母の日になぜカーネーションを贈る?それは花言葉に意味があった?


母の日には、やはり自分の母親には感謝の意を伝えたいものですよね。

そういったことから、毎年カーネーションを贈っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、ただ色が綺麗だからという理由などで、カラーを選んでいませんか?

実はカーネーションにも色別に花言葉があるんです。

もしかしたら、間違ったカラーを贈っているかもしれませんよ

そこで今回は、母の日にカーネーションを贈るようになったきっかけや、

色別の花言葉などについてご紹介したいと思います。

母の日になぜカーネーションを贈るのが定番なの?

スポンサードリンク

カーネーション

アメリカでは、議会において、1914年に5月の代2日曜日が母の日と制定されたんです。

きっかけとなったのは、アンナ・ジャービスという女性が母の追悼のために、

教会でお別れ会を行い、参加した方皆にカーネーションを配ったことでした。

それから、存命の母がいる方は赤いカーネーションを、

もし母が亡くなっている場合には白いカーネーションを胸に飾るようになったんですね。

このことから、母に感謝の意を示しカーネーションを贈る風習になったんですよ。

ちなみに、キリスト教では十字架に貼り付けにされているキリストを見て、

母親であるマリアが涙を流し、それが地面に落ちた際にカーネーションが咲いたというエピソードもあるんですよ。

カーネーションの色と花言葉について

・赤色

花言葉:『母の愛』『愛を信じる』『熱烈な愛』

意味:赤色は母の日の定番でもあります。 

母の日に贈るとしたらぴったりのカラーです。

ただ、濃い赤になると『私の心に哀しみを』という意味になります

・ピンク色

花言葉:『感謝』『上品・気品』『暖かい心』『美しい仕草』

意味:母の日に向いた花言葉が並んでいると言えるでしょう。

赤以外を贈りたいという方にも適していますね。

・オレンジ色

花言葉:『純粋な愛』『あなたを熱愛します』『清らかな慕情』

意味:オレンジについては、恋愛に適した花言葉の様な気もしますが、

悪い意味もありませんで、母親に贈っても問題ありません。

ポジティブな印象のカラーなので印象も良いでしょう。

・黄色

花言葉:『軽軽蔑』『美』『嫉妬』『愛情の揺らぎ』『友情』

意味:『美』などの花言葉もありますが、ネガティブなものが多いのが特徴です。

なので、母の日に贈るには適さないでしょう。

ただ、あまり花言葉を気になさらない母親なのであれば、

明るい色の黄色を選ぶこともありなのかもしれません。

カーネーション購入してからどれくらいで枯れるの?

スポンサードリンク

母の日付近のカーネーションはあまり持たない品種でも1週間ほどは持つでしょう。

長持ちしやすい品種で丁寧に管理をしていれば、1カ月間ほどは持つものもあります。

水をあげてきちんと日光に当ててあげれば長持ちしますし、

植え替えなどをしてあげると数年間は咲いてくれるでしょう。

贈ってはいけない花の種類はあるの?

カーネーション4

母の日にはカーネーションが定番ですが、

白はNGとなっていますので、気を付けましょう

『母の日になぜカーネーションを贈るのが定番なの?』の項でもお伝えした、

アンナ・ジャービスは、母の追悼式において白いカーネーションを飾ったのです。

これを機に、母の日に白いカーネーションを贈るのは、

亡くなってしまった母に向けてだということになったのです。

母親が白を好きなのだとしても、白いカーネーションは贈ってはいけませんよ。

・「父の日に贈ってはいけない花について」

まとめ

カーネーションを母の日に贈るようになったのは、

アンナという女性が、亡くなった母の追悼のために皆に配ったのが由来でもあるのです。

また、カーネーションにも赤なら『母の愛』など花言葉があるので、

そういったものもわかった上で選ぶのも一つの方法なんですね。

カーネーションは、きちんと手入れをすれば1カ月ほど持つ種類もあるでしょう。

母の日には白いカーネーションを贈ってはいけません

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ