リコイが可愛いのは性格も!?カラーや寿命と販売値段について!


今や猫好きでは知らない方はいないほどの大人気で

見た目がクールでカッコいいで評判の「リコイ」。

リコイという猫を知らない方はどういう猫なのか。

値段やカラーはどんなカラーで寿命はどれ位なのかについて知っていきましょう!!

スポンサードリンク

リコイは新種でまだ少ない!!

リコイという猫は新種で「アメショー」として知られる、

アメリカンショートヘアの突然変異によって生まれた珍しい猫。

このリコイという名前になったのも、見た目がオオカミに似ていることもあり、

オオカミをギリシャ語に変換して名付けられたのが「リコイ」なのです。

このリコイを育てるブリーダーというのがアメリカでブリーダーと獣医をしている

ジョニー・ゴブルという方の下で生まれたようです。

まだ全世界で7匹と言う事で、実際にお目に掛かれるのは当分先ですね。

見た目はクール!!性格は可愛い!?

リコイ

*リコイではありません。

見た目はこのようにかなりクールでカッコいい。

リコイのクールな画像はこちら!!

ですが、意外にも見た目とのギャップがあるような可愛い性格でもあるようです。

元々はアメリカンショートヘア。

アメリカンショートヘアの性格といえば「人なつっこい」「賢くて素直」といったように、

この新種猫であるリコイも「人懐っこさ」があるようです。

見た目がオオカミみたいだと言われているのですが、内面は可愛めなので

最初は少し抵抗がある方もいると思いますが、すぐに懐いてくれる「可愛い猫」と言う事です。

すぐにでも欲しくなりますね!!

カラーと毛並みについて!!

そんな新種猫のリコイのカラーは2015年現在7匹いるとされていますが、

「グレー」の1カラーのようです。

また、毛並みですが、毛並みはすでに色々な違いが出てきているようで、

1匹のリコイは「毛並みが無造作」で「アゴから胸にかけて毛がない」、

そしてもう1匹のリコイは「ほとんど毛が無い」といいます。

さすがに「スフィンクス」みたいに完全無毛な感じではないでしょうが・・・。

ちなみにスフィンクスも同じくカナダにてイエネコの突然変異で生まれた猫なんですよね。

スポンサードリンク

寿命は?

ではリコイの寿命についてですが、

現段階でまだ確定の話は出来ませんが

元々はアメショーと言う事で約13年と言えます。

もちろん長ければ18歳程の長寿もあり得るでしょう。

このアメリカで生まれたリコイは突然変異ながら健康と言う事で

アメリカンショートヘアの体質でもある「太りやすい」

こまめに解消していかなければいけないでしょう。

日本での販売と値段について!!

猫23

*リコイではありません。

では、世界でも数の少ない「リコイ」の日本での販売はどうなのか。

今のところ、もちろん購入は出来ません。

まだ世界で7匹と言う事で、ほとんど繁殖されていないことから

ペット化としての基準は満たしていません。

と言う事から、まだ当分先の話となるでしょう。

そして、日本で購入可能になった場合の値段は

「18万~30万」とありますが、恐らく20万は超えるかと思います。

人気がにより高騰するのは間違いないので、

もしかすると30万を超えるクラスになることもあるかもしれません。

普通のアメリカンショートヘアで「5.6万~13.4万」ですので、

やはり割高になることは間違いないようです。

まとめ

ドンドン話題が広がりそうな新種猫の「リコイ」。

このリコイが日本に来て実際に購入できるまでの期間はまだまだですが、

いずれ入ってきてもやはり値段の壁もあり、中々買えないかもしれません。

ですが、アメリカンショートヘアと同じく人懐っこくて賢いことから

見た目は珍しくても家に連れて帰りたい気持ちが優先するかもしれませんね!!

まだまだリコイも数が増えてくれると思いますので、これからも注目してみるのが大事です!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ