入学祝いのお返しは必要ない!?マナー上しなくても良い?何か贈るなら?


大切なお子さんが入学される際には、親戚の方など、

周囲の方からお祝いをいただくことがあるでしょう。

お子さんの門出を祝ってもらえることはとても嬉しいことですね。

しかし、お祝いをいただいたからにはお返しが必要なのか?

もし必要ならばどれ位の値段のものを贈れば良いのか?

といったことを、疑問に持たれることもあるのではないでしょうか。

そこで今回は、入学祝いのお返しについて考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

入学祝いを貰ったけどお返しは必要ない!?驚くべきマナー!

まず入学祝いというものは、

勉強に使うものなどを購入しなければいけない時期に、

お子さんがきちんと勉強ができるようにという気持ちが込められています。

入学祝いをいただいた場合には、

『お返しをした方が良いのだろうか』と悩んでしまうこともありますね。

しかし、基本的には入学祝いにはお返しをする必要はありませんよ。

入学祝いはお子さんがいただいたものですし、

お子さんは、金銭的にお返しをすることはできないと考えられるからです。

それでも、お祝いが届いてからその日のうちに、遅れても数日間の間には、

お子さんにお礼の電話をかけさせるか、手紙を書かせることが大事でしょう。

お祝いをいただいたのなら、きちんとお礼をするのがマナーですね。

でも気持ちが良くないからお返しは送っても良いの?

はてな4

お祝いをいただいたお相手にもお子さんがいらっしゃるなら、

あなたの方からもお祝いを贈ることがあるでしょう。

そういったことから、『ギブアンドテイク』ということになります。

しかし、相手にお子さんがいないとするなら、

お返しはした方が良いということもあるようですよ。

それに、やはり『お返しは必要かもしれない』と考える方もいますね。

そういった場合には、お返しをしても大丈夫ですよ。

スポンサードリンク

お返しを贈るタイミングは?

お中元

もし入学祝いのお返しをするなら、

お祝いをいただいてから1カ月以内が良いでしょう。

大体、1週間後辺りから送るとベストですね。

春に入学祝いをいただいているのに、季節が変わってしまうということはいけません。

入学祝いのお返しは、入学式後に贈るようにしましょう。

もし入学式前にお祝いをいただいているなら、4月上旬ごろまでにお返ししましょう。

相手先に訪問できるようであれば、入学式が終わってあまり日が経たないうちに、

お子さんも一緒に訪問されると、お子さん本人が直にお礼が言えるでしょう。

しかし、相手の方が遠くにお住まいだということで訪問できない場合もあります。

そういったケースでは、お子さんが自分で書いた御礼状や、

入学式で撮影した写真もお返しに添えて贈ると良いですね。

贈るならどれくらいの値段で何を贈るのが良い?

財布

おじいさんやおばあさん以外の親戚の方や、知人の方からお祝いをいただいたなら、

いただいたお祝いの半分から1/3ほどの値段の物を選ぶようにしましょう。

品物でお祝いをいただいたなら、その品の値段を調べてからお返しをすることが大事ですね。

入学祝いよりも高い物を贈るのはマナーとして相応しくないので、気を付けましょう。

ランドセルなど、高額な物をいただいた方には、ギフトカードなども適していますよ。

こちらが先に贈るプレゼントというわけではありませんし、

使うことができるという手軽さがあるからですね。

ご年配の方なら、お菓子も食べることができ、消費できるという点で適しているでしょう。

洗剤やタオルといった物もあると助かるものですし、使えるので喜ばれるのではないでしょうか。

まとめ

入学祝いには、お返しは必要がないのですね。

しかし、きちんとお子さん本人からお礼の言葉を伝えることは大事なのです。

もしお返しをするならば、1カ月以内にいただいた半分ほどの値段のものを、

お返しするようにしましょう。消費できるものが適しているでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ