも言えます。

また、活火山も複数あることから火山ガスなどからも「pm2.5」は発生しています。

火山

こういったありとあらゆる場所から「pm2.5」は発生しているのです。

もちろん普段生活していてもpm2.5が0になることは無いので、

常に身の回りには存在していることは把握しておきましょう。

スポンサードリンク

pm2.5の健康被害はヤバかった!!

心臓

やはり「有害物質」とされていることもあり、

かなりの健康被害があることがわかっています。

実際に日本でも例はかなりあるのですよ!!

先ほど挙げた「喫煙」による「心筋梗塞」などは

「pm2.5」の影響によるものとは表示しないので

pm2.5としての被害ではなく「喫煙による病」とされているのです。

では「pm2.5」ではどういった健康被害があるのか見てみましょう。

心筋梗塞

これは多いです。

喫煙でのリスクとして掲げられているものの1つですね。

pm2.5が体内に入ることで血中に回ります。

すると、このpm2.5が血液の凝固の原因を作ります。

すると動脈硬化が進み、次第に血液の流れが悪くなっていき、

最終的に「血液の流れを防いでしまう」ということに繋がります。

これにより「心筋梗塞」のリスクを高めてしまいます。

肺がん

こちらも喫煙と同じで、pm2.5は花粉などよりもきわめて小さい物質の為、

体内の奥へと入っていきやすいのです。

そして1番入るのが肺ですね。

「pm2.5」の成分である「炭素」「硫酸イオン」「硝酸イオン」

「アンモニア」「ケイ素」等の化学反応にて発がん性の高い物質になるのですが、

それを肺に入れてしまうと「ガンのリスクは高くなる」といえます。

アレルギー性鼻炎等

これはアレルゲンの1つである「花粉症」でも言えますが、

pm2.5もアレルゲン物質を含んでいますのでアレルギー症状が出ることもあります。

角膜炎

吸い込むと危険というわけではないんですね。

「目」も危険にさらわれています。

もちろん空気中を浮遊するpm2.5は目にも入ることは間違いありません。

目に入ることで角膜に傷をつけたりすることがあるのです。

その結果「角膜炎」などを引き起こす場合もあります。

肌トラブル

もちろん体内、鼻、目と来たら皮膚です。

肌にも影響はあります。

きわめて細かい粒子の有害物質は肌にも付着します。

すると、毛穴にも付着することがあることから「肌荒れ」を起こしますし、

「湿疹」「アレルギー性皮膚炎」などの発症ももちろんあり得ると言う事です。

男性はあまり気にしないかもしれませんが、女性にはかなり手ごわい有害物質です。

まとめ

これだけ「pm2.5」は怖い存在というのがわかってもらえたと思います。

ですが、日本の現状でいえば「飛沫時期の2~4月頃」でなければ、

日常生活には問題ないといえます。

飛沫時期は「ニュースで情報をチェックしながら対策する」と言う事が大切です。

また、喫煙が可能な個室空間は中国レベルで危険とわかると

あまり行きたくは無くなりますが、長時間の滞在を避けることや

換気を促すなどの対策をすることも大事といえます。

危険なのは危険ですが、日本の環境は捨てたもんじゃないとも言えますよね。

スポンサードリンク

pm2.5に関する記事はこちらにもあります!!

・「pm2.5の外出時や自宅内での対策や予防について」


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ