卒業祝いはいつ渡す?小学校・中学校・高校別の金額相場を公開!!


めでたく卒業を迎える子供たちにはお祝いをしないといけません。

それは自身の子供であっても兄弟の子供であっても

身近にいる親戚の子であっても言える事です。

でも卒業祝いはいつ渡せば良いのかわかりづらいですし、

金額も関係によっては考えどころです。

今回は卒業祝いを贈る時期と金額の相場を小中高別でまとめました。

スポンサードリンク

卒業祝いを渡すのはいつがベスト?

お祝い

卒業祝いはあくまでも卒業の祝いですので、

卒業シーズンである「3月」をめどに送るのがベストです。

出来れば「卒業式」に合わせて贈るのがベストといえます。

なので、贈る場合は「事前に日にちを聞いておく」ことで、

卒業式後に親から渡してもらう又は自身で渡す事もできます。

万が一遅れたとしても卒業式から1週間が限界でしょう。

それ以上となると「入学祝」又は「就職祝い」と重なるので、

「卒業&入学祝い」などを兼ねて贈る場合は

卒業後1週間の遅れがあっても問題ありません。

ですが、卒業祝いですとやはり3月1日~3月15日程が限界と言えます。

遠くから送る場合はあらかじめ早めに送るよう心掛けましょう。

・「入学祝いの贈る時期と金額相場について!」

卒業祝いが遅れた場合の注意点

卒業祝いを贈るのが遅れた場合、

入学祝い又は就職祝いと兼ねて贈ると書きましたが、

これには注意が必要で、万が一確認せずに

入学祝又は就職祝いと送った場合、

「入学又は就職していなかった」となれば失礼に当たります。

仮に不合格や内定取り消しなどがあった場合、

これを贈ると相手側も困惑しますので、

かならず事が決まってから送るようにすることが大事です。

卒業祝いの学年別金額相場

お札2

では卒業祝いでいくら渡すのがベストなのか。

これはその家族との関係性になどによりけりで、

かなり遠い親戚の場合などは贈らないことも多いです。

これらを踏まえてみていきましょう。

小学校卒業祝いの金額相場

小学生の場合はお年玉と変わらず、3000円~5000円が相場のようです。

多くは5000円で、これらは家族・親戚・従妹・姪・甥など関係問わず

この額を包むとされています。

中学校卒業祝いの金額相場

中学校ともなれば金額は変わるかと思ったのですが、

中学生も同様5000円が相場となっています。

これも家族となれば1万の家庭もあれば2万の家庭もあるようです。

ですが、5000円で十分と言えるでしょう。

高校卒業祝いの金額相場

高校ともなればこれからはほとんどお金を貰う事のない立場となりますし、

一般的に高校は試験を受けて合格している事などもあり、

高校卒業祝いは5000円~1万が相場となっています。

家族や近い親戚などでは大体1万が多く、

遠い親戚などでは5000円といったところです。

また、高校ともなると2~3万を包む家庭もあります。

ですがこれも中学同様気にする部分ではない為、

家族や近い親戚であれば1万で多く、

他は5000円で十分なお祝いとなります。

大学・短大・専門の卒業祝いの金額相場

ちなみに、大学・短大・専門学校を卒業した場合の卒業祝いはどうなのかといいますと、

1万~2万程が相場とされています。

ですが、この年齢になれば貰えないこともあるようなので、

相場は「1~2万」ですが、渡さない選択肢もありますから

これは各自の気持ちでお祝いしましょう。

スポンサードリンク

卒業祝いは無い家庭が多い!?

家族10

卒業祝いというのは無い家庭も実は意外にも多いとされていて、

理由として「入学祝や就職祝いとして渡すから」という理由があるからです。

ようするに「兼ねて贈ります」と言う事ですね。

なので、卒業祝いを贈ってさらに入学祝を贈るなどの事はしなくてもいいのです。

どちらも贈る場合は「入学又は就職が確定後」に

入学祝又は就職祝いとして贈るというのも贈り方の1つです。

なので、必ずしも中学卒業した親戚がいるなどがあっても

遠い間柄で、連絡もあまりとらない関係などであれば

「祝い金」などの贈呈はしなくてもいいのです。

どうしても贈りたいと思うのであれば贈っても問題は無いです。

ただ、「お返し」などは期待してはいけません。

マナーとしてお返しは必要無いとされていますので、

受け取った気持ちとして電話でやり取りをする事があるくらいです。

お祝いは「気持ち」ですからそういったお返しなどを気にされるのであれば

贈らなくても問題ないといえます。

兄弟共に渡す場合

兄弟2

卒業祝いを贈る際に自身に兄弟がおり、

兄・姉・または弟・妹も贈るといった場合は

年下である弟・妹の方が贈る金額が大きくならないように

兄弟間で贈る額を相談するのが良いでしょう。

もちろん弟・妹の方が額を言った方がいいでしょう。

関係性がギクシャクしないほうが良いですので、

そういった面も気を遣うと良いですね。

「お年玉の金額相場」でも書いていますが、

兄や姉を立てると言う事も大事なので、

兄弟間で連絡を取っていくら包むか決めてから

贈るのがベターと言えるでしょう。

まとめ

卒業祝いは「無し」という家庭もある中で、

小学校・中学校・高校・大学の卒業祝いは

およそ5000円~1万平均といったところに落ち着いていますね。

どれだけ大きい金額を包んだからと言って「お返し」を期待してはいけませんよ!!

元々お返しは無いものなので、「気持ち」として快く渡すのがベストです!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ