飛行機に乗ると耳に違和感!締め付けられる痛さが治らない時の対処法!


飛行機に乗ると、何故かキーンと耳が痛くなることがあります

そのために、飛行機に乗ることが憂鬱になってしまうかもしれません。

しかし、飛行機に乗る必要のあることもあるでしょう。

そう言った時のためなどに、今回は飛行機での耳の痛さを改善する方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

飛行機に乗ると耳が痛くなるのはなぜ?

飛行機2

まず、疑問に思うのがなぜ飛行機に乗ると耳が痛くなるのかということではないでしょうか。

それは、気圧の変化が関係しているんです。

飛行機に乗ると、上昇・下降をする際には鼓膜の周辺、奥にある内耳、鼓膜よりも手前部分を境界部分にして

気圧の変化が起こることがあるんです。

耳管の中の気圧の均衡が、鼓膜の内側と外側とで崩れてしまうことで耳に痛みが生じてしまうんですね。

飛行機が上がると気圧は下がり、その反対に飛行機が下がると気圧は上がるんです。

そういったことに、耳の中が上手に調節できないことから、痛みとなって出て来るということなのですね。

耳栓は有効的なの?

飛行機内で耳栓と使うことが有効と言えます。

使うのも、サイレンシア・フライトなどの飛行機用のものが適しているでしょう。

サイレンシア・フライトなどは、上記の気圧変化での耳の痛みにも対応している商品で、

効果も抜群だという声もありますよ。

本体はエラストマーという素材で、形は三段フランジとなっています。

携帯用のケースが付いているので、どこへでも持ち運べますね。

耳栓をしていても、他の人と話すことができる(声は聞こえるということ)のも便利です。

飛行機に乗るのが嫌になる耳の痛さを治す方法!!

耳2

耳抜きをやってみよう

飛行機で耳の痛さを治すなら、耳抜きが適しているでしょう。

耳抜きの方法には『バルサルバ法』というものがありますよ。

~バルサルバ法~

1.まず、鼻から息を吸いましょう。

2.そして、鼻を指で摘まんで口も閉じます。

3.口は閉じたまま、鼻から息を出します。

耳を通って空気が抜けようとして、狭くなっている耳管を通るんですね。

その時に耳管が広くなるので、耳の違和感を治すことができるんです。

スポンサードリンク

紙コップが耳の気圧をコントロールする?

紙コップ

紙コップを耳に当てると、気圧の変化が緩和されるんです。

実行した人の中には、とても効果を感じられた方もいますよ。

航空機のキャビンアテンダントの方も、耳が痛い方に紙コップを出したというシチュエーションもあります。

その中には、温かいおしぼりが入っていて、紙コップのまま耳に当てると気圧の均衡を整えてくれるんですよ。

欠伸でも痛みが緩和される?

わざと大きな欠伸(あくび)をするという方法もありますよ。

涙が出るくらいに、するのがポイントです。

アメを舐めてみよう!

さらに、すっぱいくらいの大きなアメも痛み緩和のアイテムです。

あらかじめ購入して飛行機に搭乗しましょう。

子供が痛いという時の対処法は?

耳4

もしお子さんが耳が痛いと言った場合には、痛みどめの薬を飲ませることが大事です。

なかなか痛みが引かないという場合というのがポイントです。

飲ませるのは子供用の『カロナール』が良いでしょう。

大人用のアスピリン系の鎮痛剤は避けた方が良いです。

もし、ずっと痛みが長引くようなら、『航空性中耳炎』になってしまっていることも考えられます。

お子さんの耳の痛みが長い場合には、耳鼻科を受診するようにしましょう。

まとめ

飛行機に乗ると耳が痛くなるのは、

飛行機の上下に伴い、耳の中で気圧の変化が起きているからなのですね。

それを防止・解消するためには、飛行機用の耳栓を使うことも有効でしょう。

また、耳抜きをしたり、耳に紙コップを当てると治るということもありますよ。

もしお子さんが耳の痛みを訴えたなら、お子さん用の痛みどめを飲ませてあげましょう。

上記のことをご参考になさって、快適なフライトを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ