トランス脂肪酸の体への影響やリスクは?実は危険性が無いに等しい?


今や世界的にも問題視されている「トランス脂肪酸」というもの。

このトランス脂肪酸は厳密には「トランス型不飽和脂肪酸」とも言います。

このトランス脂肪酸は日本でも「マーガリン」などに入っていて危ないから

マーガリンなどは控えるようになどの情報を目にします。

ですが、これは本当に危険なのか。

アメリカでは2018年にて「トランス脂肪酸」を

含む食品の廃止がほぼ決定されているといいます。

では、日本ではそんな規制がないと言う事は大丈夫と言う事なのか。

その辺について触れていきます。

スポンサードリンク

トランス脂肪酸を含む食品について

マーガリン2

このトランス脂肪酸はマーガリンなどを作る際に用いる「植物油」を固める時に

水素を使うのですが、この水素にて固まると同時に化学反応を起こし、

トランス脂肪酸と呼ばれる「不飽和脂肪酸」、

つまり悪玉コレステロールが作られてしまうわけです。

このトランス脂肪酸を含む食品は世界中で数多く存在し、

日本でも無数にあります。

その中でも有名なのは「マーガリン」「ポップコーン(キャラメルなどの味有)」

「ホイップクリーム」「牛脂」「クロワッサン」「チーズ系」などの食品に

比較的多くのトランス脂肪酸が含まれています。

基本的には「脂質が多いとその分比例してくるもの」とも言えます。

もちろんそうでないものもたくさんあるので、ここは注意が必要です。

トランス脂肪酸で言われている危険性とは?

病気

トランス脂肪酸を摂取するといったい体への影響はどんなことがあるのだろうか。

トランス脂肪酸は簡単に言うと「自然で出来た油ではない」と言う事。

化学反応にて発生するのがトランス脂肪酸なので、自然とは違う。

このトランス脂肪酸が体にどんな影響を及ぼすかというと、

体に悪玉コレステロールが増え、善玉コレステロールが減少することで

これが続くと「血液がドロドロ」になり、血流が遅くなっていく。

そして、動脈硬化を起こす原因でもあり、「凝固」してしまうのです。

この結果、「高血圧」にもなることは間違いないですし、

この「血液がドロドロ」で「高血圧」まで言ってしまうと、

最悪は「脳梗塞」「心筋梗塞」などの危険と隣り合わせの病に陥ることも考えられます。

ただし、ここまで行くには普段からの多量摂取が原因といえます。

また、こういった病気だけではありません。

「記憶力の低下」「骨の成長を妨げる」「母乳の質を下げる」といった

体全般の影響があることがわかっています。

トランス脂肪酸を多く摂取する原因はやはり「食事の質」が

昔とは比べ物にならないほど発達していることです。

さまざまな食品や食材が出てきて、調理法なども様々なものがあり、

食事の量や回数や栄養バランスも現代ではドンドン難しくなっているのが原因でしょう。

スポンサードリンク

実はトランス脂肪酸の危険性は無かった!?

大食い

ここでは「タイトルでは反対」のタイトルですが、

これはどういうことかというと、食文化によって「危険度は変わる」と言う事です。

アメリカでは2018年に規制されるとも言われている「トランス脂肪酸」。

これはアメリカの食文化では「危険だ」と認識しているから「危険」なのです。

トランス脂肪酸の摂取の目安は「1日の摂取エネルギーに対して1%未満」というのが

世界保健機関にて発信されている情報です。

この1%未満という基準を多く上回っているのが「アメリカ」なんですね。

アメリカでは「2%」という平均摂取量になっているとされています。

一方で日本での平均摂取量は「0.3%」ほどだといいます。

アメリカは日本の6倍以上のトランス脂肪酸を摂取していることになります。

アメリカといえば「ハンバーガー」「フライドポテト」「ステーキ」などのイメージが強いですよね。

これらにも多くのトランス脂肪酸が入っていますし、食事量も日本人とは違います。

このことからアメリカでは危険だから摂取の規制、日本では「何もない」と言う事です。

ですが、決して危険ではないとは言えません。

現に様々なリスクは存在しているのは確かですし、

世界的に基準値が定められている以上多量の摂取は避けるべきですが、

日本という国においては現在の摂取量では「日常生活において問題はない」といえます。

ただし、平均ですし、2015年現在での話です。

これからはより一層「オーガニック」などに力が入ると思いますので、

トランス脂肪酸も減ってくるとは思いますが、揚げ物のお菓子や

ファーストフードなどはなるべく控えてトランス脂肪酸の摂取量を減らす方が良いでしょう。

結論を言いますと、「日本では危険性は低く、アメリカでは危険と認識されている」です。

アメリカ人

まとめ

アメリカの話だから大丈夫と油断していてはいけません。

普段、偏りのある食事はしていませんか?

お菓子ばかり食べてはいませんか?

時間がないと「ファーストフード」などに頼ってはいませんか?

トランス脂肪酸は今では「無数の食品に入っている」といえます。

なので、脂質の多いものを食べるのも食事バランスをとる上では必要ですが、

摂取のし過ぎは脂質だけでなく何でも「危険」なのです。

スポンサードリンク

マーガリンに関する記事はこちら!!

・バターやマーガリンの値段相場の違いは危険性!?太るのか痩せるのか?


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ