母の日にカーネーション以外を贈るならバラ?ガーベラ?ブリザードフラワーは?


母の日には、カーネーションを贈られる方も多いかと思いますが、

他の花では駄目なのだろうかと考えることはないでしょうか。

また、流行りのブリザーブドフラワーはどうなのだろうかと思うこともあるでしょう。

そこで今回は、母の日に他の花を選ぶ場合などについて、

ブリザーブドフラワーについても触れつつご紹介したいと思います。

母の日にカーネーション以外を贈るのはマナー違反?

スポンサードリンク

白薔薇

母の日には、カーネーションを贈るのが定番ともなっていますが、

贈る側としても、毎年カーネーションじゃ芸がないかなと思うこともあるでしょう。

それに、もらう方のお母さんにとっても飽きられないだろうかと、

心配になることもあるのではないでしょうか。

そう言った時には、カーネーション以外の花を選ぶのも一案ですよ。

何もカーネーションに拘る必要はないんですね。

例年と違う花を選び、お母さんを少し驚かせてみてはいかがでしょうか

カーネーション以外に贈ると喜ばれる花はバラ?ガーベラ?

カーネーション以外を贈ることも非常に喜ばれます。

毎年カーネーションのみを贈っているという方は「違う花」を贈るのも良いですよ!!

ただし、「母の日になぜカーネーションを贈るのか?」に書いていますが、

母の日に「贈ってはいけない花」も存在しますので、注意が必要です。

・バラ

花言葉:赤・・・愛情・情熱

オレンジ・・・信頼・無邪気

ピンク・・・上品・感謝

意味:カラーによっても花言葉が異なります。

お母さんのイメージに合わせて選ぶのも一案です。

・ガーベラ

花言葉:赤・・・神秘

ピンク・・・崇高美

白・・・希望・律儀など

意味:ヨーロッパでは、ピンクのガーベラは『感謝』の意もあります

母の日にもってこいではないでしょうか。

その他のカラーでも、前向きに感じさせる花言葉があることもポイントです。

・ひまわり

花言葉:憧れ・私はあなただけ見つめる

意味:ひまわりと言えば夏ですが、母の日の頃に多く出回るんです。

家族を明るく照らしてくれそうな、お母さんにマッチしているのではないでしょうか。

・あじさい

花言葉:元気な女性、辛抱強い愛

意味:梅雨のイメージのあるあじさいも、母の日に贈ることに適していますよ。

 ph値によって様々に色が異なる花ですが、

実は鮮やかな色は『がく』であり、花弁ではないんです。

大きな愛で包んでくれるような、そんなイメージもあるように思えます。

ブリザードフラワーのメリットとデメリットについて

スポンサードリンク

メリット

生花を保存することによって作られているので生花のような質感を楽しむことができる点がメリットですね。

長持ちしますし、軽くて持ち運びがしやすい点も良いです。

それなりの値段がするので、いつもと違った特別な感じがします。

デメリット

花の種類があまりないという点が、デメリットになるでしょうか。

着色が施されているので、色褪せや色移りをしてしまうところも難点です。

ヒビができたり、欠けたりすることもあるでしょう。

ブリザードフラワーの値段相場と寿命について

値段相場

母の日にブリザーブドフラワーを贈るとしたら大体6000円から10000円ほどが相場となります。

生花だと4000円から6000円ほどが相場なので、やや高級感がありますね。

小学生中学生には高いので、もう少し値段を抑えてみんなで購入も良いですし、

他の物をプレゼントすることも考えましょう。

寿命はどのくらい?

寿命については、ヨーロッパなどに比べると日本は短い傾向にあるんです。

ブリザーブドフラワーは、半永久的とも言われることもあるんですが、

綺麗な状態で楽しめる期間は気候の関係で限られていると言えます。

日本には四季があり気候の変化がはっきりとしていますし、湿度にも変化があるのが特徴となっていますよね。

なので、数年ほどが美しく飾れる期間と言えるでしょう。

花弁の部分が半透明になったままだという場合などには、寿命と捉えて良いです。

まとめ

母の日にお母さんに贈るなら、他の花を贈るのも一案です。

気品があってカラーによっても様々な花言葉があるバラも良いですし、

ヨーロッパでは『感謝』の意味を持つガーベラを贈るという方法もありますよ。

ブリザーブドフラワーにすると、生花のような質感を楽しめますし、

何年か綺麗な状態で楽しむこともできるんです。

母の日に贈るというのはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ