梅雨明けの熱中症になる原因とは!?倒れる前に出来る効果的な対策とは?


暑くなってくると、熱中症に気を付けたいものです。

実は、梅雨が明けた時期に熱中症になることも多いんです。

その原因と対策などについて、今回はご紹介したいと思います。

梅雨明けに熱中症になりやすい原因とは?

スポンサードリンク

暑い

暑さに体が馴染んでいないから?

梅雨明け後に熱中症に罹ってしまう方が多いのは、

暑さにまだ体が付いていけていないことも原因の1つとなるんです。

それによって、上手に汗をかくことができないためなんですね。

7月の中旬から下旬ごろに梅雨明けをしますが、

その頃には熱中症に罹ってしまい、残念なことに亡くなってしまわれる方もいるのです。

ライフスタイルも関係してくるの?

どういったライフスタイルを送っているかによっても、

熱中症になりやすいかどうかも変わってきます。

実は、直接太陽に当たらないであろう屋内で長く過ごされる方も実は危険だということをご存じでしょうか。

体が瞬時に対応できなくなるために、熱中症に罹りやすいのですね。

都会ならではの原因もある!?

都会では、ヒートアイランド現象というものが起こりますね。

コンクリートやアスファルトに起因して熱を溜めてしまうことから、

夜になってもなかなか気温が下がってくれなくなる現象のことです。

そういったことも要因となり、夜に熱中症になる方も少なくないんです。

ご高齢の方は水分に注意!

おばあちゃん

ご高齢の方になると、体の異変を察知するのも緩慢になってしまいがちになります

そういったことから、水分を摂らなかったりするため熱中症になりやすいと言えますので、

十分注意しなければいけません。

熱中症で倒れる前に出てくる前兆・症状は?

暑い5

熱中症になりかかっている場合にはめまいを覚えたり、立ちくらみがすることがあるんです。

また、体がだるいなと感じたり、頭痛や吐き気も感じることがあるでしょう。

さらに、いつもとは違うような汗のかき方をすることがありますよ。

体温も高くなることもありますね。

集中力が切れてしまったり、判断力も鈍ることもあるでしょう。

そして、直進歩行が困難になったり、水が飲めなくなるといった症状が出ます。

熱中症を避ける対策について!!

スポンサードリンク

一番には水分が大事!

水5

熱中症を予防するためには、やはり水分補給することが大事ですよ。

喉が渇いた頃になって、ようやっと水分を摂るだけではだめだと言われてもいますし、

喉が渇いているわけでなくとも、早めに水分を摂るようにしましょう。

200ミリリットルの水をゆっくりと飲むことが鉄則です。

さらに、水やお茶でも大丈夫ですが、スポーツドリンクだとさらに効果がありますよ。

・「熱中症には経口補水液が1番!?作り方もご紹介!」

エアコンや扇風機などはきちんと活用すること!

暑い7

節約のためとして、エアコンや扇風機を使うことを減らしている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、熱中症にならないためには、きちんとエアコン等を使って室温の調節をすることが大事なんです。

その他ですと、遮光カーテンを用いることや、打ち水をすること、すだれ等を下げることも有効ですね。

塩分補給も大事!

大きく話題にもなっていることではありますが、熱中症には塩分も重要ポイントですね。

先程ご紹介したスポーツドリンクにも、塩分が含まれていますが、

太ってしまわないかな?と気になる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時には、塩分を梅干しで補うことも一案ですよ。

梅干し2

お菓子としても購入できますし、さほどカロリーもありませんので、熱中症予防にいかがでしょうか。

・「梅干しで熱中症・夏バテ対策!その効果は?」

もしも熱中症だと気づいたらどうすればいいの?

熱中症になってしまうと、その時には既に動けない状態となってしまっているんです。

なので、熱中症だとわかったなら、そばにいる誰かに助けを求めましょう

『救急車を呼んでもらえますか』と頼むのも良いでしょう。

まとめ

熱中症は、暑さにまだ体が慣れていないことも原因の1つなのです。

また、めまいを感じたり、集中力が切れる、体のだるさを感じたら要注意です。

熱中症にならないためには、水分や塩分を補給することや、

エアコンなどを適切に使用することも大事ですよ。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ