卒業式に担任に花束を贈る際の値段の相場と花の種類は?


3月は卒業式のシーズンですね。

卒業生は、お世話になった担任の先生に

strong>感謝の意を伝えたいという思いもあるのではないでしょうか。

そんな時には、卒業式の日に花束を用意して、

先生にプレゼントをしてはいかがでしょうか。

そこで今回は、担任の先生に贈る花束の

花の種類や相場などについて考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

卒業式に向いてる花の種類と意味について

花の種類

まずは、どのような花を選べば良いのかについて考えてみましょう。

卒業式には、その先生の特性に合わせて花を贈るのも一案です。

優しさのある先生ならば、スイートピーやカスミソウ、アマなどが良いでしょう。

熱血漢な感じの先生には、カーネーションや赤のバラなどが適していますよ。

教えを受けた先生には、尊敬できる素晴らしい先生もいることでしょう。

そんな敬えるような先生には、バラはバラでも白いバラを贈ってはいかがでしょうか。

また、ダリアも卒業式にはうってつけの花だと言えますよ。

花の意味(花言葉)

上記に挙げた花の花言葉を考えてみたいと思います。

的外れな意味の花を贈らないようにしたいものですね。

・スイートピー

スイートピー

スイートピーの花言葉は優しい思い出という花言葉がありますよ。

・カスミソウ

カスミソウ

カスミソウの花言葉は深い思いやりです。

あなたの親切に感謝という花言葉があるのは、アマですよ。

・カーネーション・赤いバラ

カーネーション

カーネーションや赤いバラは、両方とも情熱という花言葉なんですね。

・白いバラ

白薔薇

白いバラの場合は、尊敬という花言葉となっていますよ。

・ダリア

ダリア

ダリアの花言葉は、感謝なので、まさに卒業式にぴったりですね。

このように、花言葉の意味も意識して花を選ぶことも大事ですよ。

大体の値段の相場はいくらぐらい?

お世話になった先生にお花を贈りたいけれど、

どの程度の値段のものを選べば良いか迷ってしまいますよね。

では、お値段の相場はどの程度になるでしょうか。

卒業式に贈るお花の値段の相場は、どんな大きさのものを贈るかにもよるでしょう。

花は、1本100円から500円くらいの相場で売られていますよ。

花束は、小さいサイズであれば1,000円から3000円ほどで作れます。

大きめなものにするのであれば、2000円から5000円ほどで作って貰えるでしょう。

人数が30人以上いるクラスなら、1人150円ほど出し合えば、立派な花束が作れるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

誰が渡した方がいい?

教室

さて、花束は用意できたけれど、いざ渡すとなった時に、

誰が渡すのかということで、もめるわけにもいきませんよね。

そうならないために、事前に決めておきたいものです。

花束を渡すのは、クラス委員などの代表者が渡すというのが一番良いと思われます。

皆、誰でも先生に花束を渡したいという思いがあるかもしれませんが、

渡す花束は1つだけでしょうから、クラスの生徒を代表する人が渡すのだ妥当だと言えるでしょう。

花束を渡す時には、先生にも花の花言葉がわかるように、メッセージを添えてあげると良いかもしれませんよ。

どのタイミングで渡すのがベスト?

花束

花束は、卒業式が終わって教室に戻って来てから渡すと良いかと思われます。

最後に感謝の意を示せるのは、この時がうってつけなのではないでしょうか。

式において、先生も生徒達を送ることの感慨に浸っているでしょうし、

その後にサプライズでお花を渡したなら、きっと先生も感極まってしまうかもしれません

生徒達にとっても、先生にとってもきっといい思い出になることでしょう。

まとめ

卒業式に担任の先生に花束を送るなら、

その花に込められた意味も意識しながら、花の種類を選ぶようにしましょう

また、相場については5000円くらいのもので

大きなものを花屋さんで作ってもらっても良いかもしれません。

また、渡すのなら卒業式そのものが終わってから、

教室でクラスの代表の人が渡すのがベストではないでしょうか。

新たな門出に、これまでの感謝の気持ちを

花束に乗せて先生に伝えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ