梅雨による化粧崩れを防ぐメイク方法や対策について!除湿した方が良いの?


女性にとっては、化粧は大事なものでしょう。

それが、時間が経つにつれて崩れてしまうことは、避けたいものだと思います。

梅雨になると、湿気が原因なのか化粧が崩れてしまうような気もしますが、

化粧崩れを防ぐには、どういった対策が良いのでしょうか

そして、除湿はした方が良いのでしょうか

今回は、梅雨時期の化粧崩れの対策などについて迫ってきたいと思います。

梅雨による化粧崩れの原因は?

スポンサードリンク

暑い10

梅雨の時期だと、湿度はあるので乾燥などしないのではないかと思われます。

ただ、梅雨は春から段々と気温も上がって来ていますし、夏仕様の肌となってきていることもあるんです。

そういったことから、代謝も上昇している頃でもありますよ。

日常的に、私達は太陽に当たったり、肌は様々な刺激をうけることもあります

なので、皮脂の分泌も上手く行われなくなることもあり、化粧が崩れてしまう原因となるのです。

ジメジメしているからと言って、油断は大敵だということですね。

化粧崩れを防ぐメイク方法!!

メイク3

1.化粧崩れの大敵である乾燥は防がなければいけません。

夜お休みになる時には、しっかりと化粧水や乳液で保湿することを心掛けましょう。

2.朝は、通常通り洗顔を済ませたら、

化粧水を付けて手で押さえて馴染ませてあげます。

そして、続いて乳液を塗った時にも同様に手で押さえてあげましょう。

3.また、産毛の処理がきちんとされているかも大事ですよ。

産毛がなければ、肌に透明感が生まれますし、ツルンとした肌になるでしょう。

4.化粧下地についてですが、あまり濃く塗る必要がありませんよ。

5.いよいよファンデーションを塗っていきますが、こちらも厚く塗らないように心がけましょう

叩いていくように塗るのがポイントとなっていますよ。

ムラなくファンデーションが付いてくれるからですね。

化粧崩れしない為の対策は?

メイク4

あぶら取り紙を活用しよう!

お肌のテカテカは、あぶら取り紙で解消しましょう。

日中には、皮脂をあぶら取り紙を用いて、テカテカを失くすんです。

オイリー肌の方なら、フォルムタイプのものが適していますよ。

そこまでテカらないと言う方であれば、和紙のものでも良いですね。

顔に使える制汗剤があることを知っている?

顔に汗をかくこともあるでしょう。

そう言った時には、顔に使うことのできる制汗剤を使うことも有効ですよ。

化粧前に、あらかじめ化粧崩れを防ぐこともできますし、

化粧後に汗を制御することにも役立つでしょう。

保冷材で冷やすのもテク!

スポンサードリンク

汗をかく季節なら、小さめの保冷材を用意して、

タオルに包んでから首筋や脇などを冷やしてあげると、

血管自体が冷やされるので、体の冷却に繋げられます。

汗がひいてくれますし、おすすめの方法なんです。

それでも汗をかいてしまう場合には、コンシーラーを使って、

化粧を補ってあげるという手段もありますよ。

除湿のし過ぎは逆効果?保湿した方が良いの?

メイク5

先程も申し上げたとおり、梅雨の時期でも湿気がたっぷりとあるようですが、

乾燥には十分注意をしなければいけません。

梅雨の時期は除湿をしたくなるかもしれません。

しかし、それはお肌を乾燥させてしまうこともあるんですね。

なので、ジメジメの梅雨であっても、保湿対策はしっかりと行わなくてはいけませんよ。

梅雨による湿気のおかげで肌が潤うというわけではない、ということを覚えておきましょう。

まとめ

梅雨時期のお肌は、夏のものに切り替わってきていることから、

代謝もあがってきているので、様々な外部からの刺激によって、

皮脂の分泌が上手く調節できなくなってきてしまっているのです。

そういったことも、化粧崩れの原因となるということですね。

また、化粧法としては、下地やファンデーションを厚く塗り過ぎないことを心掛けましょう。

日中には、あぶら取り紙を使って皮脂を取り除くことも良いですね。

梅雨だからと言って、あまり除湿をし過ぎるのもNGですよ。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ