卒業祝いと入学祝いは一緒に贈る方が良い?合わせた金額の相場について!


卒業式が終われば入学式という家庭も多いですよね。

となると卒業祝いといい入学祝といい金銭的にもそれなりの負担はかかるもの。

そこで「卒業祝いと入学祝は合わせて贈るのはダメなの?」という疑問もありますが、

今回は「卒業祝いと入学祝い」についてお話ししていきます。

スポンサードリンク

卒業祝いと入学祝いの贈る時期はいつ頃?

入学

卒業式と入学式の間はほんの1っヶ月ほどの期間しかしていません。

卒業式は3月1週目が多く、入学式は4月1週目が多いです。

この1か月の期間の間でどのタイミングで贈ればいいのか困りますよね。

卒業祝いに関しては「卒業祝いを贈るタイミングと金額相場」

を参照していただくとわかると思いますが、

3月1日~3月15日までの期間に贈るのが限界と書きました。

ですが入学祝いはどうすればいいのか。

入学祝いは3月の1週目~入学式1週間前までが限度といえます。

あまりに遅いのも失礼に当たりますし、

逆に早いとなると「高校生」「大学生」などは浪人などもありえるので

早すぎも早すぎで良くないとも言えます。

もちろん小学生・中学生も同様早すぎは控えましょう。

卒業祝いと入学祝いは一緒にしても良い?

お祝い

こう見てみると、卒業祝いと入学祝いを贈る時期が

ほぼ一緒なことに気づかれると思います。

ではどうしたらいいの?

別々の封筒で卒業祝いと入学祝いを贈るのが良いの?と考えてしまいますが、

そこまでしなくてもいいのです。

実は「卒業祝い」は優先すべきものではありません。

もちろん入学祝いが無ければ「卒業祝い」を贈るのがいいですが、

入学祝いがかぶる場合は「入学祝い」として卒業祝いを一緒と考えて贈って良いです

別々の封筒ではなく「入学祝い」と書くだけでもいいですし、

「卒業祝い兼入学祝い」でもいいです。

これだと書き方が汚いので「卒業祝いと入学祝いを兼ねて」でいいでしょう。

入学祝いが優先ですので、そちらのお祝いとして「卒業祝い」も兼ねるべきです。

では、金額は「卒業祝い」と「入学祝い」を兼ねるから・・・と多めに出そうとしていませんか?

実はこれも相場は大体決まっています。

スポンサードリンク

入学祝いの相場

お札2

では、卒業祝いと入学祝いを兼ねるとなると入学祝いは少し割高になるな~と

考えてしまうのも無理ないですが、入学祝いの金額の相場は意外にも

「5000円~1万」が相場となっています。

家族などでは2万という事もありますが、大抵は1万が多く、

5000円が続くような形となっています。

やはり1万が多い理由としては「卒業祝い」も兼ねてることや

入学は試験などを受けて合格して入学することもあるため、

壁を乗り越えるという難関をクリアした祝いとしての意味合いも強いといえます。

なので、学年によりけりとは言えますが、

高校入学祝いまたは大学入学祝いでは1万円が多く、

小学校の入学祝ではお金ではなく「図書券」なども多く、

お金で貰うとしても5000円程でなおかつ親に渡すのが一般的です。

中学校入学祝いとなると5000円が妥当と言えます。

卒業祝いと入学祝いを兼ねていると言ってもほとんどの意味合いは

「入学祝い」とされていることから金額も合算しているというよりは

「入学祝い」としての金額のみといえます。

なので、卒業祝いと入学祝いを兼ねているからと言って、

合算した多めの金額を包むことはしなくても大丈夫で、

通常の「入学祝い」としての金額を入れるとともに

意味合いとしては「卒業祝いと入学祝い」とするのが良いでしょう。

「タイトルには{合わせた金額の相場}」とありますが、

実際には合わせているのは金額ではなく「気持ち」とも言えます。

包むのし袋は印刷で良いの?

のし

これは特に結婚式などのようにかしこまる必要はなく、

通常大量に売られている「印刷ののし袋」でOKです。

どうしても手書きで良いものに包みたいというのであれば、それでも構いません。

ようは「気持ち」が伝わればそれでOKといえます。

もちろん新札を入れる?

こういったあらかじめ予測できるメデタイことに関しては「新札」を入れるのがマナーです。

どうしても新札がない場合などはこちらの「新札を手に入れる方法」

これを参照していただければ新札は手に入るので、活用してみて下さい!!

まとめ

いかがでしたか?

卒業祝いと入学祝いは別々でなくてもいいのです。

むしろ入学祝いの方が優先度は高いので、

入学祝いとして贈ると考えて良いでしょう。

金額も入学祝いとして考えた金額で良いですし、

相場通りの金額でもいいといえます。

大事なのは「贈る気持ち」なので、素直に「オメデトウ」を贈るのが良いですね!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ