指のささくれの原因は栄養不足?服の繊維による痛みが嫌な人への対処法!


ささくれが指に出来ると、痛みがある場合が多いですし、気になってしまいますよね。

そんなささくれはどうして出来てしまうのでしょうか。

そして、どういった対処法があるのでしょうか。

今回は、ささくれの原因と対処の仕方についてご紹介したいと思います。

あなたもぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

何故ささくれと言うの?さかむけとの違い!

指

『ささくれ』というのは、東日本で使われている呼び名であり、

物の先が細かく裂けてしまって、分裂してしまうことを言います

爪付近のみではなく、物に対しても使われる言葉だと言えるでしょう。

それが、西日本では『さかむけ』と言うんです。

漢字で書くと『逆剥け』となり、

爪の生えている場所の皮膚が荒れることで、細かく剥けてしまうことを言うんですね。

意味は同じだということなんですよ。

症状の度合いによって、言い方を変えるという向きもあるということです。

その場合は、さかむけの方が酷い状態を表しているんですね。

ささくれの原因は?

指2

ささくれが起きるのは、ビタミンやミネラルといった栄養素が足りないことが挙げられます

これらは、健康な肌に保ってくれるのです。

また、たんぱく質も皮膚の元にもなってくれるので、不足しているとささくれの原因になるでしょう。

ビタミンAやB2は皮膚や粘膜を健康にしてくれますし、

皮膚の障害を防ぐには、ビタミンB6が重要です。

さらに、ビタミンCは肌を綺麗に保つことが期待できます。

そして、ビタミンEは傷が治るのを助けてくれますよ。

こうした成分が足りないと、ささくれが出来てしまうんですね。

空気の乾燥などもささくれの原因!

ささくれは、空気の乾燥も原因となっています。

さらに、水仕事や手洗いなどでも手の潤いが失われるので、ささくれの要因になってしまうことがあります

特に冬などには、温い温度で手を洗ったりすると、必要な脂分も取り除かれてしまうんですね。

ネイルなども気を付けて!

指4

女性であれば、ネイルを楽しまれている方も多いかと思います。

しかし、マニキュアやジェルネイルはリムーバー、

アルコール消毒といったものが刺激となって、ささくれを作ることがあります

リムーバーが爪以外に付かないようにするなどの、配慮が必要ですよ。

無理やり引っ張るのはダメ?

ささくれが出来てしまうと、気になってしまうと思います。

しかし、無理に引っ張るのは良くありませんよ。

無理に取ろうとしてしまうと、皮が剥がれてしまいさらに悪い状態になってしまうかねないんです。

そうして、それをそのまま放っておくと菌が入ってしまいますよ。

気になる対処法とは?

ささくれの対処法としては、以下の方法が挙げられますよ。

~ささくれオススメ対処法~

指3

○根元から小さなハサミでカットする

→ハサミで切る前に、ハサミはアルコール等で消毒をすることがポイントです。

○消毒薬などを付けてから、絆創膏を張る

→もし菌が入り赤く腫れたりした場合には、皮膚科などの病院で診てもらいましょう。

栄養面を気を付ける

→納豆や豆腐などの大豆製品はたんぱく質を補えますし、レバー、うなぎ、たまごはビタミンAを補うことができます。

それに、ビタミンCなら、いちごやキウイ、アセロラ、レモンが適していますね。

○保湿をすることが大事!

→良く保湿をしてくれる、セラミドやビタミンCなどのケア製品を使うのが良いですよ。

まとめ

ささくれもさかむけも同じ意味なのですね。

ささくれは、ビタミン不足などの栄養面でも原因があります

また、手の乾燥や、ネイルをする際のリムーバーにも、

気を付けなければいけないということが、おわかりいただけたかと思います。

決して自分で引っ張ったりせず、ハサミでカットするか、絆創膏を張るという方法が良いでしょう。

ささくれには、くれぐれも注意をするようにしましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ