雨の日や梅雨になると眠くなる原因!!昼や仕事中にウトウトしない目覚める対処法!


梅雨の時期などは、なぜか起きた後も眠いということがありますよね。

それでは、勉強やお仕事中にも集中できなくなってしまうでしょう。

また、いつも眠いという方もいらっしゃるかもしれません

その理由はどこにあるのかも気になるところですね。

そこで今回は、梅雨の時期などの眠気の原因や、

対処法など、そしていつも眠い人との原因の違いなどについて探っていきたいと思います。

眠くなってしまった時には、ぜひご参考になさってください。

雨の日や梅雨の時に眠くなる原因

スポンサードリンク

眠い

太陽光が地上に届かないから!?

雨が降っている日に眠くなるのは、日差しも関係しているんです。

雨の日は空がどんよりとしていますよね。

太陽の光も雲で遮られてしまって、地上まで届かないんです。

人は、朝日を浴びることで脳も活発に働くようになるんですが、

雨で空がどんよりとしていると脳や体が目覚めてくれないということになるんですすよ。

低気圧も関係している?

人が眠っている時には、副交感神経というものが働くんです。

低気圧が来て雨が降っている時には、

副交感神経が働きやすいので、人の体が睡眠モードになってしまうということなんですね。

雨音で眠くなっている?

大雨の音ではないのですが、雨が降る音は、人の心を落ち着かせてくれます

雨3

そういったことから、眠気も誘われることもあるんですよ。

よくYOUTUBEなどでは「リラックス音楽」として雨の音や波の音がアップされています。

「常に眠たい」と「雨の日に眠くなる」という人の違いは?

常に眠たい人は、睡眠が十分ではないのかもしれません。

きちんと眠れていないことで、心身が休めていないことも考えられますよ。

また、寝る時間がバラバラだったり、あまり運動をしていないことも、

体のリズムを崩してしまいますので、いつも眠い状態になってしまうんです。

寝る6

さらに、ご飯をいっぱい食べた後は、血液が消化をする胃などに集まってしまいます

なので、脳の血液が足りなくなって眠くなるということもありますよ。

雨の時の眠気は、その天気が原因と考えられますが、

常に眠いということは、ご自身の習慣などを改善していくことも大事になるでしょう。

ついついウトウトしてしまうときの対処法!!

スポンサードリンク

できるなら、15分ほどお昼寝をすることが眠い時の対処法ですよ。

脳を活性させることができるでしょう。

ただ、30分以上寝てしまうと、より頭が働きにくくなってしまうんです。

眠くなってしまったら、トイレに立つなどの行動も有効でしょう。

また、刺激が少し強めのクールの目薬を差すというのも、

眠気を取り除く良い方法と言えますよ。

さらに、冷水で顔を洗うことでも眠気も去り頭がシャキっとすることでしょう。

雨の日・梅雨時期に眠くならない予防法とは?

寝る前にパソコンやスマホを弄ると眠れなくなるということはありませんか?

それは、パソコンなどから発せられる光が自分に当たるからなんです。

ということは、反対の発想として、雨の日には光に当たることで、

眠くならないということが考えられますよ。

スマホなどの光ではなくても、電気など多く光を浴びることが重要なんですね。

パソコン3

そして、2つ目には交感神経を奮い起してあげることも大事ですよ。

副交感神経が働くと眠くなるのなら、交感神経を働かせてあげれば良いのです。

ストレッチなどをして体を動かしてあげることも大事ですし、深呼吸をすることも有効ですよ。

ストレッチ

まとめ

雨の日は空が曇っていて光が届かないことや、

低気圧のせいなどで眠くなるんですね。

ただ、いつも眠いという人はきちんと眠れていないことも考えられるでしょう。

ウトウトとしてしまう時には、15分程度仮眠をすることも有効です。

頭もすっきりとすることでしょう。

雨の日に眠くならないためには、光を浴びることが大事なんですね。

眠くなる原因の反対を行うということです。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ