ウィルス性胃腸炎は人から人に感染?原因と完治までの期間と高熱について


この爽やかな季節から初春にかけて、毎年流行する病気があります。

それが誰しもが聞いたことのある「ウィルス性胃腸炎」です。

ノロウィルスの場合は11月から12月にかけて年間を通じて一番多くなり、

幼児が感染するロタウィルスは2月から4月にかけて一番多いということです。

今回は、どのように感染するのか、原因などを調べてみました。

スポンサードリンク

ウィルス性腸炎は人から人に感染する?

感染

ノロウィルスもロタウィルスも、人から人への感染があります。

経路と言えば、糞口(経口)感染、接触感染、飛沫感染によるものが主です。

主に感染して発症した人や、

無症状病原体保有者との直接または間接的接触により、

接触感染や患者の嘔吐物や下痢弁を介した飛沫感染など、

人から人へと感染していきます。

ノロウィルスの感染ルートはもう一つあり、

牡蠣などの二枚貝の生食や調理者の手洗いの不十分さにより

ウィルスを含んだ食品や水から感染するとも考えられています。

原因は何があるの?

一にも二にも、ロタウィルスやノロウィルスの感染が原因です。

これらのウィルスに感染すると、腸の表面で炎症が起こります。

表面を覆っている上皮(じょうひ)細胞と言われる細胞が落ちてしまい、

そのため水分の吸収や電解質の吸収能力を低下させます。

さらに糖質などの吸収不全に伴い、

小腸内に水を引き込む浸透圧性(浸透圧性)下痢を起こすほか、

水分の分泌の亢進により水溶性の下痢が続きます。

ロタウィルスの場合の下痢は、白っぽくなるので比較的見分けがつきやすいです。

スポンサードリンク

発症から完治までの期間はどれぐらい?

腹痛4

感染すると激しい下痢や嘔吐によって脱水症状を起こしやすく、

痙攣がみられることもあるため

最も重症化しやすい乳幼児の胃腸炎が多いと言われています。

ロタウィルスは5歳ごろまでにほとんど経験すると言われており、

感染すると重症化しやすく入院などが必要な時もあります。

通常は、症状が治まるまで一週間ほどかかると言われています。

今のところロタウィルスに効く薬はなく、下痢や嘔吐を薬で止めることはできません。

そのため、こまめな水分補給で脱水を防ぎ、自然に治るのを待つしかありません。

ロタウィルスは現在ワクチンができており、日本でもワクチン接種ができるようです。

一方ノロウィルスも同じく吐気・嘔吐・腹痛・下痢などの症状があり、

潜伏期間は24時間~48時間程度と言われています。

通常は、発症してから3日以内で快方に向かいます。

ただ、発症直後の症状が激しいと言われています。

完治したからと言って、安心するのはまだ早いんです!!

体内にまだ菌が残っている場合がありますので、

かかりつけの病院で検査することをオススメいたします。

高熱は?インフルエンザとの関係は!!

原因

ウィルスによる高熱はノロウィルスにもロタウィルスにもありますので、

当初はインフルエンザと間違うことがあるそうですが、

インフルエンザはウィルス性感染症で、

風邪によく似た症状のほかに、発熱、倦怠感などの症状が現れます。

風邪となる原因のウィルスは100以上あると言われていますが、

インフルエンザはA型、B型、C型の三種類しかありません。

ただしインフルエンザの場合は肺炎などの重篤な病気になる恐れもありますので、

病院でしっかり調べてもらった方がいいですね。

まとめ

この季節になりますと色々な病気が発生してきます。

その中の一つがノロウィルスであり、ロタウィルスであります。

家族全員が発症することも少なくなく、最悪な結果をもたらします。

日ごろから、予防に努め、手洗いなど普段より念入りに行ってください。

しかし、人から人への感染をしますので、

ある面防ぎようがない病気かもしれませんが、

もし発病したら、できるだけ軽症で済むように努めてください。

言えることは、やはり健康体を出来るだけ保つよう日々努力することが大事です!!

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ