卒業式に先生の涙を見たい!担任が思わず泣くサプライズ大作戦!!


卒業式といえば「泣」という文字が似合いますよね!!

それは生徒はもちろん、会場に足を運んでくれる保護者や教師など、

様々な人たちが号泣をしてしまう寂しさ含む喜びの場で

どうしても最高の卒業式と共に、担任である先生を泣かせたい!!

でもどういうサプライズで感動してもらえるか・・・

と言う事で、卒業式のサプライズの方法をいくつかまとめてみましたので

そのままやってみても良いですし、応用させて使ってみても良いと思うので

是非最高のサプライズをやってみましょう!!

スポンサードリンク

泣かすには極秘が必須!!

感動3

やはりこれは言える事なのですが、

泣くような感動的なサプライズでは「バレないように」と言う事が大事といえます。

なんせサプライズなのですからバレていてはそもそもサプライズとは言えないかも・・・。笑

なので、学校内での練習はなるべく避けて「プライベート」の時間を削って

努力の結晶を見てもらう事が大事です。

学校終って疲れている&自分の時間を削ってまでも

「私(担任)の為にここまでしてくれるのか」と思ってもらうと

自然と涙は出てしまうものです。

それまでに愛情を注いできているわけですからね!!

ですが、例え「サプライズ」でなくても「何をやるのかバレていても」

本番での感動はとても大きいものになるので、

努力の賜物を見せると言う事だけで実は「感動」は必ずするものといえます。

ですが、最高の感動で泣いてもらうには、

まずは自身の時間を削ってでも「行動する」と言う事が

最高の感動を生むステップなので、実行しましょう!!

感動させるには自分が全て!

感動2

感動してもらうには「自分たちが真剣でないといけません」と言う事です。

誰かが真剣でなく、欠けていても担任の先生は「あれ?○○は?」と

逆に最後まで不安を残してしまう可能性もあります。

特にクラスにいる一定数の「不良」と言われる人はまずこういう

行事には協力的ではないことが多いでしょう。

ですが、この「最高の感動」を与えるには逆に

「普段しなそうな子が真剣に取り組む」というところもキーポイントになります。

なので、出来るだけ協力をしてももらい、

クラス全体の行動を目に焼き付けてもらうと良いです。

これはお笑い芸人や俳優でもなんでも言えることでしょうが、

自身が楽しんでいないと相手が楽しむわけがない・・・と言う事で、

自身が頑張りを見せないと相手は感動しないのです。

感動を呼ぶ大作戦その1

感動

クラス全員の手紙

やはり定番の色紙などもありますが、こちらもオススメです!!

クラス全員の手紙と言ってもただただ

手紙を渡すだけでは感動はまだまだ足りないです。

どういう方法かというのが、

卒業式数か月前からあらかじめ「○○先生ありがとう!!」などという

1人1人の担任へのメッセージとなるボードか何かを持った

上半身写真を全員分撮り、その写真を手紙の表面部分に

貼った手紙を1人1人教室で渡していくという方法です。

これは泣けますよ!!

では手順はこちら!!

↓ ↓ ↓

1.卒業式数か月前からプライベート空間でも学校内でも良いので

1人でメッセージボードを持った写真撮る

2.手紙を書き、封筒の大きさに合わせてトリミング(サイズ変更)をする

3.手紙を入れる封筒の表面に写真を貼る

4.卒業式が終わって教室に戻ったらクラスの「男子代表1人」

「女子代表1人」それぞれが手紙を読み上げる。

5.読み終わったら1人ずつ教壇まで手紙を持っていき、

一言添えて手紙を渡していく。

6.全員私終ったら「クラス全員の写真が載った大量の手紙入れ専用バッグ」を渡す。

これが方法となります。

やはり最後には大量の手紙が手元に残るわけですから

持ち帰るのが困難ですので、その際にまとめる袋も

オリジナルでクラス全員の写真又は「今までありがとう!!」「○○大好き!!」

といったメッセージ付きトートバッグなどを渡してあげることで、

持ち帰りやすいにプラスでバッグでさえ思い出になるという

意外と手の込んだ方法です!!

ここまでされると泣いてしまうのも時間の問題でしょう!!

スポンサードリンク

VINE動画をCDに焼いてプレゼント

これは今時のやり方ですね!!

動画というジャンルに入りますが、

今はやりのVINEで短編動画をパソコンにて保存&編集することで

1つにまとめてCDに焼いてプレゼントしましょう!!

ですが、編集となると簡単な作業でも

やったことのないやったことのない方にとってはかなり時間もかかるので、

クラスでパソコンが得意な人に頼むことが必須条件となります。

またVINEは短編動画の為、やることは出来るだけシンプルにまとめたり、

笑える動画などは避け、メッセージ形式にするのがオススメです。

出来たら「長い文章を各動画でセリフ分けしてまとめるなどの方法」もアリですし、

卒業ソングを各秒数で上手く分けてまとめるなどしても良いですね。

CMでも行われている方法でもあるので、これも感動出来る方法の1つでしょう。

これらももちろん「事前に撮っておく必要がある」ので、早めに段取りをするのが良いです。

唄を直接プレゼント

これは定番ですが、定番程強いものはありません。

やはり泣ける歌を選び、どこかで密かに練習した努力を見せるのが1番効果的です。

これは見つからないようにやるためにはプライベートの時間も

かなり必要になるとは思いますが、時間を掛けてこそ感動は生まれますので、

先生の年代に合わせた曲にするのがベストです!!

終わった後も感動を届けよう!!

これらのサプライズも無事に終了したら、

最後に「LINEのチャットグループ」を作るのはオススメです。

メール

もちろんLINEをしている人は全員ですし、先生も含みます。

先生との繋がりを持つことで「同窓会」などはもちろん、

卒業式が終わってから再び、チャットグループを通して

皆個人個人でメッセージや画像、動画などをチャット内に貼り、

先生に見てもらえる環境を作ることで、

生徒からの感動をいつまでも「想い出」として残しておくこともできますし、

近況報告なども出来るので、LINEでチャットグループを作るという

最新な方法もありかと思います。

LINEでつながってしまえば、その後個人的相談なども出来るでしょうから

オススメといえます!!

まとめ

いかがでしたか?

これらは最新なやり方ではありますが、思い出の残し方は

方法等よりも気持ちが何より大事です。

気持ちをより伝えるには皆の協力が必要なので、

まずはクラス全員の協力を心掛けてみましょう!!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ