卒業式と入学式が同じスーツだけど大丈夫!?浮かない着こなし方法!


卒業式や入学式とめでたいことではありますが、

何かと準備が必要と言う事で、大変でもあります。

特に、卒業式・入学式では雰囲気も少し違いますから、

服装に関しても気を遣う方も多いでしょう。

1番多いのは「卒業式と入学式は一緒のスーツでもいいのか?」ということ。

出来るなら一緒で行くのが楽ですし、お金もかかりませんよね!!

今回は「卒業式・入学式」は一緒のスーツでもいいのかについてお話ししていきます!!

スポンサードリンク

卒業式での一般的なコーデとは?

卒業式は子供の門出を祝う日と言う事で、人生において大事な日であり、

何十回も行われることもありません。

そんな卒業式で最も多いコーデは

「黒スーツ」が多く、次いで「グレースーツ」「喪服」といったコーデとなっています。

卒業式の服装に関してはこちらの「卒業式の服装はどうしたらいいの?」

を参照していただいてもわかるのですが、

他には「和服」もいますし、黒とは反対の明るめのスーツの方もいます。

「特に決まりはない」と言う事が言えるのです。

ですが、基本は「黒スカートスーツ・白ブラウス・黒パンプス・肌色ストッキング」などが主流です。

これは卒業式での人気定番コーデです。

入学式で多い一般的なコーデは?

では入学式で一般的に多いとされているコーデですが、

こちらもやはり「黒スーツ」が一般的とされています。

喪服なども「フォーマル」とされていて、

冠婚葬祭何にでも使えるようになっている理由もわかりますね。

黒のほかにグレーもやはり定番とされていますし、喪服の方もいます。

「卒業式」と「入学式」は基本的にベースは変わっていないんですね。

ただ、入学式の方がカジュアル寄りなので、

「ワンピース+ジャケット」や「明るめのスーツ(ジャケット)」などの方も多いです。

では卒業式と入学式は同じスーツでもいいのでは?とも思いますよね。

卒業式と入学式は同じスーツでもいいのか

膝3

卒業式の一般コーデも入学式での一般コーデも変わらないというのなら

同じスーツでも大丈夫なの?と思うでしょう。

結論から行くと、「問題は無い」といえます。

ですが「黒スーツ」「グレースーツ」「喪服」「ジャケット⁺ワンピース」どれもアリです。

ただ、ここで注意が必要なのは、「卒業式ほど黒ばかりではないと言う事」

そして、「卒業式の時とは少し違うアクセントを加える事」が重要といえます。

卒業式では「黒スーツが基本」とされており、黒やグレーなどの

暗めの色味が使われていることほとんどなのに対して、

入学式では「爽やか系カラー」などを取り入れている方も珍しくないと言う事が言えます。

もちろん地域などによりけりです。

ですが、明るめのスーツ(ベージュ)などの方もいますし、

「ホワイト系のスーツ・ワンピース」の方もいます。

それほどカジュアルめに決めれるのが「入学式」なのです。

これらの事を考えると、卒業式とそのままの格好で行かれると

かしこまり過ぎている可能性も出てくるので、

卒業の時とは違うアクセントを入れるべきと言う事です。

そのアクセントというのは

  • 「ブラウスをフリルに変える」
  • 「ジャケットをツイードジャケットに変更する」
  • 「アクセサリーを変える」
  • 「コサージュをより明るい色にする」

などのひと手間で印象を変える事ができるので、これは実践してみると良いでしょう。

スポンサードリンク

浮かない着こなし方として

喪服

浮かない着こなし方として、卒業式のスーツにひと手間加えることが大事です。

黒ばかりやグレーばかりになり過ぎず、

黒スーツだとすると「紺色」をアクセントとして入れたり「グレー」を

いれたりすると効果的です。

特にジャケットなどを黒からグレーに変えるなどだけで見え方は一目瞭然です。

また、明るめのスーツを買うとなっても「コサージュなどは暗めにせず、白や黄色」

などの色を少し加えてみましょう。

あまりにも派手な色味を使わなければ全然アリです!!

また、バッグについても卒業式と同じく「黒」を使わなくても良いです。

明るめの色でスーツの色と合わせても大丈夫ですが、

あくまでも「無地」というのは抑えておく方が良いです。

浮かない着こなしで何よりいる事は

「重さを出さない」と言う事を念頭に置いて着る服を決めると良いです。

また、「派手さも出さない」と言う事を忘れないでおきましょう。

明るめ=派手ではないです。

明るめ=華やかと言う事になります。

なので、決してアクセサリーは必要以上に着用しなくても良いと言う事が言えます。

寒さに気をつけよう!!

春

入学式シーズンはまだまだ寒いです。

こんな時にブラウスをシフォン系に変えたために寒さが際立つなどもあるでしょうが、

風邪をひいては意味がないので、体調の面を考えて「コート」を羽織ってもいでしょうし、

肌が露出している部分は覆う事もしましょう。

まとめ

卒業式も入学式もそれほど変化はないと言う事が言えますが、

入学式の方が少しだけカジュアル目なこともアリ、

卒業式のままでは「印象が硬め」なので、小物やブラウスなどで

細かいアクセントを入れるのが効果的でオススメといえます。

新しいスーツを買うと言う事はしなくても良いですので、

その買わり「コサージュ」などを別途で購入すると

より入学式らしい服装になるので、この方法もオススメですよ!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ