梅雨での室内の湿度を対策しないとカビやダニが体に影響を及ぼす理由に!?


梅雨による高温多湿は本当に苦手な方ばかりだと思います。

梅雨時では100%に近い湿度に達するときもあるほどの高い湿度によって、

室内でも湿気がすごいと感じる日が多くなることでしょう。

この室内の湿気が原因で様々なトラブルが生じるのはご存知でしょうか。

今回は「梅雨による室内の湿度が高いと体に及ぼす影響」についてお話していきます。

梅雨による室内温度・湿度の注意点

スポンサードリンク

窓

梅雨入りすると、基本的に雨などの不安定な気温によって「湿度」が増え、

梅雨が明けると「気温」も跳ね上がるのが毎年嫌になりますが、

この梅雨によって外気の気温・湿度が変化を起こすことによって、室内の温度・湿度も変化が起こります。

「高温多湿」が主に日本の夏の特徴ですから、屋内での環境を整えることは快適に生きるという意味でも大事といえます。

最近では「節電」などで「扇風機だけ使用する」といった方や「暑いけど我慢する」などといった方もいますが、

室内の気温と湿度管理は注意しなければなりません。

梅雨によって気温・湿度が高くなった状態では「カビ」「ダニ」などの絶好の住処(すみか)となることが言えます。

「梅雨入り後の室内の湿度はカビ発生の危険!?」にも記載していますが、

「カビ」が発生しやすいとされる気温は20℃~30℃となっており、湿度は「70%」が目安となっています。

「ダニ」が発生しやすいとされる気温は25℃~30℃で、湿度が60%~85%が目安となっています。

このように、梅雨によって高温多湿になっている室内にて

「カビ」「ダニ」の繁殖が最も行われやすい環境となっていると言う事を考えなくてはなりません。

梅雨による室内での部屋干しは注意!!

洗濯物

梅雨時期では天候も不安定で、いつ雨が降るかわからないと言う事も多いです。

そんな時だからこそ、外で洗濯物を干すのはやめておこうと思うのは当然でしょう。

しかし、中で洗濯物を干すいわゆる「部屋干し」も方法によっては良くないのです。

リビングなどでの部屋干しをされている方はしっかりと対策をしていなければなりません。

屋内である、「部屋干し」をすると湿度が通常時よりもおよそ10%程度上昇すると言われています。

これにより、梅雨による高い湿度がより一層高くなると70%どころではすまないほどの湿度となる可能性があると言う事です。

さすがに洗濯物は乾くので、徐々に湿度も軽減はされますが、

何も対策をしないで洗濯物を部屋干しするには注意した方がよいでしょう。

「換気」をすることで通常湿度は下がると言う事を利用し、「換気システムがある部屋」での部屋干しをするのが良いでしょう。

マンションだとすると「お風呂」などは24時間換気などを行っていることが多いと思いますが、

そういったところで干す方が良いといえます。

最新式システムでは「除湿」などもあるでしょうから、それらを上手く使うと良いでしょう。

カビやダニが繁殖すると体に影響が!?

カビやダニと言っても普段から共存している言ってもおかしくないから大丈夫、と思っていませんか?

梅雨によって絶好の住処を得た「カビ」「ダニ」は繁殖を続け、部屋の環境を悪化させるのです。

とはいっても必ず何か影響を受けるというわけではありません。

ここでは、梅雨によって繁殖した「カビ」「ダニ」が体に影響をもたらす可能性のあることについて触れていきます。

カビが与える人間への影響

カビ

カビは高温多湿が好きですが、それだけではありません。

実は「人間が食べた物の残りカス」「石鹸カス」なども大好きなのです。

水回りに比較的多いやつですね。

これによってカビがドンドン増えるのですが、室内で増えることによって何が起こるかというと、「肺への影響」なのです。

肺への影響というと怖く感じますが、アレルゲンとなるカビが空気と共に体の中に入ることでアレルギー反応を起こすと言う事です。

症状は以下の通りとなります。

カビによるアレルギー症状

✔鼻水・鼻づまり

✔喘息

花粉症もアレルギーの1つですが、やはり症状としては似ていますね。

喘息となるにはかなりひどいところまで行かなければなる可能性は低いと言われますが、

それでもそういった環境にいる事が問題ですので、やはり湿度の調節が必要と言えるでしょう。

ダニが与える人間への影響

ダニ

ダニも同じく高温多湿が大好きで、多く繁殖することがあるのですが、

ダニは人間が汗などを書きながら高温と湿気が融合する「ベッド」が大好きです。

あなたの寝ているベッドにはかなりのダニが存在しているといえます。

もちろん死骸などが多いですが、この死骸や糞などがカビと同じく体内に入ることでアレルゲンとなり、

こちらでもアレルギー症状として以下の症状が出る可能性があります。

スポンサードリンク

ダニによるアレルギー症状

✔湿疹(アレルギー性・アトピー性の皮膚炎)

✔喘息

✔鼻炎

✔シックハウス症候群

これらが人間に及ぼす影響と言われています。

やはり喘息などの空気にまつわる話となります。

また、新居に引っ越した直後などに頭痛やめまいなどを起こしやすいとされる「シックハウス症候群」の原因ともなるようです。

ダニは世界では日本では考えられない危険なダニもいますが、日本では現状これらに注意すると良いです。

やはり「空気」「湿度」が関係性のあることとしてわかるので、適度な気温と湿度にする必要があります。

ダニやカビが繁殖しないようにするには

掃除3

では、ダニ・カビ対策としてやっておかなければいけないことは何か。

それは間違いなく「湿度調節」であります。

湿度調節というと、難しく聞こえますが、とても簡単で日常生活において支障や手間がさほど出ないですから、

アレルギーとならない為にもやはりやるべきと言えるでしょう。

部屋内の換気

部屋内の空気が悪いから「空気入れ替えしよ!」と言う事で窓を開けて換気をすることはありませんか?

これは非常に良い事なのです。

というのも、梅雨の時期に換気をすることで、部屋内の湿度を下げることが出来ます。

また、部屋内だけでなく、換気扇やお風呂場にある換気システムも作動させるとより換気でき、

部屋内の空気を良くするだけでなく、湿度も下げられると言う事で、「部屋の窓を開ける」などの行為は行った方が良いのです。

開けると湿気がすごいからダメと言う事はありません。

ただし、雨の日などは窓は開けずに換気のみ行うのが良いです。

エアコンで除湿

エアコンでも除湿機能があれば除湿をするのが効果的です。

除湿と書かれていない場合は「ドライ運転」をしてみましょう。

湿気の多い所に新聞紙を置く

湿気が多いなというところに新聞紙を置くだけで、除湿効果が表れます。

新聞の吸水性は高いので、なるべく新聞紙などの紙がオススメです。

適度に取り換えることも忘れずにしましょう。

除湿器で除湿

これがあれば1番有効的と言えるでしょう。

やはり除湿器での除湿は快適な湿度に合わせるには丁度良く、空気も良くなるので「値段」が掛かりますが、

効果は相当なものとなります。

扇風機を使う

部屋内で扇風機を使う事で「部屋内の空気の循環を行う」と言う事を目的とし、

換気をして入れば徐々に湿度は抑えられるでしょう。

扇風機を回してみると湿度が下がっていくのがわかりますよ!!

重曹を置く

実は重曹は除湿効果が高いと言われています。

重曹を鉢などの入れ物に少量入れて、湿度が高いとされるところに数か所おいていきます。

やる事はこれだけで「湿度が下がる」という方法は楽で簡単でオススメの方法といえます。

しかし、こちらの重曹もある程度使用したら交換することが大事です。

まとめ

湿度が高いと「カビ」「ダニ」などの繁殖を起こし、それがある程度人間に影響を及ぼすと言う事がわかりました。

やはり梅雨時期となれば「湿度が高くなる」と言う事は必然的といえますので、難しいとは思いますが、

出来るだけの対策はするべきと言えるでしょう。

まずは、出来る範囲で「除湿」を心がけるべきです。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ