天才・優秀と言われる子供を育てる方法は習い事と本で決まる!?


世の中には「頭が悪い」「平凡」「天才」などといったカテゴリが存在する。

この基準に確かなものは無いですが、

「天才」と言われる人は世の中でも一握りと言えるでしょう。

特に「天才」というのは子供の段階で決まるようなものと言われており、

「お宅の○○君、頭いいね!!」などと言われたいと思っている親も多いとのこと。

と言う事で今回は「天才・優秀」と呼ばれる子供に育つにはどうすればいいのか。

習い事などはどうすればいいのかなどをお話ししていきます。

スポンサードリンク

天才・優秀と呼ばれる教育法

0歳の時から人として扱うべし!!

赤ちゃん5

これは聞こえが悪いかと思いますが、

人間は0歳児の事をほとんどの確率で「赤ちゃん」と呼ぶでしょう。

ですが、赤ちゃんという扱いではなく「人」として扱う事が大事です。

言葉が通じる年齢の子供というほうが正しいでしょう。

赤ちゃんの頃でも脳は鍛えられます。

よく何かに異常に反応したりすることはありますよね?

あれは脳内で確かな反応を見せているのです。

目で追いかけたり、物をひぱってみたりすることも

脳の反応で、「いないいないばあ」をしている時も必死に目で追ったりしています。

そして笑うことだってあります。

それはすでに脳が活性化している証拠

すでに赤ちゃんの脳ではなく義務教育へと向かう1歩を踏み出しているのです。

まずは、赤ちゃんというカテゴリから除き、

人として接しながらあらゆる行動をしてみて下さい。

驚くほど脳は使われているのです。

ただ、愛情を持った触れ合いは重要なので、大事に行いましょう。

本・絵本は必須!!

絵本

絵本は下に書いているのですが、聴覚に刺激を与えるものでもあります。

本は成功者の必須アイテムとなっていることはおわかりでしょう。

一流企業のトップを走る経営者などは毎日と言っていいほど

「本」を読んでおり、本によって「知識」だけでなく「想像力」「創造力」「関連力」

などの頭の回転や柔軟性を鍛えるのに適しています。

天才・優秀と言われる子供になるためには

0歳から絵本を読み聞かせ、脳への刺激を与えることが大事です。

もちろん、0歳以降も「本を読むことが好き」となり、

大人になっても本を読む事を続けるくらいにならなければいけません。

決めつけることをしない

子供14

自身の経験から、こうなってはこうだからこうはさせないなどの

自身の経験値をベースに物事を決めつけたやり方は絶対に行ってはいけません。

それよりも「自由」をベースに子供自身が何をしたいのか、何を考えているのか、

何が不満なのかを子供自身で考えてもらう事の方が大事なのです。

「これはやらせない」などの縛りは辞めましょう。

将来に関しても同じです。

この仕事をやらせたいからなどという決めつけは無しにして、

何の仕事をしたとしても活躍できるだけの「力」をつける努力をするべきでしょう。

良い会社に入れば「天才」というのは大きな間違いですよ。

五感で刺激を与える

子供15

五感はかなり大事です。

何をするにしても「感じるもの」が大事といえます。

これにより脳への刺激を与え、発達を促します。

嗅覚

赤ちゃんにおもちろん五感は存在しており、

「嗅覚」は生まれた時点で発達しているので、

刺激となるものはなるべく避け、癒す為の匂いや「自然」という

空気の匂いなどを肌と臭いで感じさせ玲奈どのことも必要とも言えます。

視覚

視覚に関しても生まれた時点で視覚はすでに持っています。

近距離である30cm程のものが1番良く見えるのだといいます。

そういった距離で親との顔のコミュニケーション(いないいないばあ)や

鏡などを使って視覚から脳に対する刺激も必要といえます。

聴覚

これも聞いたことがあるはずです。

お腹の中にいる時から

「ある歌手の曲ばかり流していたら生まれてからその歌手を好きになっている」。

こんな話がありますが、あながち嘘ではないのです。

赤ちゃんの耳は母体にいる時から発達をしており、

生まれてからも発達を遂げます。

なので、生まれる前から音楽などを掛けて、生まれてからは

実際の音や両親の声で絵本を読み聞かせるなどの事は必要です。

間違って「赤ちゃん言葉」などは使わないことが重要と言う事です。

触覚

触覚に関してはもちろんあります。

物か何かが当たるとすぐ泣いたりするでしょう。

それは痛覚がそうさせているのです。

このことから、生後はしっかりとスキンシップをとることが重要です。

着せる服などの間隔ももちろんあるので、

余りにストレスとなるような生地は辞めましょう。

味覚

最後に味覚ですが、これもすでに「ミルク」を飲む時点で

そのミルクの味はわかっています。

大体生後3か月ごろから味覚は発達していくとも言われているので、

生まれてから母親はなるべく体の調子を維持し、

良いミルクを母乳として与えることが必要といえます。

スポンサードリンク

習い事は「水泳」「ピアノ(楽器)」「料理」で決まり!!

ピアノ

習い事にも法則があり、これらの「水泳」「ピアノ(楽器)」「料理」のどれかをすることで、

脳の発達させる効果があると言う事です。

それだけでなく、「感受性」「独創力」「読解力」「想像力」「創造力」

などの多くの「人間力」などがつくということなのです。

水泳

まずは水泳です。

水泳は「心肺機能」などが強くなることもあり、

「喘息持ち」の方にもおすすめされていますが、

それだけではありません。

水泳は体に負担が掛かりにくく、体の発達に余計な負荷を掛けないのです。

筋肉の付き方も良質で柔らかい筋肉にもなります。

そして何より、「足を動かしながら手を動かし、そして呼吸する」という

泳ぐためには「様々な事を駆使し無ければいけない」為、

体動をコントロールすると言う事で神経系の発達が見込まれます。

ピアノなどの楽器

ピアノに関しては感情が豊かになるとともに、

これも水泳と同じで「楽譜を見ながら指と足を使う」と共に

指の力の入れ方も「強弱」をつけなければならないなどで、

神経系の発達に繋がります。

何より音楽は現在の音を出すためには

「先にある音譜(楽譜)」を見なければ音楽として鳴り響かないと言う事です。

このことから、先を読む為の能力や楽譜の暗記なの効果も発揮されることから

ピアノはとても脳に良いとされています。

もちろんピアノと言っていますが、ギターなどの楽器でも効果はあります。

料理

これは子供料理教室などが良いのですが、

なぜいいのかというと、料理をすることで「味覚」を使う事、

そして何を入れればどんな味になるなどの「想像力・創造力」もつきます。

そして複数人いる事で、役割分担などのチームワークだけでなく

大人になってからの仕事でも使われる「役割」について考えることもできます。

また、もしかしたらこれをやれば美味しい料理が出来るかも!!

発想力を鍛えるのにも効果を発揮するのが料理といえます。

何より慣れてくれば「複数の事を同時進行で行う」という脳にとってはかなり

発達に繋がる大事な要素でもあるので、「料理」もオススメなのです。

まとめ

いかがでしたか?

いつは勉強の事には一切触れていないのですが、

これだけでも人間力は付いてしまうものなのです。

本を読むことだけでも勉強ともなります。

勉強したから天才ではないのです。

勉強をしなくても天才にはなれるのです。

やってはいけないのが「無理やりを無くす」「基本自由にする」

「考えさせる」ことなのです。

時には叱ることも必要ですが、いつでも「ガミガミ」言っていては

楽しみを無くしてしまう子供になってしまいます。

また、習い事に関しては「水泳」「ピアノ」「料理」が良いとは言っていますが、

1番いいのは「子供がやりたいと思ったもの」です。

やりたいと思ったのが「上記の3つのうちのどれか」であったら尚良いと言う事です。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ