北海道に梅雨はある?無い?蝦夷梅雨とリラ冷えから見る6月の天候!


北海道の夏はかなり過ごしやすいと言われ、真夏になると北海道に行くという方も多いです。

しかし、地元に帰ると「灼熱」が待っていて、北海道がどれだけ過ごしやすいのか肌で感じるといったものでしょう。

なんと言っても、「ジメジメとした感じがない」のです。

肌にまとわりつくあの暑さがないというのが魅力ですが、「北海道には梅雨がない」と言われています。

それで「べとつかないのか」と思われるのですが、実は違います。

今回は「北海道の梅雨事情」についてお話します。

北海道には梅雨はあるの?無いの?

スポンサードリンク

ゲリラ豪雨

北海道は「梅雨がある」「梅雨がない」など、いろいろな話を聞きますよね?

実際に、管理人である私は「北海道出身」ということもあり、実際に体験していたのですが、

「北海道には梅雨はある」のです!!

ですが、子供の頃も大人になってからも梅雨という梅雨がどんなものか把握できていませんでしたし、

気にしてもいませんでした・・・というのが本音です。

梅雨はあるものの、無いに等しいくらいというのが現状なのです。

ではそれはどういったことなのか。

蝦夷梅雨の存在

札幌雪祭り4

北海道には梅雨が無いと言われつつも、「蝦夷梅雨(えぞつゆ)」と言われる独特の梅雨が存在します。

これについては「梅雨入り後の平均湿度と快適湿度について」にてお話ししていますが、

蝦夷梅雨と呼ばれる北海道独特の季節が一定期間あります。

これは厳密にいうと、「梅雨前線は北海道に行くまでに弱まり、ほとんど梅雨の影響は受けない」ということもあり、

実際に正式上では「北海道に梅雨は無い」と言えるのです。

ではなぜ、蝦夷梅雨と呼ばれるものが存在するのか。

蝦夷梅雨は下からの前線とは関係ない!!

梅雨は沖縄をはじめ、どんどん北上してくる前線ですが、これと蝦夷梅雨は関係ないのです。

蝦夷梅雨は6月~7月までの間の2週間ほどの間に集中する雨ですが、

この原因は梅雨時期に見られる「オホーツク海高気圧」が原因です。

オホーツクといえば北海道の右上あたりにある「網走」などの付近となりますが、

このオホーツク海高気圧の湿った冷たい空気が北から南へ南下することが原因で梅雨と呼ばれる状況を作っているのです。

簡単にいうと、本州でいう梅雨は南から北へ来るものですが、北海道に来るまでにはすでに衰える為、

本州からの梅雨は北海道には影響しない代わりに、オホーツクからくる冷たい湿った空気が南へ南下することによって

北から南へ別の梅雨と呼べる状況が作られるわけです。

これが「蝦夷梅雨」の正体となります。

なので、「本州の梅雨」とは全く関係ないのです。

北海道では「蝦夷梅雨」と呼んでいますが、正式には「梅雨ではない」のです。

リラ冷えって何?

スポンサードリンク

リラ冷えというのは聞いたことがありますか?

北海道ではリラ冷えというものが存在します。

この「リラ」というのは「ライラック」という花の事で、フランス語読みとなっています。

リラ冷えというのは、ライラックが咲くのは5月下旬ころなのですが、

この時期になると北海道では突然の冷えが襲ってきます。

5月下旬といえば、いくら北海道でも20℃は超える程になっている時期ですが、

こんな時に突然一時的に10℃台に戻る現象が起こるのです。

リラ冷えというのは「花冷え」と言う事です。

蝦夷梅雨と同じ期間に同じく天候不安定で冷えるのです。

蝦夷梅雨とリラ冷えの違いは何?

では、そんなほとんど同じ期間で同じく冷えるなどの現象である「蝦夷梅雨」「リラ冷え」の違いは何なのでしょうか。

これは「同じ」ともいえますし、「違う」ともいえるのです。

意見は分かれ、「蝦夷梅雨」は「6月中旬ごろに2週間程不安定な天候が続く時期」の事ですが、

「リラ冷え」は「5月下旬よりおよそ10日間~2週間程の冷えが襲う時期」という違いです。

リラ冷えというのは北海道の中でも「札幌」にて比較的多く使われるようです。

しかし、根本的な理由は見つかりません。

この「蝦夷梅雨」と「リラ冷え」は同じという方もいます。

管理人としても「蝦夷梅雨」という名称が「リラ冷え」と呼ばれているのではと感じます。

私の地元では「リラ冷え」は使いませんでしたので、恐らく札幌の方が蝦夷梅雨とは呼ばずにリラ冷えと使っていることが

この別々のものとして変換されている原因ではとも思えます。

別物として言われているのは「5月下旬」に来る冷えは「ライラックの咲く時期」だから「リラ冷え」で、

6月中旬に不安定になるのはライラックが咲く時期は少し離れていることから「蝦夷梅雨」という認識のようです。

これは「蝦夷梅雨」というものが正式的には「梅雨ではない」と言う事を言っている事が原因で

「蝦夷梅雨」「リラ冷え」という2つの語句が存在しているのかもしれません。

6月の天気はどのような天候?

札幌2

では、5月下旬から始まるとされる「リラ冷え」と6月下旬から始まる「蝦夷梅雨」というものが存在する

6月の天候はどうなのでしょうか。

札幌を基準に最高気温・平均気温・最低気温をデータに基づいて参照していきましょう。

札幌の6月の平均データ

最高気温・・・22℃

最低気温・・・13℃

平均気温・・・17℃

*1981年からの30年間のデータを平均化したものです。

このようになっています。

また、2015年を見る限り、リラ冷えと呼ばれる現象は6月の初旬~中旬までの1週間ほどで終了しており、

「蝦夷梅雨」が入ったとみられる6月中旬以降の時期からは平均して「高気温」からは外れる気温となっています。

6月の間で「2度の気温下降」が見られますが、これは「リラ冷え」「蝦夷梅雨」の影響と言えるでしょう。

また、札幌の6月の平均湿度は「72%」と言う事で、やはり蝦夷梅雨からなる「天候不安定による雨」が影響しているといえます。

このことから、6月は「リラ冷え」「蝦夷梅雨」の影響はやはり受ける時期である事がわかるとともに、

20℃以上ある日が続いていたものの、突如10℃台まで落ちたりもしていることから、

不安定で気温もバラバラと言えるのが北海道の6月の特徴と言えます。

ただし、特別暑くなるといった状況までは行きません。

まとめ

北海道にも梅雨はあるものの、正式なものではないと言う事がわかりましたね。

この時期は「蝦夷梅雨」「リラ冷え」という2つの語句が存在しますが、

やはり影響は受けるといえます。

ですが、1ついえるのは「本州の梅雨とは比べ物にならない程微々たるもの」といえますので、

旅行などで訪れるとしても、特別何か対策などはいらず、「雨具」があれば十分と言えるでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ